ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

蕁麻疹の原因はアレルギーだけじゃない!?産後におこる痒みと蕁麻疹の原因は?

   

蕁麻疹と言えばアレルギー症状の一種として知られていますが、意外とみじかなようで知られていない分野でもあります。重篤な疾患ではないという背景から注目されにくく、治癒もたやすいように扱われやすい蕁麻疹ですが、誰にでも発病の可能性があります。

いざという時に慌てないように知識を身につけておくことは、取り乱さずに快方にむかわせるためにも必要です。湿疹、水泡、蕁麻疹と専門家以外には区別がつきずらい蕁麻疹の特徴をご紹介します。

蕁麻疹はどんな時におこりやすいの?

そもそも蕁麻疹は、特定の食品を摂取することで契機となるアレルギー型蕁麻疹と、精神的ストレスが要因となる非アレルギー型蕁麻疹に区分されます。

前者は、該当者がエビやカニのアレルゲン体質であった場合に早急に蕁麻疹が引きおこってしまうことに対し、後者は圧迫、水や温度による刺激など心身に過度にストレスがかかる事による要因で徐々に引きおこることが多いようです。

いずれにしても、体内でヒスタミンが分泌されると血管が拡張されて血液中の成分血漿が組織内ににじみだすことで、表皮にも赤みが帯びたり痒みが引きおこるようになります。

どうして産後は蕁麻疹を発症しやすくなるの?

女性が出産後に蕁麻疹を発症することがありますが、大半の場合は出産後から数日後、数十日後に引きおこることが多いようです。

出産前から出産後の女性の心身は、出産の一連の仕事により多大なストレスを心身に受けています。産後のひだちが思わしくないままに育児に邁進することもあります。このようなストレスが出産後の心身に影響を与え、蕁麻疹として体表に現れると考えられています。

主に、心身のストレスと圧迫、温度や水による刺激が契機となるストレスの蕁麻疹ですが、出産においての陣痛や痛み、産後の体の変化が女性のストレスの要因となってしまいます。

産後の蕁麻疹は全ての女性に必ず発症するものではありませんがママの育児は出産後から始まりますので、産後の蕁麻疹を確認できたら育児を中断してもすぐに皮膚科の医師の診断を仰ぐことが大切です。

授乳中による蕁麻疹の治療はどうすればいいの?

一般的に蕁麻疹への治療方法は、医師から処方された塗り薬を用いることや、抗ヒスタミン剤を服用することで快方へとはかられます。

しかし出産後から数十日で発症した女性への薬の投与については、出産後の赤ちゃんへの授乳の影響を考慮して危惧される場合があります。

蕁麻疹を確認できたら、皮膚科の医師の診断を仰ぎます。診断ができかねる医師の場合はセカンドオピニオンを用いることも重要です。投薬と静養を含めて最も安全な治療方法を医師と相談することが重要になってきます。

ストレス性の蕁麻疹の治療は、静養生活で落ち着かせることも必要になります。投薬を控えて養生で快方へと導く術も選択肢のひとつです。

もっとも危惧されることは、蕁麻疹の症状がひどい場合、ドラックストアなどで市販薬を購入し、個人の判断で服用して過ごしてしまうことは避けなければなりません。

産後の蕁麻疹や痒みを予防する方法はある?

アレルギー性の蕁麻疹と異なりストレス性の蕁麻疹の要因は個々によるものであり特定が難しく、女性の出産後の蕁麻疹についても要因は個々に違うものです。

出産後の女性全てに引きおこされるというものでもなく、予防方法も見つけにくいものです。出産方法を選ぶこともひとつです。産後の予後に備えて無痛分娩や帝王切開を選択するという術です。

授乳を控え、赤ちゃんのミルクは市販品に切り替えてから抗ヒスタミン剤を服用するという選択肢もあります。

体温上昇が痒みの引き金にもなるので、入浴時間に発見することも多くあります。長風呂を控えたりして入浴時間に気を配り過度に体温を上昇させない、また有酸素運動を控えたりすることも痒みの悪化の予防に繋がります。

産後の蕁麻疹は契機となるストレスが特定できないことからも、予防方法が難しくなっていますが冷却することが鎮静効果につながります。

ママの肌トラブルもしっかりとケアしよう

産後の蕁麻疹の原因は、個々によって様々であり、蕁麻疹を発症する時期も部位も個々で異なるものです。発症から2週間ほどで快方へと向う場合が多いですが、この間家族の支えも必要になってきます。

蕁麻疹は体内のヒスタミンが分泌される要因で引きおこるものですから、ママの産後のリラクゼーションを促すことも予防と快方には重要です。

産後のママの心身は非常に疲れています。こんなときこそ家族の協力を仰ぐことが必要になります。

  関連記事

秋生まれの赤ちゃんの服の着せ方とは?だんだんと寒くなっていく季節に何を用意すべき?

秋に赤ちゃんを出産するママにとって、肌着や衣類をどの程度用意すべきか、悩ましい問 …

自己負担を助けてくれる高額療養費制度とは?出産にかかった費用にも適用される!?

妊娠中や出産などで予定外の入院や治療が必要になると、費用が気になりますよね。そん …

寒さ対策が欠かせない冬(12・1・2月)生まれの赤ちゃんの出産準備品とは?

寒い冬に産まれる赤ちゃんのために用意すべきアイテムはこれ! 冬生まれの赤ちゃんは …

夏生まれの赤ちゃんの服の着せ方とは?何をどれくらい着せたらいいの?

夏は外が暑く、室内は冷房で涼しいので、大人でも寒暖差で体調を崩しやすいものです。 …

授乳中に赤ちゃんが乳首を噛む理由と対処法

乳首を噛まれると授乳が嫌になってしまいますが対策を取ることができます! 授乳に関 …

年子育児にするメリット・デメリット!子育てのポイントや注意点

できるだけ短期間に集中して育児を行いたいという方から検討されているのが「年子育児 …

暑さ対策が重要な夏(6・7・8月)生まれの赤ちゃんのために用意したい出産準備品を教えて!

新生児のうちは、自分で体温を調節する機能がまだ未熟なため、環境温度の影響を受けや …

産後に記憶力が一時的に低下する、マミーブレインについて

みなさんは、「マミーブレイン」という言葉を知っていますか?出産後の女性がボーッと …

乳首が短くても、母乳はあげられるの?よい授乳方法はある?

いざ母乳を与えようとした時に、自分の乳首が短いことに気が付くママが多いようです。 …

出産後の母体トラブルである弛緩出血のこと。原因と治療法は?

出産後すぐに病室に戻らず、回復室で過ごすことが多いのは、万が一、母体にトラブルが …