ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

年子育児にするメリット・デメリット!子育てのポイントや注意点

   

できるだけ短期間に集中して育児を行いたいという方から検討されているのが「年子育児」です。学年続きの年子を育てたいと思っているのであれば、年子育児を行ってみましょう。

もちろん、妊娠は確率も関わってくるものなので、いくら希望していたとしても必ず年子育児ができるとは限りません。

しかし、無計画に年子育児状態になると困ることも多いようなので、年子育児のメリットだけでなく、デメリットについてもチェックしてみてくださいね。

子育てのポイントや、下の子が生まれるまでにやっておきたいことなどについてもご紹介します。

年子育児のメリット・デメリット

1人目の赤ちゃんが生まれた翌年の、12月31日までの間に2人目が生まれたら年子ということになります。生まれた月は関係ありません

「1人でもお世話が大変なのに立て続けに2人も生まれたら更に大変になるのでは…」という方もいれば、「何年か間を空けて生むよりもまとめて子育てを終わらせたい!」という方もいるでしょう。

具体的には次のようなメリット・デメリットがあげられます。

メリット

  • 2人目には1人目のお下がりが利用できる
  • 兄弟で遊ぶ時間が長くなるのでママの負担が減る
  • 学校の送り迎えなどが一度で済む
  • 上の子の赤ちゃんがえりがおきにくい

メリットとしてお下がりをあげましたが、「お兄ちゃん・お姉ちゃんのお下がりばかり…」と不満を抱える下の子も多いです。

それから、幼い赤ちゃんを2人育てるのは大変ですが、子育てが一段落する時期も近いため、ママの負担が一気に減るというのも魅力ですね。

また、上の子がある程度大きくなってから2人目が生まれると、1人目が赤ちゃん返りをしてしまうことがあります。これに悩んでいるママが非常に多いのですが、年子の場合は赤ちゃん返りしにくいというのが大きなメリットです。

年が近いと一緒に遊ぶ機会も多いため、兄弟仲がよくなりやすいのもうれしいですね。

デメリット

  • 2人同時に世話しなければならない
  • 2人分の荷物を持ったお出かけが大変
  • 1人目が歩き出したりすると目が行き届かない
  • 経済的負担が大きくなる心配がある

年子育児をする際に特に注意しなければならないのが、経済的負担に関することです。おむつはかなりの数を購入しなければなりませんし、ミルクや離乳食についても考える必要があります。

1人目が小学校に入学し、その翌年にはまた2人目が入学する形になるわけなので、教育費もかさむでしょう。

年子育児での子育てポイント

子どもが小さいうち、年子で特に大変なのが1人の面倒を見ているうちに、もう1人のことまで目が届かなくなるということ。

例えば、公園などに出かけた際、下の子にかまっている間に上の子が道路に飛び出してしまったという事故もあります。

2人の小さな子どもを確実に1人で見るのは大変なことなので、ハーネスを使うことも検討してみましょう。迷子ひもとも呼ばれていますが、「まるで犬の散歩のように見える…」という方も多く、賛否両論です。

しかし、実際のところをママ1人で2人を確実に見ることができないと感じているのならば、万が一の事故を防ぐためにもハーネスは役立ってくれるでしょう。

確かにハーネスに対して良い印象を持っていない方もいるため、周りの目も気になるかもしれませんが、ハーネスがあったからこそ防げた事故というのもたくさんあるのです

それから、ある程度大きくなればそれほど心配はなくなるのですが、子どもが小さいうちはどちらもママを独り占めしたい取り合いになることがあります。これを防ぐためには2人同時に接するのが理想的です。

これが難しい場合はじゅんばんこ制度を取り入れましょう。この時に常に下の子を優先させると上の子の不満がたまりやすいため、じゅんばんこの優先順位は毎回交代にすると不満もなくなります。

手のかかる子が2人いるとママやパパのストレスがたまりやすくなるので、こちらも注意しなければなりません。様々な対策を取ってみましょう。

例えば、離乳食を食べている最中に、ボロボロこぼしたりするとついイライラしてしまうかもしれません。

でも汚れてもいいように、あらかじめ食べこぼしエプロンをセットし、床には新聞紙を広げておけば、こぼしたことに対し、腹を立てることも減りますよね。

それから、お金に関する準備と節約をしっかり行いましょう。「子どもが可愛いから大変な子育ても我慢できた…でもお金の問題がどうしても…」という方が多いです。

年子の場合、間を空けて育てるよりも立て続けに大きな出費が発生することも多いので、計画性をもって教育費を用意しておく必要があります

下の子が生まれるまでにやっておきたいこと

年子育児を計画しているのであれば、2人目が生まれる前に1人目の子どもに思いっきり優しくしてあげましょう。いくら2人目が生まれた時にまだ1人目は1歳だとしても、ママを取られたという感情はあります。

赤ちゃんが2人になると気軽に出かけられない場所もあるので、そういったところに出かけておくのも良いですね。

服類などは1人目のお下がりで問題ないケースがほとんどですが、時期によって1人目は必要なかったものの2人目には必要になるものもあるので、そういったものもしっかり確認しておきましょう。

それから、近年はベビーベッドをレンタルで済ませることも多いのですが、レンタル期間が決められていてすでに返却済みの場合、再度借りることについても考えておかなければなりません。

周りの強力が必須

子どもが小さいうちは旦那さんがしっかりサポートしてくれたものの、ある程度大きくなったらそうではなくなった…という家庭も多いようです。

ですが、年子の場合は2人目が生まれた際にはすでに1人目のお世話をした自信もついているので、旦那さんも積極的に育児に参加してくれるケースが多いです。

小さな子どもを2人も育てるのは大変なことなので、年子育児の場合は周りのサポートが必須になるといえるでしょう。

ママ1人で接しているとどうしても疲れてしまうので、旦那さんや親・兄弟にも協力してもらいながら、子育てに取り組んでみてくださいね

  関連記事

母乳育児ママ必見!授乳トラブルを防いでくれる「ラッチオン」のこと、知っていますか?

初めての母乳育児は、ママも赤ちゃんも手探り状態で大変ですよね。「なかなか上手に吸 …

おしるしが続く原因は?続いたら異常?注意するべき点について

おしるしは出産直前に現れる兆候だと言われていますが、しばらく続いてしまうと不安が …

産気づくとは、どんな状態?気づいたときの対処法とは?

初めての出産を控えているママの中には、妊婦さん向けの情報誌やウェブサイトの中に、 …

ママや女性必見!末端冷え性の原因と改善法とは?

体温が低くなくても、また体全体は寒いと感じていなくても手や足の指先がまるで氷のよ …

プレママに急増中!?周囲がウンザリするマタニティハイのこと

最近、「マタニティハイ」という言葉を見聞きすることが増えています。これは、決して …

産後の痔、みんなはどうしている?症状と治療法のこと

妊娠や出産をきっかけに、痔持ちになってしまうママは、案外たくさんいます。ですが、 …

「産後ケアセンター」ではどんなことが出来るの?利用方法や内容をお教えします

これから赤ちゃんを産むプレママさんや出産直後で他のママさんの話を聞いて、「産後ケ …

立ち会い出産するなら、パパの気持ちを一緒に盛り上げよう!

我が子の誕生の場面には、パパに立ち会ってほしいと考えるママは多いはずです。ですが …

帝王切開すると悪露の量が変化する?期間は長く続くの?

帝王切開でも自然分娩でも、出産を終えたママは必ず、悪露をみます。悪露とは、胎盤の …

厄年に出産すると厄落としになるって本当?前厄・本厄・後厄で違う?

現代の若い世代は、それほど厄年にこだわってはいないように見受けられます。ですが、 …