ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子宮口が柔らかい、硬いの基準は何?柔らかくする方法はあるの?

   

妊娠後期になると、妊婦健診の頻度が多くなります。また、臨月に入るあたりから、内診で子宮口を確認されるようになります。その際、お医者さまに「子宮口が硬い」「子宮口が柔らかくなってきた」といわれることがあります。

では、子宮口が硬いあるいは柔らかいというのは、どういうことなのでしょうか。そして、それは出産にどう関係するのでしょうか。初産を控えたママは特に気になるであろう、子宮口の硬さについて、お話しします。

子宮口の役割とは?なぜお産が近づくと柔らかくなるの?

子宮口とは、子宮の出口のことです。妊娠中は、お腹の赤ちゃんが外に出ないように、子宮口は締まっています。ですが、お産のときには子宮口が開き、赤ちゃんが産まれる通り道になるのです。

子宮口は普通、3~5cm程度の厚さがあるものですが、臨月に入り赤ちゃんの頭が骨盤におさまり、子宮の位置が下がるころから、子宮口やその周りの筋肉が緩み始めます。その結果、子宮口が柔らかくなるのです。

子宮口が柔らかくなるということは、子宮口が開きやすくなるということなので、出産がスムーズに進みます。妊娠37週からは、正産期に入りますので、子宮口が柔らかいといわれても、心配はいりません。

ですが、それ以前に子宮口が柔らかくなると、早産する危険がありますので、安静にするよういわれることが多いです。

子宮口が柔らかい、硬いを判断する基準とは?

では、お医者さまや助産師さんは、子宮口の硬さをどんな基準ではかっているのでしょうか。妊娠中の子宮口の硬さは、テニスボールほどなのだそうです。その硬さのうちは、出産に進むことはありません。

ですが、正産期に入り出産が近づくと、子宮口の硬さは、唇ほどの柔らかさになります。その柔らかさになった時点で、子宮口も0~3cmほど開くことが多いです。子宮口が柔らかくなり、開いたとしても、すぐに陣痛が始まるとは限らないということです。

実は妊婦健診で行われる内診で、子宮口の硬さは、チェックされています。これは、妊娠中期に子宮頚管無力症などが原因で、陣痛もきていないのに、子宮口が開き始めることがあるからです。その場合は、子宮頚管を縛る手術を受けることになります。

子宮口の柔らかさは、どんなふうに変化するの?

子宮口の硬さは、出産を迎える前から、少しずつ変化しているものです。分娩が始まる前の子宮口は、まだ鼻翼くらいの硬さで、しっかり閉じています。陣痛が始まり、ホルモンの分泌が変化することで、徐々に柔らかくなっていくのです。

本陣痛の間隔が5~10分程度になるころには、子宮口は唇のような柔らかさになります。そして、赤ちゃんを娩出できるよう、子宮口が全開になった段階では、その硬さはマシュマロ程度になります。

とはいえ、中には子宮口が硬いママもいて、その場合はお医者さまが指を入れて卵膜を剥離させたり、子宮口を柔らかくする薬が投与されることがあります。それでも子宮口が硬いままで難産になった場合には、緊急帝王切開手術に切りかえます。

子宮口を柔らかくする方法を試してみよう!

4d05b27abfe08713e9ca72b2080d9e43_s

臨月以降の妊婦健診で「子宮口が硬い」といわれたときには、自分でできる柔らかくする方法を実践してみましょう。

身体を温めて血行がよくなると、子宮口が柔らかくなるといわれています。スクワットや階段の上り下りなどは、陣痛を促すことはあっても、子宮口の硬さには影響がないようです。

とはいえ、本陣痛がおこれば、子宮口が柔らかくなる可能性はあるので、試してみるのも一つの方法です。また、子宮収縮効果があるとされる、ラズベリーリーフティーを飲んでみるのも、手軽にできる方法です。ぜひ、実践してみてください。

  関連記事

産後はいつから自転車に乗れる?乗る時の注意点は?

妊娠中は控えていた自転車ですが、産後はおむつやベビーグッズなどの買い物が増えます …

海外ではポピュラーな分娩方法の水中出産って?どんなメリットがあるの?

これから出産を経験するママにとって分娩方法の選択も気になるところですよね。最近で …

帝王切開で臓器癒着がおこることも!原因とリスクを知っておこう

帝王切開とは、自然分娩が難しいと診断された時に、ママの腹部と子宮を切開して、赤ち …

双子の出産準備は何を用意したらいいの?全て2つ用意するべき?一つでまかなえるものとは?

双子の誕生はお世話も2倍と大変なこともたくさんありますが、喜びも楽しみもたくさん …

産後の尿漏れがひどい…。その原因と対処法を教えて!

出産後、くしゃみをしたり、重いものを持ち上げようとして、お腹に力が入った時に、尿 …

出産費用をクレジットカード払いすることはできるの?

出産は病気ではありません。そのため、出産費用も全額自己負担することになります。そ …

出産して子宮内膜炎になることがあるって本当?その原因と治療法は?

子宮内膜炎は、独身女性でもかかることがある病気です。ですが、出産をきっかけに発症 …

妊娠中毒症になったら、産後に後遺症は残るの?治療は必要?

妊婦さんの中には、妊娠中毒症にかかってしまう人がいます。お腹の赤ちゃんへの影響も …

ママと赤ちゃんの命に関わる!?知っておきたい過強陣痛のこと

予定帝王切開での出産でない限り、ママは陣痛を経験することになります。「前駆陣痛」 …

産褥期の過ごし方が大切って本当?何に注意したらいいの?

妊娠期間は約10カ月に及び、ママの身体は妊娠前と大きく変わっています。それは、出 …