ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

産後に再開した生理が止まった!これって病気?対処法は?

   

134107

出産後、しばらくすると生理が再開しますが、再開したと思ったら全くこなくなってしまったり、出血があったりなかったりなど生理不順に悩まされることも珍しくありません

一度再開した生理が止まると子宮などに問題があるのでは?と不安になってしまいますよね。そこで、今回は産後に再開した生理が止まる原因と、対処法をご紹介します。

生理は産後1年以内に再開するのが一般的

妊娠中に止まっていた生理は、ほとんどの方が出産してから1年以内に再開します。

赤ちゃんが乳首を吸う刺激が排卵抑制ホルモンの「プロラクチン」を分泌させ生理の再開を遅らせるため、完全母乳の場合は半年~1年ミルクで育てている場合は産後2~3ヵ月で再開するケースが多いです。

ただし、体調や体質にもよるので、完全母乳でも2~3ヵ月で生理が再開する人もいれば、ミルクでも半年以降に再開する人もいます。個人差があるので、大体1年以内に再開すれば特に問題はないと考えてOKです。

産後の生理不順はよくあること

出産後、1年以内には再開する生理ですが、再開したからといって以前のような規則正しさで生理が来るとは限りません。再開後は以前と同じように順調に生理がくるようになる方ももちろんいますが、そうでない方もたくさんいます。

産後の生理不順がおこりやすい3つの大きな原因について見てみましょう。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠していない時は、生理周期に合わせて女性ホルモンの「エストロゲン」「プロゲステロン」の量が増減します。

しかし、妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを育てるために、エストロゲンもプロゲステロンも大増量。一気に増えた女性ホルモンは、産後になると一気に量が激減します。

その後ゆっくりと時間をかけて妊娠前のホルモンバランスに戻っていくため、完全に元の状態に戻るまではホルモンバランスがすごく不安定な状態なのです。

育児疲れのストレス、睡眠不足

赤ちゃんが生まれてからのママの日常は大忙し。数時間置きの授乳とおむつ替えに加え、初めてのお子さんなら慣れない育児で不安や悩みもありますし、上にお子さんがいればその子の面倒も見ながら赤ちゃんのお世話もしないといけません。そのため、自分の時間などほとんどありません。

想像を絶するような忙しさによる疲れやストレス、睡眠不足が自律神経や女性ホルモンのバランスを乱れさせ、生理不順がおこりやすい状態になってしまうのです。

また、完全母乳だと食事から摂取した栄養素が母乳となり赤ちゃんへ行きやいため、きちんと食べているのに栄養失調気味になり生理不順になることもあります。

ミルクで育てていてもストレスや忙しさから食事が後回しになっていると栄養不足になってしまうので、できるだけご自分の食事にも気を使ってくださいね。

授乳中は生理が止まりやすい

赤ちゃんが乳首を吸うと排卵抑制ホルモン「プロラクチン」が分泌されるため、母乳をあげているうちは生理が再開しにくく、仮に再開してもすぐにこなくなったり生理不順になりやすいです。

産後に再開した生理が止まったら

c68e523a27393ec3867c74e7cd0f856e_s

上述の通り、産後に再開した生理が止まったり生理不順になるのは産後の体調や授乳によるもののケースが多く、病気の可能性は低いので基本的には心配はいりません。

ただ、止まってしまった生理を再開させたい場合は、以下のような対処法がおすすめです。

  • ストレスをためない、発散できる趣味などを見つける
  • 睡眠時間や休息時間を増やす
  • 栄養バランスに気を付ける

ゆっくり休む時間を作ったり、たまにはどこかへ出かけて気分転換すると、自律神経やホルモンバランスが整いやすくなります

育児中はなかなか時間が取れないかと思いますが、信頼できる人や保育サービスを利用して心と体が休まる時間を作ってみてはいかがでしょう?

また、栄養バランスが悪いと生理不順になりやすいため、食事内容に気を付けたりサプリメントなどで不足しがちな栄養素を補うようにしましょう。

痛みや体調不良がある場合は念のため病院へ

産後に再開した生理が止まっても病気の可能性は低いのですが、まれに子宮や卵巣に何らかの病気が発生しているケースもあります。

生理不順とともにお腹の痛み張りその他の体調不良が続いている場合は、念のため病院へ行って検査をしてもらうことをおすすめします。

性交渉があれば妊娠の可能性もあります。自己判断で薬を飲んだり無理をして赤ちゃんに負担がかからないように、少しでも体調に変化を感じた時は病院へ行ってみましょう。

産後に生理が止まっても心配なし!ただ、気になる時は病院で診察を

ご紹介したように、産後しばらくはホルモンバランスが整うまで時間がかかり、しかも育児の忙しさやストレスで自律神経が乱れやすいため、再開した生理が止まってしまうことはよくあることです。

病気ではないのでしばらくすれば定期的に生理がくるようになりますが、病気の可能性も捨てきれないため、気になる症状がある場合は早めに病院へ行って検査を受けましょう

また、病気ではないとは言え、産後は体調が元通りになるまで時間がかかります。ホルモンバランスや自律神経が乱れているといつも以上に疲労感や体調不良を感じやすいので、いつもがんばっている自分のためにゆっくり休む時間を作ってみてくださいね。

  関連記事

産後のセックスレスで離婚の危機!?男女で違う原因と解消法

仲の良い友達同士であってもなかなか話題にできない「セックスレス」、産後になると多 …

陣痛を早めるツボがあるって本当?その方法と効果について

臨月と呼ばれる妊娠36週以降になると、ママは出産の準備のために、前駆陣痛を感じる …

カンガルーケアが危険と言われるのはなぜ?方法や効果をきちんと理解しよう

カンガルーケアという言葉をご存知ですか?母乳育児を推進する施設ではカンガルーケア …

悪露って生理や不正出血とは違うの?その見分け方は?

出産直後から、ママは大量の出血をみることになります。産後に出てくる悪露は、子宮内 …

妊娠したのは双子だった!双子の出産費用、一人だけの時とどう違う?

エコーで「双子です」と言われたときはとってもびっくりしますよね!ちょっぴり珍しい …

お腹が大きくなった妊娠後期の妊婦さんは転びやすい!?転んでしまった時のリスクと予防法とは?

出産まであと少し、そんな妊娠後期に入った妊婦さんは妊娠をしたことがない人でも想像 …

胎児の頭が大きいのは何が問題?病気の可能性もあるの?

妊婦健診では、お腹の赤ちゃんの大きさを計測します。これは、成長の状態を確認するた …

産後にとりたい栄養素と、おすすめの食材について教えて!

産後のママは、自分の体力を回復するだけでなく、赤ちゃんのお世話や授乳に追われるこ …

ママや女性必見!末端冷え性の原因と改善法とは?

体温が低くなくても、また体全体は寒いと感じていなくても手や足の指先がまるで氷のよ …

ママと赤ちゃんの命に関わる!?知っておきたい過強陣痛のこと

予定帝王切開での出産でない限り、ママは陣痛を経験することになります。「前駆陣痛」 …