ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

膣トレーニングで骨盤底筋群を鍛えた方がいい理由とは?やり方は?

   

new_636603

女性が年齢を重ねることで悩む人が増える症状に、尿漏れや子宮脱があります。そして、若い女性であっても、下腹がポッコリ出ている、便秘気味である、骨盤が歪んでいる、生理がダラダラ続く場合は、骨盤底筋群が弱くなっている可能性が高いです

「膣トレーニング」とは、健康維持にもボディメイクにも重要な骨盤底筋群を鍛えることで、いま注目を集めています。そこで今回は、骨盤底筋群とは何か、その役割と膣トレーニングで期待できる効果、そのやり方について、お話しします。

骨盤底筋群って何?どんな役割があるの?

骨盤底筋群とは、子宮や卵巣、膀胱などを支えている、恥骨直腸筋や外肛門括約筋といった、骨盤底にある筋肉の総称です。

骨盤底筋群には、内臓を支える役割のほかにも、排尿や排便、月経のコントロールをしたり、骨で守られていない場所にある内臓を包むことで、天然のコルセットの役割も果たしています

出産後の女性に尿漏れや子宮脱が増えるのは、赤ちゃんが産道を通ることで骨盤底筋群が一時的に緩むことが原因です

このほかにも、骨盤底筋群が弱くなり内臓が下垂してしまうと、働きが悪くなってしまうので、便秘や冷え、肌荒れがおこったり、姿勢が崩れて腰痛や肩こりがおこる、疲れやすくなるという症状が出るようになります

つまり、健康面でも悪影響があるということです

膣トレーニングって何?どんな効果が期待できるの?

膣トレーニングとは、骨盤底筋群を鍛えることを目的にした、トレーニングのことをいい、「ケーゲル体操」といわれることもあります。

骨盤底筋群を鍛えるために、膣トレーニングを行っておくと、産後の子宮脱や尿漏れを防ぐ効果があります

また、骨盤底筋群が緩むことで骨盤が歪みやすくなり、太りやすい体質になることもわかっています。ポッコリお腹を避けるためにも、膣トレーニングは有効なのです

では、自分の骨盤底筋群が弱っているかどうかを、まずチェックしてみましょう。

排尿中に尿を止められない、くしゃみや笑ったときに少量の尿漏れがある、入浴後に膣からお湯が漏れる、お尻の割れ目に指を置いて膣をしめたときに、恥骨付近の筋肉が動かない

これらの項目に、1つでも当てはまることがあったら、骨盤底筋群が弱っている可能性が高いです。すぐに膣トレーニングを始めることをおすすめします

膣トレーニングのやり方とは?

膣トレーニングで大事なのは、膣を締めるという感覚を覚えてしまうことです。膣を締める感覚がつかみにくいときには、肛門に力を入れると、自然に膣も締まります

まず、姿勢を正して立ち、5秒間息を吸いながら膣をぐっと締めていきます。そして、膣を締めたままの状態5秒間キープします。その後、5秒間かけて息を吐きながら、膣を緩めていきます

これを1日2~3セット行いましょう。この方法だと、外出や通勤の電車の中でもできます。イスに座ったり、床に寝転んで行ってもOKです

このほかにも、肛門にキュッと力を入れてすぐに抜くということを、10回連続リズミカルに続けるという方法もあります。その際、10回目は5~10秒と長めに締めると、より効果的です。

妊娠中も出産後も、膣トレーニングを続けよう!

2a36fc12e12fbe0275e59782c2a3cfc7_s

この膣トレーニングは、妊娠中にも行うことができます。実は、マタニティヨガでも、膣トレーニングが行われているのです。

これは、骨盤底筋群を鍛えておくことで、お産が進みやすくなるからです。ただし、ヨガで膣の引き締めに効果があるとされる「花輪のポーズ」は、妊娠30週以降に行うのが基本です

そして、出産後も膣トレーニングを続けることで、尿漏れや子宮脱の防止につながります。妊娠・出産をきっかけに膣トレーニングを習慣にして、産後太りの解消や生理痛の緩和などにも役立てましょう

  関連記事

会陰切開すると必ず抜糸しなければいけないの?

かつて経膣分娩をする際には、会陰切開をするのが一般的でした。これは、会陰裂傷にな …

出産にかかる費用はどれくらい必要?産後も含めてお金が必要になる場面とは?

初めてのお産の場合、気にかかるのが出産時にどのくらいの費用が必要なのかという点で …

子宮破裂の原因と兆候について知りたい!その後の妊娠は可能?

医療技術が進歩した現代であっても、妊娠や出産のトラブルをゼロにすることはできませ …

会陰切開のリスクを下げたいなら膣ピチュ!やり方や効果をチェック

妊娠中に行う「膣ピチュ」というものをご存知でしょうか。これは、オイルをしみこませ …

初産婦・経産婦の違いを比較!高齢初産の帝王切開のリスクも。

これまで出産したことがない人にとって、分娩時の痛みはどうしても不安に感じてしまう …

出産という未知の不安…でも赤ちゃんが支えてくれる

出産に対するイメージは痛いとか辛いとかネガティブなものもあり、その痛みはどんなも …

赤ちゃんにとって重要な意味をもつ肌着選び、正しく賢く選ぼう!

10ヵ月間過ごしたママのお腹の中から生まれてきた赤ちゃん。身長も50センチと小さ …

鍵盤ハーモニカってどれを選んでいいのかわからない方に、おすすめ!鍵盤ハーモニカと各社比較はどんな感じ?

鍵盤ハーモニカのイメージといえば、小学生の時に音楽の授業で使用したという方も多い …

乳首が短くても、母乳はあげられるの?よい授乳方法はある?

いざ母乳を与えようとした時に、自分の乳首が短いことに気が付くママが多いようです。 …

妊婦健診で横位と言われた!逆子とは違うの?出産はどうなるの?

妊婦健診ではエコー検査が行われるのが一般的で、妊娠後期に入ると、赤ちゃんの向きも …