ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

産後の食事はとっても大事!必要な栄養素や気をつけるべき食べ物とは?

   

出産は、女性にとって大仕事です。体型を戻したり等を意識するので、母乳にする場合も、そうでない場合も、妊娠中よりも食事に気を使いたいですよね。

里帰りをする場合には、おばあちゃんが食事の用意を手伝ってくれたりすると思いますが、里帰りをしない場合は自分でやらなければなりません。

しかし、産後は身体や子宮の回復の他、赤ちゃんのお世話で家事どころではないかもしれません。今回は、産後の食事についてまとめていきたいと思います。

産後の身体はどういう状態になってるの?

産後の例えで「産後は交通事故に合ったのと同じダメージ」というのを聞いたことがありませんか?

出産とは、骨盤を開いて、赤ちゃんが出てきます。想像できますか?骨が動くんです。そして、出産したら終わりではありません。「後陣痛」「会陰切開の痛み」「浮腫み」などトラブルが出てきます。

出産時のいきみにより全身の筋肉痛がある場合があります。そのため、産後はゆっくり休まないと後に響くといわれているんです。里帰りが出来る場合には、おばぁちゃんにたっぷり甘えてしまいましょう。

上の子がいたり、ご実家が離れていて里帰りを選択されない場合には、あまり無理をしないようにしましょう。

産後に摂取したい食事での栄養素やオススメの食べ物は?

母乳育児中は、喉も乾くし、お腹もすきます。栄養が赤ちゃんにいくために仕方がないことです。厚生労働省は、350㎉多く摂取することを推奨しているほどです。しかし、何を食べてもいいとは限りません。

母乳育児をしている場合には、脂ものや甘いものなどを摂るとおっぱいが詰まって乳腺炎になってしまう人もいます(個人差があります)

ダイエットしたいから、とりあえずフルーツだけ…というのは、よくありません。そこで重要になるのが「栄養バランス」です。「まごわやさしいこ」というのをきいたことがありますか?

ま・豆類の事です。マグネシウム・タンパク質
ご・ゴマ、ナッツ類。不飽和脂肪酸・ビタミンE
わ・ワカメ、昆布やのり等の海藻類。ヨード、カルシウム
や・野菜のこと。特に根菜は身体を温めてくれます。ベータカロチン、ビタミンC
さ・魚のこと。タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛
し・シイタケなどのキノコ類のこと。多糖類、食物繊維
い・イモ類のこと。食物繊維、炭水化物
こ・米

「まごわやさしいこ」は、産後だけではなく、ダイエットを意識するときにもおススメです。

産後は避けておきたい食材などある?

産後に限らず、妊活中・妊娠中にも身体を冷やすものはあまりおススメできません。しかし、完全に食べないということではなくて「控える」「適度に」というのが大事です。

産後、大仕事を終えた後にも”我慢”が多いのも辛いものがあります。

母乳育児中は、甘いものや油ものを少しでも摂ってしまうと、すぐに乳腺炎になってしまう…という方は、辛い思いをしてしまうので、控えた方がいいですが、今はオーガニック食品などで、チョコによく似た味の物などもありますし、色々工夫してみるのもいいと思います。

冷えるものを食べるときには、着るもので調節したりしたりなど、少しの工夫で、ストレスがたまらないようにしていくといいでしょう。

一般的に産後に控えた方がいい食べ物は、玄米やもち米、カフェインやジュース、生魚や卵などです。母乳によって赤ちゃんの湿疹が悪化する場合もあるので、意識するといいでしょう。

産後の食生活で心がけたいポイントは?

産後の食生活では「和食」を心がけるといいとされています。「まごわやさしいこ」を参考にすると、和食がおおくなると思います。しかし、洋食が食べたい!という時には、野菜をたくさん使った「ラタトゥイユ」や「ポトフ」などが、おススメです。

貝類やキノコ、野菜も摂取出来る「アクアパッツァ」もおススメです。どれも「入れるだけ」料理なので産後疲れている時にも簡単に作れてしまいます。

そして、大量に作って冷凍しておいたり、産前に野菜を小分けに冷凍しておくと作るのも楽になります。入院中のパパの食事にも便利ですし、産後「今日は作りたくない…」という気分の時にも冷凍ストックがあると気持ちも楽になります。

里帰り中も、今日は料理がつくりたい!なんていう日にも冷凍しておくと、気軽に作れるので、ストレスの発散にもなるのでおススメです。

産後の多忙な日々を美味しいごはんを食べて発散しよう

産後、ママは身体と子宮の回復に努めるほかに、育児のストレスや不安でメンタルも不安定になります。「食事も作れない」という方も多いと思います。

そのような場合には、栄養満点の宅配のお弁当もありますので、パパに協力してもらいながら、そういうサポートを受けるのもいいですよね。

食べる事も、時には作ることもストレスの発散となります。これから出産される方は、想像している以上に産後は身体と心が疲れる日がくるとおもいます。そのための準備を産前にしておくといいかもしれませんね。

  関連記事

後陣痛はいつまで続くの?和らげる方法はあるの?

長い陣痛を乗り越えて、可愛い我が子と対面した喜びは、格別のことだったはずです。で …

妊婦さんにもメンタルケアは必須?その理由やおもな対処法とは?

産婦さんに対し、“マタニティーブルー”という言葉をよく耳にすることがあるかと思い …

効果絶大!?陣痛を促すため役立つ方法をまとめました!

出産予定日を過ぎてもなかなか陣痛が来ない・・・と不安になるママも多いことでしょう …

初めてのお産!気になる分娩時間ってどれくらい?

分娩時間とは基本的に「規則的な痛みを感じたとき~出産まで」を指します。陣痛が始ま …

初産婦・経産婦の違いを比較!高齢初産の帝王切開のリスクも。

これまで出産したことがない人にとって、分娩時の痛みはどうしても不安に感じてしまう …

カンガルーケアが危険と言われるのはなぜ?方法や効果をきちんと理解しよう

カンガルーケアという言葉をご存知ですか?母乳育児を推進する施設ではカンガルーケア …

うっ滞性乳腺炎とは明らかに違う!急性化膿性乳腺炎のこと

母乳育児をしているママは、常に乳腺炎になるリスクを抱えています。乳腺炎には、「う …

出産後に義母が手伝ってあげると言い出した…。うまく対処する方法はない?

最近は一人っ子が増えていることもあり、出産後のお産扱いを買って出る義母も少なくな …

「産後ケアセンター」ではどんなことが出来るの?利用方法や内容をお教えします

これから赤ちゃんを産むプレママさんや出産直後で他のママさんの話を聞いて、「産後ケ …

子宮口が柔らかい、硬いの基準は何?柔らかくする方法はあるの?

妊娠後期になると、妊婦健診の頻度が多くなります。また、臨月に入るあたりから、内診 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss