ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

台風や嵐だと出産が増えるって本当?低気圧と陣痛の関係とは?

   

new_akane278122238_tp_v

月の満ち引きが出産に影響を与えるという話は、よく見聞きしますが、実は台風や嵐、低気圧でも同じようなことがおこると、いわれているのです。

そこで今回は、台風や嵐のときに出産が多いというのは本当なのか、低気圧だと陣痛が増える理由などについて、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

命を宿し育む、神秘的な体を持つ女性と、気圧が本当に関係しているのかどうか、その不思議を検証してみると、新たな発見があるかもしれませんよ。

台風や嵐、低気圧だと出産ラッシュになる不思議

産婦人科で働く助産師さんや看護師さんの中にも、台風や嵐、低気圧など天候が悪い日に、陣痛がおこって来院したり、出産するママが多いと感じている人がいるようです。

実際に、台風や嵐の日に出産したママの体験談をみても、

「予定日を過ぎてもなかなか生まれなかったのに、台風の日に出産した」
「台風の日に出産したが、分娩室が満室だった」
「産婦人科に長く入院していたが、台風の日は助産師さんが忙しくて、大変そうだった」

というコメントが寄せられています。

このように、台風や嵐、低気圧の日に出産が多かったと感じている人は、予想以上に多いようです。

あながち、噂と切り捨てるのは間違いなのかもしれません。とはいえ、なぜ台風や嵐、低気圧の日に陣痛や出産がおこることが多いのか、不思議ですよね。

台風や嵐、低気圧の日に出産が増える原因は?

実は、台風や嵐、低気圧の日に出産が増えることに、自律神経が関わっているのはないかという説があります。

ご存知の方も多いかもしれませんが、自律神経は

・交感神経
・副交感神経

によって成り立っています。
活動時には交感神経が、リラックスしているときには副交感神経が優位に働いています。

低気圧の日は空気中の酸素が減ってしまうことで、副交感神経が優位になりがちです。そのため、全身の血流が悪くなったり、免疫力が下がることも多いそうです。

そして陣痛は、副交感神経が優位になったときに、おこりやすいといわれています。

副交感神経が優位になると、ホルモンの分泌が活発化するので、産道や子宮の筋肉に加え、骨盤もやわらかく緩みます。つまり、体がお産に適した状態になってしまうのです。

そして、台風や嵐のときも、人間の体は副交感神経が優位になります。薄暗い天候と酸素濃度の低下により、精力的に活動するのが難しいからです。それが、原因と考えられます。

正産期に台風や嵐、低気圧が予想されたら準備は万全に

new_150909085567_tp_v

人間の体は、自然界の中で適応できるよう、自律神経のバランスが自然に変化するようにできています。台風や嵐、低気圧の日には、活動するのではなく、休むのにふさわしいと、体が認識することで、副交感神経が優位になってしまうのです。

もし、臨月に入って、台風や嵐、低気圧がきそうなことがわかったら、万が一に備えて、陣痛タクシーに登録したり、入院準備を再確認しておくことをおすすめします。

特に、台風や嵐、低気圧の日には、タクシーを呼んでも、なかなか来てくれない可能性が高いです。

自家用車があるのであれば、パパに早めに帰ってきてくれるよう、お願いしておくのもよいかもしれません。

そして、陣痛は夜中におこりやすいので、メモや時計は枕元に用意しておきましょう。

産気づいたら、意識を体に向けよう

台風や嵐、低気圧の日に産気づくと、タクシーが予定通りくるのか、移動に時間がかからないかなど、気がかりなことが増えそうです。

ですが、まずは自分の体に意識を向けることが大事です。陣痛の時間や間隔をきちんとメモして、初産婦であれば10分間隔経産婦の場合は15分間隔になったら、病院に電話を入れた上で、入院準備をして向かいましょう。

このとき、タクシーを呼んでもすぐにこない可能性があるので、多少早めに連絡するのも、よいかもしれません。風や雨で転ぶことがないよう、十分に注意して移動しましょう。

  関連記事

オキシトシンってどんなホルモンなの?妊娠や出産との関係は?

妊娠すると、女性ホルモンの分泌バランスが大きく変化します。卵胞ホルモンであるエス …

悪露って生理や不正出血とは違うの?その見分け方は?

出産直後から、ママは大量の出血をみることになります。産後に出てくる悪露は、子宮内 …

妊婦さんにもメンタルケアは必須?その理由やおもな対処法とは?

産婦さんに対し、“マタニティーブルー”という言葉をよく耳にすることがあるかと思い …

出産する時、会陰裂傷はおこる?予防する方法はあるの?

自然分娩を行う際、初産婦さんは事前に「会陰切開することもある」と、お医者さまに告 …

双子なのに肌の色が違うのはどうして?その理由や確率は?

2016年、アメリカのイリノイ州で生まれた双子の赤ちゃんが、大きな話題をさらいま …

蕁麻疹の原因はアレルギーだけじゃない!?産後におこる痒みと蕁麻疹の原因は?

蕁麻疹と言えばアレルギー症状の一種として知られていますが、意外とみじかなようで知 …

お産の後子宮に胎盤が残る「胎盤遺残」の症状や原因とは?

妊娠や出産には、様々な病気・症状のリスクが存在しています。その中には、今後の人生 …

出産後に義母が手伝ってあげると言い出した…。うまく対処する方法はない?

最近は一人っ子が増えていることもあり、出産後のお産扱いを買って出る義母も少なくな …

無痛分娩とは痛みを感じずに楽に出産できる方法?リスクや費用について知っておこう!

陣痛の痛みに耐えながら行うもの、といった風潮がありますよね。しかし最近では、痛み …

微弱陣痛って危険なの?原因や症状、対処法が知りたい!

出産が近づくと、陣痛がおこります。陣痛は、「前駆陣痛」「本陣痛」「後陣痛」と段階 …