ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

臨月の性行為は大丈夫?お迎え棒の効果と注意点とは?

   

b08dc916fa08d59d7eefa6394cd37f5c_s

臨月になって、もういつ産まれても大丈夫と主治医の先生や助産師さんに言われたら、お迎え棒をしても大丈夫です。

「え、お迎え棒ってなに?」という人や「本当に大丈夫なの?」という人にお迎え棒とはなにか、お迎え棒をするときの注意点について説明しますね。

赤ちゃんが早く産まれてくるようにするための性行為

お迎え棒とは臨月にするセックスのことで、陣痛を促すためのおまじないのようなものです。一般的には、赤ちゃんがもういつ生まれてもいいという時期にセックスをすると子宮に刺激があって赤ちゃんが生まれて来やすくなると言われています

お迎え棒って本当に効果があるの?

精液中の「プロスタグランジン」という成分が、臨月のセックスで赤ちゃんが早く生まれるようになるといわれてる理由と言われています。プロスタグランジンは子宮を収縮させる働きがあり、子宮に与えられた刺激で陣痛が促させるということです。

臨月の性行為、本当にしても大丈夫?

臨月になってセックスをするのは、本来あまりおすすめできません。なぜなら、刺激を与えることによって破水してしまったりすることも十分考えられるからです

また、衛生面から言ってもあまり良くないのが実際のところです。性行為を行うのであれば入浴してからや、手などをきれいにしてからなど、清潔な状態で行うようにしましょう。

そもそも妊娠中の性行為はOKなの?

sunset-401541_960_720

まず前提として、妊娠しているときは安定期や妊娠中期であればセックスもOKです。お迎え棒といわれる臨月のセックスも、コンディションがよいようであれば問題ありません。

妊娠初期はつわりや流産の危険性などでママも不安を感じていることが多いので、そもそもあまりセックスに対して乗り気ではない人が多いようです。男性の側からすると、妊娠初期は見た目で妊娠の兆候がまだない時期なのでいきなりセックスはNGと言われてもよくわからないかもしれません。

妊娠している状態というのは身体的にとても負担があるということを理解してもらえるようにしましょう。

お迎え棒をするときの注意点は?

臨月に入ってのセックスは慎重になる必要があります。いつ生まれてもいいから大丈夫と油断せずに、スキンシップ程度にとどめるのが理想です。

激しい行為は避けましょう

妊娠中には女性の体とおなかの赤ちゃんのことを第一に考える必要があります。性行為を行うときも激しい動きなどはNGです。力の加減を女性の側で調節できるような体位で行うのが安心ですね。

乳首への刺激は少なめに

気をつけるのはおなかや子宮への刺激だけではありません。乳首に過剰な刺激があると子宮に収縮をおこすホルモンが出て、陣痛が促される恐れがあります。セックス中に陣痛や破水をおこさないためにも、乳首やバストに過剰な刺激を与えるのは避けたほうが無難です。

避妊具は必ずつけて

普段は意識していなくても、性器には雑菌のたぐいが多くついています。妊娠しているからコンドームはつけなくても大丈夫なのかなと考えがちですが、感染症を防ぐためにもコンドームを使用しましょう。

とくに、妊娠中の女性の体は抵抗力が弱まっています。感染症などの病気にかかりやすくなっているので注意してくださいね。

こんなときお迎え棒は禁止です

お迎え棒を行わない方がいいサインを体が出している時があります。異常な状態であったり、出産が迫っているということなので気を付けましょう。

おなかに張りがある時

妊娠中、疲れている時や、ストレスがかかった時などはおなかが張ることが多いものです。体調があまり良くないということでもあるので、母体と赤ちゃんのことを考えてセックスは避けましょう。

出血があるとき

妊娠中の出血は、あまりよくありません。どういった出血なのかを知るためにも、婦人科を受診する必要があります。「おしるし」と呼ばれる軽い出血である場合もありますが、これは異常ではありませんが赤ちゃんがもうすぐ生まれるサインです。おしるしがあったらもうお迎え棒は避け、産婦人科に相談した上で出産に向けて準備が整っているか確認しましょう。

妊娠中毒症の時

セックスをすると興奮するので血圧が上がります。妊娠中毒症の症状として高血圧がある場合は、性行為によってさらに血圧が高くなってしまう場合があるので注意が必要です。性行為を行って大丈夫かどうかは主治医の先生に確認した方がいいですね。

お迎え棒だけでなく妊娠中のセックスは慎重に

赤ちゃんが生まれるおまじないとしての意味があるお迎え棒ですが、臨月だけでなく妊娠中のセックスは体調や時期を考えた上で行うのがいいようです

必ずしもしなければいけないことではないので、主治医の先生に禁止されていなければスキンシップ程度にとどめたうえで行うというのもいいですね。

  関連記事

年子育児にするメリット・デメリット!子育てのポイントや注意点

できるだけ短期間に集中して育児を行いたいという方から検討されているのが「年子育児 …

母乳育児がより快適に!搾乳した母乳の保存方法とは

仕事や用事などで赤ちゃんにおっぱいを飲ませられない時もありますよね。母乳を搾乳し …

お洒落で快適!春夏のベビーウェアの選び方とは?

寒い冬が終わり暖かくなるにつれて洋服もチェンジしなければなりませんね。赤ちゃんは …

夏生まれの赤ちゃんの服の着せ方とは?何をどれくらい着せたらいいの?

夏は外が暑く、室内は冷房で涼しいので、大人でも寒暖差で体調を崩しやすいものです。 …

まだまだお産は始まったばかり!10分間隔の陣痛ってどんな痛み?

自然分娩の時に避けて通れないのが陣痛です。初めて赤ちゃんを産むママにとっては、ど …

産後に白髪で悩むママが多いって本当?対処法や予防法は?

産後のママに多い髪のトラブルと聞くと、抜け毛を連想する人が多いのではないでしょう …

床上げの時期っていつごろ?それまでの産後ケアや過ごし方が知りたい!

出産は、ママにとって大事業です。そして、ママ自身が感じているよりずっと、心身は大 …

陣痛中に顔面に力を入れるのはNG!目をつぶっていきんでもダメ!

産後に自分の顔を鏡で見たところ、顔色がおかしかったり、黒い斑点がポツポツとできて …

暖かくなってくる春(3・4・5月)生まれの赤ちゃんに用意しておきたい出産準備品とは?

1年のうちで過ごしやすい「春生まれの赤ちゃん」ですが、まだ3~4月だと肌寒い日も …

出産祝いのお返しはどうする?お祝い返し・内祝いとは?

「出産祝いを頂いたけれど、お返しってどんなものがベストなの?」 「“内祝い”には …