ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

吸引分娩にリスクはないの?どんな時に行われるの?

   

子宮口が全開して赤ちゃんの誕生が間近と思っていたのに、分娩の進行がストップしてしまうことがあります。そんな時、お医者さまが「吸引分娩」に切り替えることがあるのです。吸引分娩は、赤ちゃんを早く出産させるための緊急分娩手術の一種です。

そこで、よく聞く吸引分娩ではどんな処置をするのか、赤ちゃんにリスクはないのか、お医者さまが踏み切る判断基準は何かについてご紹介します。また、吸引分娩には健康保険が適用されるのかも、合わせてお話しします。

吸引分娩って何?どんなことをするの?

吸引分娩とは、金属(ハードカップ)またはシリコン(ソフトカップ)でできた、大きく丸いカップを赤ちゃんの頭に当て、カップの内側を真空状態にして吸引することで、身体全体を引き出す方法です。

同じように介助することで赤ちゃんを引き出す方法に「鉗子分娩」があり、こちらはハサミのような金属製の2枚のヘラで頭を挟み、身体を引き出します。鉗子分娩より吸引分娩の方が、赤ちゃんを引き出す力が穏やかなため、産婦人科でも多く用いられているようです。

お医者さまが吸引分娩に切り替えるためには、いくつか条件があり、ママと赤ちゃんの命を守ることを優先して判断を行います。吸引分娩や鉗子分娩は、異常分娩にあたりますので、お医者さまの判断に従いましょう。

お医者さまが吸引分娩を判断する基準はあるの?

お医者さまが吸引分娩に踏み切るためには、いくつかの条件があります。子宮口が全開になっている、赤ちゃんの頭が見える位置まで下降している、破水している、いざという時に帝王切開に切り替えられる準備ができていることです。

その上で、子宮口が全開して2時間以上赤ちゃんが下がってこない、微弱陣痛でお産が進まない、赤ちゃんの回旋異常、赤ちゃんの心音が急激に低下した、母体の衰弱が激しいなどに、吸引分娩が行われます。

長時間、お産が進まないと、ママにも赤ちゃんにも悪い影響が出る可能性が高まるので、こした処置に踏み切るのです。吸引分娩でも赤ちゃんが出てこない場合は、鉗子分娩や帝王切開に切り替わることもあります。

吸引分娩にはリスクはないの?後遺症の可能性は?

吸引分娩は異常分娩に分類されていますから、ママや赤ちゃんへのリスクもゼロではありません。ママのリスクとしては、会陰裂傷や膣壁裂傷、頸管裂傷、尿道膀胱裂傷などがおこる可能性があります。

赤ちゃんのリスクとしては、頭に圧力がかかってふくらみができ頭の形が変わる、頭に血腫ができることはあります。通常は出産後2~3日の間に自然に消えますが、ごくまれに頭蓋骨内出血を引きおこすことがあり、その場合は障害や後遺症が残る可能性があります。

とはいえ、近年は技術の進歩により、障害や後遺症が残るケースは減っていますから、心配しすぎることはありません。お産が進まずに長引くことは、ママと赤ちゃんにとって危険なので、処置を受けてください。

吸引分娩は健康保険が適用され、医療給付が受けられることもある!

妊娠・出産は病気ではないことから、正常分娩した場合は健康保険も民間の医療保険も適用されることはありません。ですが、吸引分娩は緊急分娩手術の分類されるため、健康保険が適用されます。ただし、吸引分娩から正常分娩に進んだ場合は、健康保険が適用されないこともあります。

吸引分娩になった時点で、通常の出産費用の他に6000~25000円の処置料が加算されますが、健康保険が適用されれば、この料金の3割負担で済みます。また、加入している民間の医療保険が自己負担分の給付を行っている場合は、生命保険会社から給付金が下りることがあります。

加入している生命保険会社に、まず問い合わせてみましょう。また、妊娠27週までは医療保険に加入することが可能なので、緊急帝王切開も含めた異常分娩に備えて、加入を検討しておくことをおすすめします。

  関連記事

陣痛促進剤の費用は人によって違う?使うケース、痛みは?

出産予定日を大幅に過ぎても陣痛がこない、弱い陣痛が続きママと赤ちゃんの負担が心配 …

想像以上に痛いっ!授乳の難関「乳首ダメージ」を予防して楽しい授乳をしよう!

生まれて間もない赤ちゃんに授乳すること。とても愛おしくゆったりとしたイメージがあ …

鍵盤ハーモニカってどれを選んでいいのかわからない方に、おすすめ!鍵盤ハーモニカと各社比較はどんな感じ?

鍵盤ハーモニカのイメージといえば、小学生の時に音楽の授業で使用したという方も多い …

出産後の母体トラブルである弛緩出血のこと。原因と治療法は?

出産後すぐに病室に戻らず、回復室で過ごすことが多いのは、万が一、母体にトラブルが …

けっこうな出費…個人病院と総合病院、出産費用はどっちが高い?価格差の理由と選び方の目安

妊娠したら、まず最初に考えるのが「赤ちゃんはどこで産もう?」という産婦人科選びに …

お洒落で快適!春夏のベビーウェアの選び方とは?

寒い冬が終わり暖かくなるにつれて洋服もチェンジしなければなりませんね。赤ちゃんは …

双子なのに肌の色が違うのはどうして?その理由や確率は?

2016年、アメリカのイリノイ州で生まれた双子の赤ちゃんが、大きな話題をさらいま …

双子だけど自然に産みたい!自然分娩ができる双子の条件とは

双子を妊娠したけれど、自分はずーっと自然分娩を希望していたのに!帝王切開はしたく …

マタニティーブルーって何?予防法や解消法はあるの?

待望の妊娠・出産のはずなのに、なぜか気分が落ち込んだり、やる気が出なかったり、出 …

産後太りの原因を徹底解明!おすすめのアプローチ法は…

出産を終えたママに立ちはだかる課題といえば、ダイエット!妊娠前とは変わり果ててし …