ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出産前の剃毛は必要なこと?どんな風に処置するの?

   

woman-1118199_960_720

出産前の剃毛は、経膣分娩でも帝王切開でも、出産前に医療措置が行われるのが一般的です。これは、安全に出産するために、必要な措置だと考えられているからです。
ですが、必要とされる医療措置は、時代やお医者さま、助産師さんの考え方によっても異なります。

中でも「剃毛」については、恥ずかしいと心理的な抵抗を感じるママも少なくないはずです。そこで今回は、剃毛が行われるようになった目的や方法、それ以外に出産時に行われる処置について、お話しします。

剃毛って何のために必要なの?自分でするの?

出産における剃毛とは、外陰部の陰毛や手術する部分の体毛を剃ることを指します。
経膣分娩する初産婦の場合、会陰切開や会陰裂傷になるケースが多いことから、分娩室に入る前に剃毛する病院が多いようです。

また、帝王切開手術を行う場合には、腹部を剃毛されることになります。これは、毛や毛穴に細菌がついている可能性があることから、

  1. 赤ちゃんへの感染予防を行う
  2. 陰毛の場合は会陰切開時の感染防止
  3. 縫合しやすくするため

など、いろいろな理由によるものです。

ママの中には、看護師さんに処置されるのが恥ずかしいので、自分でした方がよいのでは?と考える人もいそうですが、外陰部を自分の目で確かめながら剃毛するのは難しく、皮膚を傷つけるリスクもあるので、病院でお願いするのが一番です。

剃毛する部分は決まっているの?

剃毛する範囲は、出産方法によって異なります。経膣分娩の場合は、外陰部周辺を剃毛するのが基本です。とはいえ、その範囲は病院によって様々で、恥骨の上部から肛門まで全部を剃毛するところもあれば、外陰部周辺だけにとどまるところもあります。

会陰切開をする可能性が高い場合に剃毛されますが、最近は必要最低限の範囲だけを剃るところが増えているようです。また、帝王切開手術を受ける場合には、お腹を切る部分の体毛だけを剃るところが増えているようです。お腹を横に切開する時には、恥骨上部にかかっている陰毛だけを剃毛します。
かつては、お腹全体を剃毛していましたが、それはほとんどなくなっているそうです。気になるようなら、処置を受ける前に、剃毛する範囲を聞いてみましょう。

剃毛の他にもいろいろな処置をされる

medical-563427_960_720

出産前に行われる医療措置は、剃毛だけではありません。浣腸や導尿、点滴、分娩監視装置の措置なども行われます。

浣腸

浣腸によりたまった便を出して腸を空にすると、赤ちゃんが下がりやすくなりますし、分娩時に排便して不潔になるリスクも下がります。

導尿

膀胱に尿が溜まっていると陣痛が弱まることがあるので、行われる措置です。

点滴

出産直後の大量出血や痙攣、血圧上昇などのトラブルがおきた際、いち早く対処できるよう、血管を確保する目的で行われます。

分娩監視装置

お腹の赤ちゃんの心拍数を確認するためのものです。

剃毛も含めて、出産前の医療措置は最小限に抑える病院が増えていますが、事前に産院に確認しておくとよいかもしれません。

近年は剃毛しない病院もあるので、事前に確認しよう

かつては経膣分娩の際に会陰切開することを前提に、剃毛や浣腸を義務付けている病院の方が多かったようです。ですが近年は、出産もできるだけ自然に近い形をとる病院が増えてきていること、剃毛と細菌感染の関連が否定される研究報告があったことなどから、会陰切開や剃毛を行わないところもあるようです。

出産に対する考え方には個人差がありますし、出産する病院の方針にもよりますので、出産する病院を決める前に、あらかじめリサーチし、自分の考えにあったところを選ぶことをおすすめします。ただし、お医者さまが必要だと考える医療措置は、きちんと受けるようにしましょう。

  関連記事

早生まれ損って本当?そのメリットとデメリットとは?

現代の日本は共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回っており、子どもを産む時期や人数 …

出産後の身体の回復は大丈夫?子宮復古不全について知っておこう

お腹の赤ちゃんの成長に伴って大きくなった子宮は、出産して胎盤を排出すると、産後6 …

出産して子宮内膜炎になることがあるって本当?その原因と治療法は?

子宮内膜炎は、独身女性でもかかることがある病気です。ですが、出産をきっかけに発症 …

出産に向けて準備をしておきたいひとつ!陣痛シュミレーションとは?

初めてのお産を経験する人にとっては、陣痛の痛みは未知の世界。痛みの程度をいろんな …

スッポン運動って何?腰筋を強くするその方法とは

妊娠期間中の女性に朗報の「すっぽん運動」についてご紹介します。妊娠期間中は運動が …

出産という未知の不安…でも赤ちゃんが支えてくれる

出産に対するイメージは痛いとか辛いとかネガティブなものもあり、その痛みはどんなも …

産後クライシスとは?誰でもあるの?どうしたらさけられる?

出産前は夫婦中がとてもよかったのに、出産を迎えたとたん夫婦仲に亀裂が生じてしまい …

出産が長引く原因の一つ、肩甲難産のリスクについて知っておこう!

現代では病院での出産が主流となっており、妊婦健診でエコー検査が行われるおかげで早 …

出産経験があるからといって油断は禁物!二人目を出産する際に準備しておきたいことは?

多くのママは「子供は2人ほしい」と言っています。経験があるから余裕!なんてママも …

授乳中に赤ちゃんが乳首を噛む理由と対処法

乳首を噛まれると授乳が嫌になってしまいますが対策を取ることができます! 授乳に関 …