ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊婦健診で横位と言われた!逆子とは違うの?出産はどうなるの?

   

pregnancy-1271738_960_720

妊婦健診ではエコー検査が行われるのが一般的で、妊娠後期に入ると、赤ちゃんの向きもチェックされるようになります。その際によく聞かれるのが「逆子」ですが、実は「横位」と言われて驚くママも少なくありません。

これは、赤ちゃんの頭がどちら側を向いているかで分類されます。では、横位とは逆子とどう違い、何が原因でおこるのでしょうか。

また、横位と言われたら、直す方法はあるのでしょうか?横位のままだと、出産はどうなるのでしょうか。今回は、気になる横位について、お話しします。

横位ってどういうこと?何が原因でおこるの?

ママの子宮は羊水で満たされており、妊娠28週目あたりまでの赤ちゃんは、身体も小さく、活発に動き回っています。ですが、妊娠中期以降、赤ちゃんの成長に伴って、徐々に頭が骨盤の方を向く、「頭位」になっていくものです。

しかし、赤ちゃんの頭が上を向いている「骨盤位(逆子)」や、骨盤に対し赤ちゃんの頭が横を向いている「横位」になることがあります。

中でも、赤ちゃんの頭がママの左側に向いていると「第一横位」、右側を向いていると「第二横位」と呼んでいます。お腹の赤ちゃんが横位になる原因としては、以下のようなものがあげられます。

  • 前置胎盤
  • 子宮奇形
  • 巨大児
  • 羊水過多症
  • 多胎妊娠
  • 水頭症など

また、出産経験が豊富な経産婦のママに横位が多い、というデータもあるようです。

前置胎盤は帝王切開での分娩になってしまう!対処法はないの?

横位を直す方法はあるの?

pregnant-1047955_960_720

赤ちゃんが横位と言われても、逆子を直すように出産までに直る可能性はあります。そこで、横位にも効果があるとされている方法を、いくつかご紹介しておきましょう。

赤ちゃんの頭がある側と反対側を下にして寝る

まず、お腹の赤ちゃんの頭の位置をエコー検査などで確認してもらい、反対側を下にして眠ることです。

お灸をする

次に、横位や逆子に効くとされている、お灸をすることです。

逆子はツボ押しで改善される?鍼やお灸などツボ押しの方法とは?

逆子体操をする

逆子体操をしたことで横位が改善された、というママもいました。ですが、臨月近くに逆子体操をしたことで、お腹の赤ちゃんの首にへその緒が巻き付き、死産した例もあります。逆子体操をしてもよいかどうかは、必ずお医者さまに確認してください

「逆子体操」は逆子を改善できる?その方法や取り入れる時期とは?

そうしてママががんばっても、必ず横位が直るとは限りません。その時は、安全に出産できる方法を見つけることに、気持ちを切り替えましょう。

横位のままだと出産はどうなるの?

妊娠後期にお腹の赤ちゃんが横位であることがわかった場合、妊娠35週目までは様子をみるお医者さまが多いようです。実際に横位のままで出産を迎えるママは、すべての妊婦さんの0.3~0.4%程度といわれています。

もし、正産期に入っても頭位にならない場合は、逆子と同じように、帝王切開で出産することになります。無理に自然分娩しようとすると、赤ちゃんの肩から先に出てしまったり、早期破水になりやすいなど、何らかのリスクを抱えることが多いからです。

もし、臍帯脱出がおきてしまうと、お腹の赤ちゃんが呼吸困難に陥り、生まれる前に亡くなってしまう恐れがあります。さらに、けいれん陣痛微弱陣痛になりやすく、なかなかお産が進まないケースも少なくありません。

横位での出産は、ママの死亡率が2%、赤ちゃんの死亡率は37%になり、経膣分娩の死亡率は50%にもなっています。赤ちゃんの命を、最優先しましょう。

神経質になり過ぎず、出産を迎えよう

お腹の赤ちゃんが横位だと知ると、胎動を感じる場所も違いますし、出産に対しての不安を抱えるママもいることでしょう。ですが、適切な出産方法を選べば、元気な赤ちゃんを出産することができます

また、横位になったのは、ママに問題があったからでも、お腹の赤ちゃんに異常があるからでもありません。横位であることを悩むより、無事に出産できることを一番に考えていきましょう。

妊娠後期はママの身体にも負担がかかりますし、横位であることをストレスに感じて心身の調子を崩すことが一番良くありません。リラックスして残り少ないマタニティライフを過ごしましょう。

  関連記事

秋生まれの赤ちゃんの服の着せ方とは?だんだんと寒くなっていく季節に何を用意すべき?

秋に赤ちゃんを出産するママにとって、肌着や衣類をどの程度用意すべきか、悩ましい問 …

産後の腹痛は心配ないの?子宮収縮の痛みと原因とは?子宮収縮の進み方と注意が必要な状態を知ろう

長く辛い陣痛を乗り越えて、待望の赤ちゃんと対面した時の喜びは、何にも代えがたいも …

産褥体操とは?やり方やはじめる時期について

出産では非常に多くのパワーを使用しますので、産後には疲れ切ってしまうママがほとん …

双子がほしい!でも双子の産み分けは可能なの?双子妊娠の確率が上がる方法とは

双子の赤ちゃんは別格の可愛さがありますよね!同じしぐさをしてみせたり、にっこりと …

「産後ケアセンター」ではどんなことが出来るの?利用方法や内容をお教えします

これから赤ちゃんを産むプレママさんや出産直後で他のママさんの話を聞いて、「産後ケ …

産後に感じる目の疲れの原因は?おすすめの食材や対処法も!

特に目を酷使したわけではなくても産後に目の疲れを感じることがあります。目の奥がジ …

初産婦・経産婦の違いを比較!高齢初産の帝王切開のリスクも。

これまで出産したことがない人にとって、分娩時の痛みはどうしても不安に感じてしまう …

産褥ヘルプってなに?別名「産褥おせっかい」の内容とは?

「産褥期」とは、産後6~8週間のことをいいます。産後は、赤ちゃんのお世話に加えて …

陣痛がこない!どうする?バルーンを使った出産とは

そろそろ出産が近づいてくると、いつ陣痛がきて赤ちゃんが産まれるのかソワソワしてし …

最近増えている和痛分娩とは?無痛分娩とどう違うの?

みなさんは、「和痛分娩」とは何か、知っていますか?最近ママになった芸能人の中にも …