ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

話題の臍帯血保存。その保存の理由やメリット・デメリットについてまとめ

   

ここ数年で世間に広く認知されることとなった臍帯血。テレビCMなどで見かけたり、妊娠・出産を経験したことある人は、産婦人科などで臍帯血に関するパンフレットを見かけたりしたことがあるかもしれません。ですが、臍帯血とはいったい何なのかをはっきり答えられる自信がない人も多い事でしょう。

そして、その言葉の意味すらまったく知らない人もいることでしょう。それは、臍帯血というものについて考える機会が、妊娠中に限られるものだからかもしれません。

ですが、妊娠中は準備することも多く、あっという間に過ぎてしまいます。将来妊娠を希望する人は、今のうちからゆっくり考えておいてもいい問題なのです。

臍帯血とはいったいどういうものなのか、一緒に考えてみましょう。

臍帯血ってなに?

公的利用と私的利用の2種類ある

臍帯血とは、妊娠時に母体と胎児を繋ぐへその緒の中に含まれる血液です。難治性血液疾患の治療に有効活用できることから、近年注目を浴びることとなっています。

お察しの通り、へその緒の中に含まれる血液ということは、赤ちゃんを出産する時にしか出会うことのない血液でもあるのです。よって臍帯血を採血できるのは、出産後のみのワンチャンスになるのです。

そういうことから、臍帯血を保存するかしないかは事前に決定しておくことが必要不可欠です。保存することを決めた際は、事前にお医者さんや助産師さんに相談しておかなくてはなりません。

そして、採血された臍帯血は保存する目的によって預ける場所も変わってきます。わが子の将来の病気ために備え、治療に活用することを目的とするなら「私的利用」とされ、民間の臍帯血バンクに保管をお願いすることになります。

また、第3者の方の病気の治療のために臍帯血を無償で提供することもできます。こちらは、「公的利用」とされ、公的な臍帯血バンクに提供することになります。

臍帯血、そのちからは?

臍帯血は有能な血液

臍帯血は、赤血球や白血球・血小板などの血液のもととなる造血幹細胞というものが多く含まれている血液です。

臍帯血の造血幹細胞は、造血能力に優れていることから、白血病・悪性リンパ腫・再生不良性貧血などといった血液の病気の治療に有効活用することができる大事な血液なのです。

なお、近年では血液疾患の治療だけにとどまらず、脳性麻痺などの脳障害の病気や、免疫疾患などの病気の治療にも有効活用される研究が進んでいます。それ以外でもいろいろな病気の治療の場面に活用される可能性を含む血液であることがわかっています。日々の医療の進歩によって治療の幅が広がる可能性を期待できる血液でもあるのです。

また、臍帯血に含まれる造血幹細胞の細胞はとても若い細胞でもあることから、繁殖する能力や適合能力の高い細胞です。そのため、ドナーと患者さんの型が完全に一致しなくても移植することが可能だと言われるほどです。

保存することのメリットは?

私的利用の場合

わが子に臍帯血を使うことを目的とする私的利用なら、将来の万が一の病に備えることができるということが、何よりのメリットです。また、将来の治療に備えるものなので、保管期間は10年20年と数十年単位になります。保管している期間に、医学が日々進歩し、臍帯血を治療に使える病気が増えることを期待できるのもメリットと言えるでしょう。

そして、将来病気になり治療が必要となった際、自分自身の臍帯血を治療に使えることになるので、適合する、しないの心配がいりません。また、兄妹にも利用できる可能性があることも大きなメリットです。

公的利用の場合

公的利用で保管するなら、預けられる臍帯血の種類が多ければ多いほど、たくさんのドナーに提供することができます。提供された臍帯血の数だけ、それだけ豊富な種類の型があることにもなります。豊富な種類の臍帯血は今後の臍帯血の研究にも大きく利用されることになり、医療の進歩に貢献することにもなるのです。

保存することにデメリットはあるの?

私的利用の場合

公的利用で臍帯血を預けるのであれば、無償で提供することになりますので、費用は一切かかりません。ですが、私的利用を目的とする保管なら、費用がかかってしまいます。保管する期間などによって多少の料金の違いはあるでしょうが、だいたい初期費用と保管料を合わせて20万あたりが相場となっているようです。

費用がかかるうえに、しかも高額であることがデメリットと言わざるを得ません。しかも、将来利用するかどうかも定かではないものです。利用がはっきりしないものにこれだけの費用をかけるかかけないか、判断に悩むこともデメリットでしょう。

公的利用の場合

病気で治療が必要な人のために無償で提供されるものです。それだけでとても有意義な事なので、デメリットがあるとはいえません。強いて言うなら、将来わが子がもし病気になったとしても、自分が預けた臍帯血を利用することはできないということです。

臍帯血採取のタイミングはお産の時だけ

臍帯血を採取できるのは、お産の後のたった1回だけです。実に貴重なワンチャンスであるうえに、将来の病気に備えることができる、大変貴重な血液です

ですが、将来利用するしないの決定が定かでないものに、高額な費用をかけるべきかどうか、非常に判断に悩むことも事実です。夫婦間で事前にしっかり話し合いをしておくことが必要不可欠です。

採取できる時期、タイミングどれも1回のみのチャンスしかないのです。後々、後悔することのないようにしっかり自分たちで臍帯血の意義を考えて決めておくことが重要です。

  関連記事

出産後に義母が手伝ってあげると言い出した…。うまく対処する方法はない?

最近は一人っ子が増えていることもあり、出産後のお産扱いを買って出る義母も少なくな …

母乳育児しているのに痩せない!その原因と痩せる方法とは

出産前に増えてしまった体重も、母乳育児をすれば簡単に落ちるだろうと思っていたのに …

暑さ対策が重要な夏(6・7・8月)生まれの赤ちゃんのために用意したい出産準備品を教えて!

新生児のうちは、自分で体温を調節する機能がまだ未熟なため、環境温度の影響を受けや …

産後に続く胃痛はいつまで続くの?その対処法は?

出産して2週間を過ぎたころから、突然胃痛に悩まされるママが少なくありません。それ …

早めにチェック!秋(9・10・11月)生まれの赤ちゃんのための出産準備品

秋に生まれてくる赤ちゃんのために準備しておいたほうが良いものとは? 秋生まれの赤 …

遂に出産入院!産後の入院期間や入院生活の流れとは?

初めてのお産!退院まで、どんなふうに病院で過ごすんだろう? 自然分娩であっても、 …

出産費用をクレジットカード払いすることはできるの?

出産は病気ではありません。そのため、出産費用も全額自己負担することになります。そ …

お産までの流れとは?破水と陣痛の見分け方はどうする?

いよいよ臨月を迎えるころ、出産予定日が近づけばいつ陣痛がおこってもおかしくありま …

出産にかかる費用はどれくらい必要?産後も含めてお金が必要になる場面とは?

初めてのお産の場合、気にかかるのが出産時にどのくらいの費用が必要なのかという点で …

パパもマタニティーブルーになる!?パタニティーブルーとは?

出産して何かと忙しいときに夫の様子がいつもと違う、ということがあります。それはも …