ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

育児中のママがかかりやすいドケルバン病の原因と対処法とは

   

a698824f99845016753342af6cd06718_s

出産すると、授乳やおむつ替え、沐浴など、赤ちゃんを抱っこする機会が増えます。そのうちに、手に痛みを感じるようになるママが少なくないのです

そして、その痛みは「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」がおこっているせいかもしれません。そこで今回は、産後のママや更年期の女性におこりやすい、ドケルバン病の原因や症状、治療法について、お話しします。予防法もまとめておきますので、悪化させないうちに対処するようにしてくださいね。

ドケルバン病って何?どんな症状が出るの?

人間の手首には、親指の動きをコントロールしてくれる2本の腱があり、腱鞘で覆われています。この腱鞘に炎症がおこる病気を「腱鞘炎」といいます。中でも「ドケルバン病」は、親指から手首にかけて痛みが出るものをいいます。

ドケルバン病になると、手首の親指側に痛みを感じ、やがて腫れてきます。親指を広げようとしたり、動かすことで、親指や手首に強い痛みを感じます。手首に痛みがある時、親指を小指側に引っ張ってみて、強い痛みを感じたら、ドケルバン病の可能性が高いです

そして、乳児のお世話がある時期にドケルバン病にかかると、親指や手首を使うことが多いので、どうしても治りが遅くなります。そのため、赤ちゃんが歩き始めるようになるまで、治療を続けるママも少なくないようです。

ドケルバン病になる原因は?

fe13c62781262accdadebad762b42384_s

そもそもドケルバン病になる原因は、指を酷使する習慣を持っていることです。育児中のママは、赤ちゃんの抱っこやおむつ替え、様々な家事など、どうしても手を使う機会が増えます。手を酷使することで、ドケルバン病になってしまうのです。

さらに産後は、妊娠・出産のためにゆるんだ子宮や骨盤を元に戻すために、プロラクチンというホルモンの分泌量が、数カ月にわたって増えます。そのプロラクチンの影響は全身に及ぶので、腱鞘が狭くなると、ドケルバン病がおこりやすくなるといわれています

そして近年は、ママがスマホを持ち歩くのが一般的です。スマホで指を酷使することで、ドケルバン病をさらに悪化させることもあるので、注意が必要です

ドケルバン病の治療法は?

育児中のママがドケルバン病にかかった場合、まずできる治療は、親指や手首を使わないことです。とはいえ、赤ちゃんのお世話があるママには不可能なので、テーピングやサポーターで固定し、極力、負荷がかからないようにします。そして、湿布で冷やしたり、鎮痛あるいは消炎作用のある塗り薬を処方されることが多いようです。

通常、整形外科でドケルバン病を治療する時には、ステロイド注射を行うのですが、母乳育児のママの場合は、微量に赤ちゃんに移行する恐れもあるので、あえて使わないお医者さまもいるようです

それでも回復しない場合は、手術を行うこともあります。具体的には、狭くなっている腱鞘を、切って広げるというものです。日帰りで受けられ、所要時間も5分程度です。どの治療法がよいかは、お医者さまともよく相談して決めましょう。

ドケルバン病を予防する方法を実践しよう!

ドケルバン病は、手指を使わなければ、3週間程度で治ります。ですが、赤ちゃんがいるとなかなか休めず、薬で痛みを軽減させて、回復を遅らせているママが多いのが現状です。そうした事態を避けるためにも、予防を心がけるのが一番です。

スマホや携帯電話を使う時に親指ばかり使わない、赤ちゃんを抱っこする時は抱っこ紐に入れたり、腕全体で抱くように意識する、重いものを持つのを避ける、育児や家事を家族に手伝ってもらう、文字を書かないなどです。

少しでも、手指にかかる負担を減らせれば、ドケルバン病にかかりにくくなりますし、なっても回復が早まります。日ごろから、意識してくださいね。

  関連記事

出産準備に役立てたい!これだけは用意しておく必要がある出産準備用品リスト

入院時に慌てずにすむように妊娠36週までに用意を! 出産予定日が近づくと、いよい …

幸せホルモンといわれる、オキシトシンを増やす食べ物や方法はあるの?

オキシトシンは、出産や授乳に関わりが深いだけでなく、「幸せホルモン」として、近年 …

出産はカロリーを消費するって本当?陣痛中にカロリー補給する方法は?

臨月に入り、出産が近づいてくると、陣痛の痛みについて考え、不安になるママが多いと …

陣痛間隔の測り方のポイント!最近はアプリを使う人も多くなっている?

臨月を迎えたママは、「陣痛が来た時、ちゃんと分かるかしら?」と不安になることがあ …

搾乳上手になって母乳育児が快適に!正しい搾乳のやり方を知ろう

「搾乳」という言葉を聞いただけで「痛そう、絞るのが難しそう」などのイメージが強く …

母乳育児しているのに痩せない!その原因と痩せる方法とは

出産前に増えてしまった体重も、母乳育児をすれば簡単に落ちるだろうと思っていたのに …

母乳育児のママは要注意!急性うっ滞乳腺炎の原因と対処法は?

母乳育児を続けるママについて回るのが、乳腺炎になるリスクです。乳腺炎とは、母乳が …

産後は骨盤矯正が重要!整体はいつから始められるの?

妊娠中は大きくなるお腹に対応するため、骨盤が開きます。そのため、妊娠中から腰痛に …

過期産は赤ちゃんに影響がある!?原因と対処法は?

出産予定日は、妊娠中のママの最終生理日と、お腹の赤ちゃんの成長による目安です。聞 …

暖かくなってくる春(3・4・5月)生まれの赤ちゃんに用意しておきたい出産準備品とは?

1年のうちで過ごしやすい「春生まれの赤ちゃん」ですが、まだ3~4月だと肌寒い日も …