ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

産後に再開した生理が止まった!これって病気?対処法は?

   

134107

出産後、しばらくすると生理が再開しますが、再開したと思ったら全くこなくなってしまったり、出血があったりなかったりなど生理不順に悩まされることも珍しくありません

一度再開した生理が止まると子宮などに問題があるのでは?と不安になってしまいますよね。そこで、今回は産後に再開した生理が止まる原因と、対処法をご紹介します。

生理は産後1年以内に再開するのが一般的

妊娠中に止まっていた生理は、ほとんどの方が出産してから1年以内に再開します。

赤ちゃんが乳首を吸う刺激が排卵抑制ホルモンの「プロラクチン」を分泌させ生理の再開を遅らせるため、完全母乳の場合は半年~1年ミルクで育てている場合は産後2~3ヵ月で再開するケースが多いです。

ただし、体調や体質にもよるので、完全母乳でも2~3ヵ月で生理が再開する人もいれば、ミルクでも半年以降に再開する人もいます。個人差があるので、大体1年以内に再開すれば特に問題はないと考えてOKです。

産後の生理不順はよくあること

出産後、1年以内には再開する生理ですが、再開したからといって以前のような規則正しさで生理が来るとは限りません。再開後は以前と同じように順調に生理がくるようになる方ももちろんいますが、そうでない方もたくさんいます。

産後の生理不順がおこりやすい3つの大きな原因について見てみましょう。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠していない時は、生理周期に合わせて女性ホルモンの「エストロゲン」「プロゲステロン」の量が増減します。

しかし、妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを育てるために、エストロゲンもプロゲステロンも大増量。一気に増えた女性ホルモンは、産後になると一気に量が激減します。

その後ゆっくりと時間をかけて妊娠前のホルモンバランスに戻っていくため、完全に元の状態に戻るまではホルモンバランスがすごく不安定な状態なのです。

育児疲れのストレス、睡眠不足

赤ちゃんが生まれてからのママの日常は大忙し。数時間置きの授乳とおむつ替えに加え、初めてのお子さんなら慣れない育児で不安や悩みもありますし、上にお子さんがいればその子の面倒も見ながら赤ちゃんのお世話もしないといけません。そのため、自分の時間などほとんどありません。

想像を絶するような忙しさによる疲れやストレス、睡眠不足が自律神経や女性ホルモンのバランスを乱れさせ、生理不順がおこりやすい状態になってしまうのです。

また、完全母乳だと食事から摂取した栄養素が母乳となり赤ちゃんへ行きやいため、きちんと食べているのに栄養失調気味になり生理不順になることもあります。

ミルクで育てていてもストレスや忙しさから食事が後回しになっていると栄養不足になってしまうので、できるだけご自分の食事にも気を使ってくださいね。

授乳中は生理が止まりやすい

赤ちゃんが乳首を吸うと排卵抑制ホルモン「プロラクチン」が分泌されるため、母乳をあげているうちは生理が再開しにくく、仮に再開してもすぐにこなくなったり生理不順になりやすいです。

産後に再開した生理が止まったら

c68e523a27393ec3867c74e7cd0f856e_s

上述の通り、産後に再開した生理が止まったり生理不順になるのは産後の体調や授乳によるもののケースが多く、病気の可能性は低いので基本的には心配はいりません。

ただ、止まってしまった生理を再開させたい場合は、以下のような対処法がおすすめです。

  • ストレスをためない、発散できる趣味などを見つける
  • 睡眠時間や休息時間を増やす
  • 栄養バランスに気を付ける

ゆっくり休む時間を作ったり、たまにはどこかへ出かけて気分転換すると、自律神経やホルモンバランスが整いやすくなります

育児中はなかなか時間が取れないかと思いますが、信頼できる人や保育サービスを利用して心と体が休まる時間を作ってみてはいかがでしょう?

また、栄養バランスが悪いと生理不順になりやすいため、食事内容に気を付けたりサプリメントなどで不足しがちな栄養素を補うようにしましょう。

痛みや体調不良がある場合は念のため病院へ

産後に再開した生理が止まっても病気の可能性は低いのですが、まれに子宮や卵巣に何らかの病気が発生しているケースもあります。

生理不順とともにお腹の痛み張りその他の体調不良が続いている場合は、念のため病院へ行って検査をしてもらうことをおすすめします。

性交渉があれば妊娠の可能性もあります。自己判断で薬を飲んだり無理をして赤ちゃんに負担がかからないように、少しでも体調に変化を感じた時は病院へ行ってみましょう。

産後に生理が止まっても心配なし!ただ、気になる時は病院で診察を

ご紹介したように、産後しばらくはホルモンバランスが整うまで時間がかかり、しかも育児の忙しさやストレスで自律神経が乱れやすいため、再開した生理が止まってしまうことはよくあることです。

病気ではないのでしばらくすれば定期的に生理がくるようになりますが、病気の可能性も捨てきれないため、気になる症状がある場合は早めに病院へ行って検査を受けましょう

また、病気ではないとは言え、産後は体調が元通りになるまで時間がかかります。ホルモンバランスや自律神経が乱れているといつも以上に疲労感や体調不良を感じやすいので、いつもがんばっている自分のためにゆっくり休む時間を作ってみてくださいね。

  関連記事

計画分娩とは?立ち会いを希望している人がいる場合にもおすすめ!

自然分娩ではなく計画分娩を選択する人が増えています!計画分娩とは? 出産に対して …

破水に気づかないとどうなるの?赤ちゃんに影響はあるの?

破水にもいくつか種類があり、大量の羊水が出ることで気がつくママが多いです。 中に …

破水にも種類があるって本当?尿漏れと見分ける方法はある?

正産期が近づくと前駆陣痛が増えたり、おしるしが気になるなど、出産の兆候に敏感にな …

出産時のトラブル、臍帯脱出の原因と対処法は?

妊娠の経過がいかに順調であっても、出産もトラブルなく進むとは限りません。経膣分娩 …

ママにとって、強力な味方「産後ドゥーラ」って何者?

妊娠中・産後の女性は、身体だけではなく、ホルモンバランスの変化により気持ちが不安 …

効果絶大!?陣痛を促すため役立つ方法をまとめました!

出産予定日を過ぎてもなかなか陣痛が来ない・・・と不安になるママも多いことでしょう …

悪露って生理や不正出血とは違うの?その見分け方は?

出産直後から、ママは大量の出血をみることになります。産後に出てくる悪露は、子宮内 …

出産時にはコンタクトは使える?目が悪いママの出産時の対処法とは?

分娩が終わったら、すぐにでも我が子の顔を見たいと思うのは、親として当然のことです …

けっこうな出費…個人病院と総合病院、出産費用はどっちが高い?価格差の理由と選び方の目安

妊娠したら、まず最初に考えるのが「赤ちゃんはどこで産もう?」という産婦人科選びに …

妊娠中や産後の授乳中に乳がん検査はできる?マンモグラフィーは?

テレビや雑誌でも乳がん検査を受ける重要性が報道されるようになり、乳がん検査を検討 …