ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子宮口が柔らかい、硬いの基準は何?柔らかくする方法はあるの?

   

妊娠後期になると、妊婦健診の頻度が多くなります。また、臨月に入るあたりから、内診で子宮口を確認されるようになります。その際、お医者さまに「子宮口が硬い」「子宮口が柔らかくなってきた」といわれることがあります。

では、子宮口が硬いあるいは柔らかいというのは、どういうことなのでしょうか。そして、それは出産にどう関係するのでしょうか。初産を控えたママは特に気になるであろう、子宮口の硬さについて、お話しします。

子宮口の役割とは?なぜお産が近づくと柔らかくなるの?

子宮口とは、子宮の出口のことです。妊娠中は、お腹の赤ちゃんが外に出ないように、子宮口は締まっています。ですが、お産のときには子宮口が開き、赤ちゃんが産まれる通り道になるのです。

子宮口は普通、3~5cm程度の厚さがあるものですが、臨月に入り赤ちゃんの頭が骨盤におさまり、子宮の位置が下がるころから、子宮口やその周りの筋肉が緩み始めます。その結果、子宮口が柔らかくなるのです。

子宮口が柔らかくなるということは、子宮口が開きやすくなるということなので、出産がスムーズに進みます。妊娠37週からは、正産期に入りますので、子宮口が柔らかいといわれても、心配はいりません。

ですが、それ以前に子宮口が柔らかくなると、早産する危険がありますので、安静にするよういわれることが多いです。

子宮口が柔らかい、硬いを判断する基準とは?

では、お医者さまや助産師さんは、子宮口の硬さをどんな基準ではかっているのでしょうか。妊娠中の子宮口の硬さは、テニスボールほどなのだそうです。その硬さのうちは、出産に進むことはありません。

ですが、正産期に入り出産が近づくと、子宮口の硬さは、唇ほどの柔らかさになります。その柔らかさになった時点で、子宮口も0~3cmほど開くことが多いです。子宮口が柔らかくなり、開いたとしても、すぐに陣痛が始まるとは限らないということです。

実は妊婦健診で行われる内診で、子宮口の硬さは、チェックされています。これは、妊娠中期に子宮頚管無力症などが原因で、陣痛もきていないのに、子宮口が開き始めることがあるからです。その場合は、子宮頚管を縛る手術を受けることになります。

子宮口の柔らかさは、どんなふうに変化するの?

子宮口の硬さは、出産を迎える前から、少しずつ変化しているものです。分娩が始まる前の子宮口は、まだ鼻翼くらいの硬さで、しっかり閉じています。陣痛が始まり、ホルモンの分泌が変化することで、徐々に柔らかくなっていくのです。

本陣痛の間隔が5~10分程度になるころには、子宮口は唇のような柔らかさになります。そして、赤ちゃんを娩出できるよう、子宮口が全開になった段階では、その硬さはマシュマロ程度になります。

とはいえ、中には子宮口が硬いママもいて、その場合はお医者さまが指を入れて卵膜を剥離させたり、子宮口を柔らかくする薬が投与されることがあります。それでも子宮口が硬いままで難産になった場合には、緊急帝王切開手術に切りかえます。

子宮口を柔らかくする方法を試してみよう!

4d05b27abfe08713e9ca72b2080d9e43_s

臨月以降の妊婦健診で「子宮口が硬い」といわれたときには、自分でできる柔らかくする方法を実践してみましょう。

身体を温めて血行がよくなると、子宮口が柔らかくなるといわれています。スクワットや階段の上り下りなどは、陣痛を促すことはあっても、子宮口の硬さには影響がないようです。

とはいえ、本陣痛がおこれば、子宮口が柔らかくなる可能性はあるので、試してみるのも一つの方法です。また、子宮収縮効果があるとされる、ラズベリーリーフティーを飲んでみるのも、手軽にできる方法です。ぜひ、実践してみてください。

  関連記事

授乳後のげっぷはいつまで必要?上手にさせるコツは?

出産後の授乳指導で、母乳やミルクを飲ませた後、赤ちゃんにげっぷをさせるようにいわ …

蕁麻疹の原因はアレルギーだけじゃない!?産後におこる痒みと蕁麻疹の原因は?

蕁麻疹と言えばアレルギー症状の一種として知られていますが、意外とみじかなようで知 …

予定帝王切開はどんなふうに行われるの?入院のタイミングは?

妊婦さんの中には、様々な事情により、経腟分娩が難しいと診断される人がいます。その …

出産で脱肛することがあるって本当?その原因と対処法は?

妊娠中に痔に悩むママは案外たくさんいますし、分娩を機に「脱肛」してしまうケースも …

陣痛間隔の測り方のポイント!最近はアプリを使う人も多くなっている?

臨月を迎えたママは、「陣痛が来た時、ちゃんと分かるかしら?」と不安になることがあ …

自宅出産を希望するならメリットとデメリットを理解して臨もう!

数十年前から、出産は病院で行われるのが普通になりました。ですが、かつての日本では …

里帰り出産にはメリット・デメリットがある?気になるその実態とは?

初めての妊娠・出産。その際に迷ってしまうのが、「里帰り出産をしたほうが良いのか? …

産後うつ健診費助成が決定!その気になる内容は?

近年、核家族化が進み、初産年齢もアップしていることから、「産後うつ」になったママ …

もしかして育児ノイローゼ?自己診断チェックリスト

10ヵ月間お腹の中で一緒に過ごした赤ちゃんが生まれ、とても愛しくて可愛い反面育児 …

産後うつの原因は?解決策や治療内容が知りたい

出産後のママは休む間もなく育児をしていかなくてはなりません。また、赤ちゃんの世話 …