ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

床上げの時期っていつごろ?それまでの産後ケアや過ごし方が知りたい!

   

出産は、ママにとって大事業です。そして、ママ自身が感じているよりずっと、心身は大きなダメージを受けています。そのため、出産後は十分に休養するようにいわれるのです。日本には「床上げ」という習慣がありますが、みなさんはその意味をご存知ですか?

そこで今回は、床上げとは何か、どのタイミングで行うのかを中心に、産後のママの過ごし方、なぜ休養が必要なのかについても、お話しします。若くて体力があると、つい動いてしまいがちですが、床上げの意味を知り、それを守るようにしてくださいね。

床上げって何?どのタイミングで行うの?

床上げとは、産後の疲れを回復させるために休養を優先していたママが、少しずつ日常生活に復帰することを指します。かつての日本では、自宅出産が当たり前でした。そして、出産後はママは布団を敷いた部屋でできるだけ横になって過ごし、家族に家事や育児を行ってもらうものだったのです。

出産から1カ月程度を目安に、寝床である布団を片付け、家事や育児を始めていたことが、床上げと呼ばれる所以です。そのため、床上げは出産後1カ月、普通分娩の場合は病院を退院して3週間を目安に行うことが多いです。

これは、産後1カ月検診のタイミングでもあります。検診で身体の回復に問題がなければ、徐々に家事を再開して構わないでしょう。ただし、出産の疲れから身体が回復するには、本当は6~8週間が必要で、これを「産褥期」といいます。この産褥期が終わるまでは、無理しないように心がけてください。

産後1カ月のママの過ごし方とは?

では、出産後に自宅に戻り、床上げを迎えるまでは、ママはどのように過ごすのが理想的なのでしょうか。まず、出産後1週間は、料理や洗濯、掃除などの家事は一切行わないのが基本です。通常は、病院に入院しているので問題ありませんが、自宅出産したママがつい動いてしまうことがあるので、注意が必要です。

そして、産後2週目に入って、体調がよいときには、軽い家事程度は初めて構いません。とはいえ、新生児のお世話がありますので、できれば身内にお産扱いをお願いし、家事はお任せするのがおすすめです。授乳やおむつ替えなど、赤ちゃんのお世話をするとき以外は、できるだけ休むように心がけましょう。

産後3週間目も、赤ちゃんのお世話と自分の体力回復に徹するのが望ましいです。産後1カ月検診を終え、身体が順調に回復していることを確認してから、少しずつ家事を始めましょう。

床上げまでの産後ケアが重要な理由は?

女性は出産によって、ホルモンの分泌バランスが急激に変化します。そして、長い妊娠期間と出産により、考えている以上に身体は疲れているものです。

さらに、新生児がいることで、睡眠時間が確保しにくく、生活も一変するので、疲労やストレスが溜まりやすくなっています。

そのため、心身が不安定になりやすいのです。産後に無理をすると、産後うつなどを引きおこすきっかけになりますので、軽視してはいけません。また、身体が十分に回復していないのに、通常の家事をしていると、後々体調を崩すことが多いのです。

自分の健康を取り戻す意味でも、床上げまではできるだけ水に触らない、目を使わない、重いものを持たない、外出しない、入浴しないことを心がけましょう。

産後は家族のサポートを受けて休養しよう

産後に床上げをするまでの期間、ママが重視すべきことは、子宮を元の大きさに戻すこと、悪露を早く体外に排出してしまうこと、母乳の分泌を安定させることです。そのためには、十分な休養が必要なのです。

出産後、実家のママにお産扱いをお願いしたり、里帰り出産をするママが多いのは、床上げまでの期間を、心おきなく休養してもらうためです。床上げまでは、家族のサポートを受け、新生児のお世話以外は、お任せするのが基本です。

もし、お産扱いをお願いできない場合は、産後のケアをしてくれる施設へ、産褥入院することもおすすめします。

  関連記事

乳腺炎で熱が出た時の正しい対処法とは?してはいけないことがある?

母乳育児を行うママの4人に1人は、乳腺炎を経験するといわれています。 乳腺炎とは …

退院後の不安をなくそう!産後の家事はこんな工夫で乗り切れる

可愛い赤ちゃんが生まれ、後陣痛や傷の痛みに耐えながらもゆっくり過ごせた入院期間。 …

帝王切開の痛みはどのくらい? 手術の流れや必要な費用、2人目の出産はいつからできるのかなど教えます

帝王切開は、ママやお腹の赤ちゃんを守るために経腟分娩ではリスクが高いとお医者さま …

子育て中にもらえるお金がある!補助制度も上手く活用しよう

産後に役立てたい手当などの情報を紹介! 子育てにもなにかとお金がかかってしまいま …

これで完璧!タイミングとマナーを守り、喜ばれる産後のお見舞いにしよう!

友達から「出産しました!」の報告。仲の良い友人ならば、自分のことのように嬉しく思 …

出産後は母子同室の方がいい?そのメリットとデメリットとは?

妊娠がわかって出産する病院を探すときのポイントの一つに、「母子同室かどうか」があ …

出産の緊張をやわらげるイメジェリーとは?胎教ってどんな効果があるの?

妊娠して悪阻が落ち着いてきたころに、少し膨らんだお腹をみて憧れる事の一つに「胎教 …

陣痛中に顔面に力を入れるのはNG!目をつぶっていきんでもダメ!

産後に自分の顔を鏡で見たところ、顔色がおかしかったり、黒い斑点がポツポツとできて …

海外ではポピュラーな分娩方法の水中出産って?どんなメリットがあるの?

これから出産を経験するママにとって分娩方法の選択も気になるところですよね。最近で …

もしかして育児ノイローゼ?自己診断チェックリスト

10ヵ月間お腹の中で一緒に過ごした赤ちゃんが生まれ、とても愛しくて可愛い反面育児 …