ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

母子の命に関わることもある!常位胎盤早期剥離の症状と対処法について

   

安定期に入ったからといって、出産まで何のトラブルもなく過ごせるとは限りません。体重管理や食事制限を守れないなどの理由で合併症になるママもいますので、出産まで体調管理を心がける必要があります。

中でも深刻な症状の一つに、「常位胎盤早期剥離」があります。これは、ママとお腹の赤ちゃんの命に危険が及ぶ可能性が高いので、早めに対処しなければなりません

そこで今回は、常位胎盤早期剥離とは何か、原因と症状、治療方法について、お話しします。妊娠中期以降に、常位胎盤早期剥離の症状を感じたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

位胎盤早期剥離って、どんな病気なの?

赤ちゃんに栄養や酸素を与えている胎盤は通常、出産して15~30分たつと子宮の壁から自然にはがれ、体外に排出されるしくみになっています。ですが、何らかの原因により、妊娠中に胎盤がはがれてしまうことがあります。これを、「常位胎盤早期剥離」とよびます。

子宮から胎盤がはがれると出血するので、それが血の塊となって「胎盤後血腫」となり、子宮の壁と胎盤の間にたまります。それが母体に大きな負担になると共に、赤ちゃんに十分な栄養や酸素が届かなくなり、命に危険が及ぶのです。

常位胎盤早期剥離は急に始まり、急速に進行するので、発生を予想することはできません。また、自覚症状が出てきた時には、すでに重症化していることも少なくないので、適切な対応が不可欠です。

常位胎盤早期剥離の原因と症状が知りたい!

常位胎盤早期剥離になる原因は明確になっていません。

ですが、

  • 妊娠高血圧症行群
  • 絨毛膜羊膜炎
  • 腎炎
  • バセドウ病
  • 子宮筋腫の合併症
  • 胎児奇形
  • 子宮内胎児発育遅延
  • 喫煙
  • 腹部への外的な刺激など

があると、おこりやすいといわれています。また、過去に常位胎盤早期剥離の経験があるママも、再発するリスクが高いです。

常位胎盤早期剥離がおこり始める時には不正出血も腹痛もなく、妊婦健診のエコー検査で胎児に異常が見つかることもないので、お医者さまでも判断できないことがあるようです。

常位胎盤早期剥離が進行すると、

  • お腹が板のように固くなる
  • 不正出血がある
  • 動けないほどの下腹部痛を感じる
  • 胎動が弱まる
  • 胎動がなくる

などの症状がでます。常位胎盤早期剥離は、早く対処しなければ母子の命に関わりますので、すぐに病院に行く必要があります。

常位胎盤早期剥離の治療方法は?

常位胎盤早期剥離の進行が初期だった場合には、入院して観察・管理を行います。ですが、進行した常位胎盤早期剥離の場合は、緊急帝王切開するのが一般的です。胎盤がはがれることで、お腹の赤ちゃんへの酸素と栄養が止まってしまうと、最悪の場合は死亡することがあるからです。

帝王切開後に蘇生措置を行っても、脳性麻痺といった障害が残ることもあります。また、胎盤後血腫でママの血液の状態が変化することで、「播種性血管内血液凝固症候群(DIC)」という、血液が固まりにくくなる病気を引きおこすことがあります。

その場合、術後の止血がうまくいかないと、子宮摘出手術をしなければならないケースもあるようです。さらに、播種性血管内血液凝固症候群(DIC)により、出血性ショックや肝臓・腎臓の臓器障害がおこることもあるので、一刻も早い対応が必要なのです。

常位胎盤早期剥離にならないために心がけたいこと

39ae25b830c730d2c6aa41f3e1f9cfcf_s

常位胎盤早期剥離になると、母体の死亡率が1~2%、胎児死亡率が30~50%あるといわれています。すべての妊婦さんの0.49~1.29%に常位胎盤早期剥離がおこるといわれていますので、リスク回避を念頭に置いた妊婦生活を送ることが大事です。

常位胎盤早期剥離を確実に予防するのは難しいですが、妊婦健診を定期的に受ける、血圧の管理を徹底する、お腹をぶつけるなど外的ショックを受けた時にはすぐに診察を受ける、喫煙しないことを徹底すると、発症の確率を下げることができます。かわいい我が子をその手に抱くためにも、ぜひ実践してみてくださいね。

  関連記事

出産に向けて準備をしておきたいひとつ!陣痛シュミレーションとは?

初めてのお産を経験する人にとっては、陣痛の痛みは未知の世界。痛みの程度をいろんな …

帝王切開すると悪露の量が変化する?期間は長く続くの?

帝王切開でも自然分娩でも、出産を終えたママは必ず、悪露をみます。悪露とは、胎盤の …

不妊治療で双子を妊娠!体外受精や顕微授精で双子や三つ子が生まれやすくなるってホント?

不妊治療をされている方が「妊娠しました!それも、双子でした!」という報告をされて …

計画分娩とは?立ち会いを希望している人がいる場合にもおすすめ!

自然分娩ではなく計画分娩を選択する人が増えています!計画分娩とは? 出産に対して …

会陰切開すると必ず抜糸しなければいけないの?

かつて経膣分娩をする際には、会陰切開をするのが一般的でした。これは、会陰裂傷にな …

鉗子分娩にリスクはある!?判断の基準について詳しく教えて!

妊娠期間がどれだけ順調でも、確実に安産できる保証はありません。お産が順調に進まず …

お産までの流れとは?破水と陣痛の見分け方はどうする?

いよいよ臨月を迎えるころ、出産予定日が近づけばいつ陣痛がおこってもおかしくありま …

産後に感じる目の疲れの原因は?おすすめの食材や対処法も!

特に目を酷使したわけではなくても産後に目の疲れを感じることがあります。目の奥がジ …

胎児に栄養や酸素が行き渡らない!「過熟児」という病気について

「大は小をかねる!」ではありませんが、大きな赤ちゃん=健やかな存在だとお考えのマ …

子どもを産むと老いるという説は間違い?子沢山の方が寿命が長くなるって本当!?その真相とは?

子沢山の人というのは、可愛い子供たちに囲まれていて幸せそう!と思う反面、毎日育児 …