ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

産後の気になるダイエットには産後ピラティスが効果的?

   

妊娠中は、身体の変化に戸惑いますが、お腹の赤ちゃんの成長は嬉しく、大きなお腹が愛しく感じますよね。しかし、赤ちゃんを産んだ後って、自然にお腹がへこむ…と感じていませんか?

赤ちゃんがいないのに、なんでこんなにお腹が大きいの!?とショックを受けて、大仕事を終えた後に子育てという仕事もあるのに「ダイエットしなきゃ…」と感じますよね。

しかし、赤ちゃんがいるから外に運動もいけない、母乳をあげているから食事制限もできない…

今回は、産後太りに最適なピラティスについてまとめていきたいと思います。

どうして産後は太りやすくなるの?

出産は、骨盤を広げて赤ちゃんが出てきます。そのため、産後の骨盤はグラグラの状態です。骨盤がグラグラの状態だと、内臓の位置もズレてしまいます。さらに、授乳や疲れから姿勢も悪くなってきます。

そして、産後は運動する機会や外に出て身体を動かす機会もなくなります。それが、血液の巡りが悪くなり、浮腫みや基礎代謝の低下からますます産後太りの原因となります

母乳育児をしていると、赤ちゃんに栄養がいくので痩せていくママもいると思います。しかし、産後太りの一番注意しなければならない時期が、離乳食が始まってからと、卒乳してからです。油断していたお肉が後からついてきます…。

そもそもピラティスってなに?

そもそもピラティスというのをご存知ですか?聞いた事はあるかと思います。ピラティスの最大の魅力はインナーマッスルを鍛えて、基礎代謝を上げることです

そのため、疲れにくい身体になったり、骨盤が正しい位置になるので、姿勢もよくなり、自然とダイエットにもつながります。そして、ピラティスはヨガのようなゆっくりとした動きなので、激しい運動にはなりません

そのため、リフレッシュ効果や「運動している」という「辛い」感覚ではなく、ゆっくりと汗をかいていくので「気持ちい」と感じるのでストレス発散となり、仕事帰りや、休日にピラティス教室に通う女性が増えています。

ストレスを発散しつつ、姿勢も正されて、女性らしい体型になれるのはとても魅力的ですよね。

教室に通えば、先生に見てもらいながら、友達も出来ていいですが「そこまでして…」という方は、本やDVDもたくさん出ているので、自宅で続けるのもいいですよね。

産後ピラティスとは?その効果は?

ピラティスの効果は、上記でも説明した通り「インナーマッスルを鍛える」「基礎代謝を上げる」というところが魅力です。

そして、産後はまだまだ身体も疲れていて、無理は良くない時期です。そのため、ピラティスのようなゆっくりとした動きが、産後のダイエットにピラティスが薦められている理由でもあります。

基礎代謝が下がっていると、いくら外で運動しても、食事制限をしても痩せられません。そして、母乳育児で体重は落ちても、骨盤のズレのせいでお尻は下がり、皮下脂肪はついてやつれてだらしない太り方…という風になってしまいます。

インナーマッスルを鍛えて基礎代謝をあげれば、体重も落ちるし、グラグラに歪んだ骨盤も正されて、内臓の位置も戻り、綺麗に痩せられるということです。

そして、ゆっくりと汗をかくことで、ストレスの発散にもつながるため、産後のダイエットに最適とされています

産後ピラティスを行う方法とは?

産後、赤ちゃん連れでも通えるピラティス教室は、探すと多くあります。外に出る事がストレス発散となるママにおススメです。

しかし「お金や時間をかける余裕はない」というママには、自宅エクササイズがおススメです。

自宅でも、簡単にピラティスを行う事は可能です。ピラティスは「体幹を鍛えて基礎代謝を上げる」ことでダイエットの効果を高めます。そのため、血液の巡りをよくするだけで効果があります。

産後は、まず子宮の回復を待つのが先決です。そのため、激しい運動は控えましょう。なので、最初は手や足を寝ながらでもいいので、グーパーを開いたり閉じたりすることで、血液やリンパの流れが良くなります。

手や足をほぐして、まだ動かせるようであるならば、肩や腰も回したりしてみましょう。赤ちゃんを抱っこしたり、授乳したりと、緊張した筋肉がほぐれますよ。

そして、会陰切開の傷が痛まなくなったら「お尻の穴をきゅっとしめる」というのを実践してみてください。これは、赤ちゃんの通った道を狭くすることや、尿漏れなどの防止にもなります。

このエクササイズのポイントは「息をとめないこと」です。寝ながらでも、座りながらでもする事が可能なので、いきなりポーズをとろうとするのではなく、上記の二つのピラティスから始めてみてください。

まずは、このダイエットに最適な時期に「チャレンジ」してみるという事が大切です。

体に負担を掛けないようにメリハリのある身体へ!

いかがでしたか?ヨガは、呼吸法で筋肉を鍛えますが、ピラティスは体幹…つまりインナーマッスルを鍛えることができます。そのため、妊娠前よりも美しいボディを手に入れることも可能です

そして、産後で体力が低下した…というママも、基礎代謝を上げることで、疲れにくい身体にもなることができるんです。ピラティスには魅力がたくさんありますよね!

全ての女性にピラティスはおススメできるといえます。産後、妊娠前よりも自信が持てる身体づくりをして、自慢の妻・母になりませんか?

  関連記事

カンガルーケアが危険と言われるのはなぜ?方法や効果をきちんと理解しよう

カンガルーケアという言葉をご存知ですか?母乳育児を推進する施設ではカンガルーケア …

産後の体調不良の原因や対処法!どんな体調不良がおきるのかについての詳細

出産は女性にとって最も大きなイベントであり、なおかつ感動的な瞬間だといわれていま …

予定日を過ぎても陣痛がこない!なかなか陣痛がこない原因や陣痛がきやすくするための対策とは?

出産が近づいてくるとお産のことが気になってきますよね。もう少しで赤ちゃんに会える …

微弱陣痛って危険なの?原因や症状、対処法が知りたい!

出産が近づくと、陣痛がおこります。陣痛は、「前駆陣痛」「本陣痛」「後陣痛」と段階 …

出産後の身体の回復は大丈夫?子宮復古不全について知っておこう

お腹の赤ちゃんの成長に伴って大きくなった子宮は、出産して胎盤を排出すると、産後6 …

帝王切開で臓器癒着がおこることも!原因とリスクを知っておこう

帝王切開とは、自然分娩が難しいと診断された時に、ママの腹部と子宮を切開して、赤ち …

産後に感じる目の疲れの原因は?おすすめの食材や対処法も!

特に目を酷使したわけではなくても産後に目の疲れを感じることがあります。目の奥がジ …

出産後は母子同室の方がいい?そのメリットとデメリットとは?

妊娠がわかって出産する病院を探すときのポイントの一つに、「母子同室かどうか」があ …

産後に白髪で悩むママが多いって本当?対処法や予防法は?

産後のママに多い髪のトラブルと聞くと、抜け毛を連想する人が多いのではないでしょう …

産後の会陰切開の痛みって、いつまで続くの?

普通分娩で出産する場合、ほとんどのママが「会陰切開」を経験します。プレママ向けの …