ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出産後にぽっこりお腹が戻らないのは腹直筋離開が原因かも!

   

89052089e4417c36d2e4f974abe30e9c_s

出産後、病院では骨盤矯正のために産褥体操をするよう、指導するところが多いはずです。子宮が収縮し、骨盤の位置が正しくなれば、ふくらんでいたお腹も引っ込むはずなのに、なぜがぽっこり出たままで、悩んでいる人もいるのではないでしょうか

産後のぽっこりお腹の原因は、実は「腹直筋離開」かもしれません。その場合、腹筋運動をすることが、逆効果になることもあるので注意が必要です。そこで今回は、腹直筋離開とは何か、原因と改善方法、チェック方法について、お話しします。

腹直筋離開って何?どんな症状なの?

腹直筋とは、お腹の表面を覆っている筋肉のことをいいます。腹直筋離開とは、その腹直筋が真ん中から割れてしまった状態のことをいいます。

腹直筋離開には段階があり、軽度なものは、妊娠中期にお腹の上下に縦の線があらわれます。ですが産後6ヵ月には、自然に消えることが多いです。出産直後に、妊娠している時のようにお腹が出ているのも、軽度な腹直筋離開です。

それが重度になると、産後3ヵ月を過ぎてもお腹が出ている状態が解消させず、飲食後にふくらむように感じます。そうした見た目に加え、腹筋に力が入らない、お腹が開いているような感じがする、呼吸が浅いといった症状を感じるママもいるようです

腹直筋離開になると、体幹が安定しないので、肩こり頭痛、腰痛が出たり、腹筋に力が入らないでべそになる、40~50代で体型が崩れやすいなど、身体にも影響が出ます。

腹直筋離開の原因とは?

pregnant-1088240_960_720

腹直筋離開になる原因は、いろいろあります。

ホルモンの影響

妊娠すると、出産に備えて骨盤を緩めるため、リラキシンというホルモンが分泌されます。そのリラキシンが、筋肉や靭帯を柔らかくすることで、腹直筋が二つに割れてしまうのです。

お腹の赤ちゃんの頭の位置

妊娠後期の赤ちゃんは、頭を下向きにして、右骨盤の方を向いているのが普通です。ですが、逆子になったり、ママの左手側に赤ちゃんの背中がくる「第一頭位」、右手側に背中がくる「第二頭位」になると、ママの腹筋が真横に引き伸ばされてしまうので、腹直筋離開になりやすくなるのです実に全妊婦さんの約9割が、腹直筋離開になるといわれています

腹直筋離開を改善するには?

腹直筋離開は、産後に子宮が元の大きさに従って、自然に治まることが多いです。元に戻る期間も、半年から1年と長期間に及びます。早くお腹を引っ込めたくて、腹筋運動をがんばるママもいそうですが、腹直筋離開の人が腹筋運動を行うと、その裂け目を広げることになるので、止めた方が無難です

腹直筋離開を改善するために、おすすめのエクササイズがあります。

  • 仰向けに寝て、膝をたて、大きく息を吸い込みながらお腹を膨らませます。
  • そして、ゆっくりと息を吐きながら、おへそを床につけるイメージで、お腹を思い切りへこませます。
  • その際、足の付け根の筋肉が張らない、肋骨が持ち上がらないよう意識してください。

これを、10回1セットにして、1日3セット行います。ぜひ、試してみてください。

腹直筋離開かどうかをチェックしてみよう

とはいえ、自分が腹直筋離開かどうか、わからないママもいますよね。そこで、チェック方法をまとめておきます。

  • 仰向けに寝て膝をたて、おへそを見るイメージで頭を持ち上げます。
  • そして、おへその下あたりを触ってみてください。
  • 筋肉の真ん中、左右に分かれるあたりに柔らかい部分があり、そこに指が入りそうに感じられたら、腹直筋離開の可能性が高いです。

その時は、整体師などに相談し、早期に改善できるように、エクササイズもがんばりましょう。

  関連記事

胎児の頭が大きいのは何が問題?病気の可能性もあるの?

妊婦健診では、お腹の赤ちゃんの大きさを計測します。これは、成長の状態を確認するた …

早期破水は前期破水とは違うの?原因とそのリスク

赤ちゃんはお腹の中にいる時、卵膜に包まれています。卵膜の中は羊水で満たされ外界か …

授乳後のげっぷはいつまで必要?上手にさせるコツは?

出産後の授乳指導で、母乳やミルクを飲ませた後、赤ちゃんにげっぷをさせるようにいわ …

正産期前におこることもある、前期破水の原因と対処法について

お腹の赤ちゃんは、羊水に満たされた卵膜に包まれています。この卵膜が破れ、羊水が子 …

児頭骨盤不均衡についてのまとめ!原因や兆候・症状、診断方法を解説

みなさんは、「妊産婦死亡率」という言葉を知っていますか?これは、妊娠中及び妊娠終 …

うっ滞性乳腺炎とは明らかに違う!急性化膿性乳腺炎のこと

母乳育児をしているママは、常に乳腺炎になるリスクを抱えています。乳腺炎には、「う …

ダイエット効果も?「うんこ座り」の驚くべき効果とは?

「うんこ座り」とは、いわゆる「ヤンキー座り」とも呼ばれていますよね。そのうんこ座 …

海外ではポピュラーな分娩方法の水中出産って?どんなメリットがあるの?

これから出産を経験するママにとって分娩方法の選択も気になるところですよね。最近で …

お腹が大きくなった妊娠後期の妊婦さんは転びやすい!?転んでしまった時のリスクと予防法とは?

出産まであと少し、そんな妊娠後期に入った妊婦さんは妊娠をしたことがない人でも想像 …

初産婦・経産婦の違いを比較!高齢初産の帝王切開のリスクも。

これまで出産したことがない人にとって、分娩時の痛みはどうしても不安に感じてしまう …