ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

双子の出産準備は何を用意したらいいの?全て2つ用意するべき?一つでまかなえるものとは?

   

双子の誕生はお世話も2倍と大変なこともたくさんありますが、喜びも楽しみもたくさんあります。いよいよ双子の出産が近づいてくると気がかりなのは出産準備です。

必要なものは本を読んだり、母親学級で学んだことで知識はあるものの双子だからこれはどうしようか…と考えることもあるでしょう。

赤ちゃんそれぞれに必要なものと一つで二人が使うことができるものを整理して、無駄の無い出産準備するべくポイントをここでまとめます。

双子の出産準備はいつ頃から始めればいいの?

通常出産準備予定日の2ヵ月前頃から初めて徐々にそろえていき、臨月になることには入院の時の持ち物も含めて準備することが多いです。

しかし双子の出産準備は少し違います。

やはり二人の赤ちゃんがお腹にいるということは、管理入院を勧められていることを含め、予定日よりも早く生まれてきてしまう事妊娠後期に病院に検診に行った時に何かトラブルが発生し入院になってしまうこともあります。

双子出産の準備は一人出産するママよりも早めに出産準備に取り掛かる必要があります。

早めに準備をしておくことは安心材料にもつながり、早く入院することや早く出産を迎えることがあっても慌てなくて済みますので妊娠5ヵ月くらい前から少しづつ始めるとよいでしょう。

出産を迎え、入退院の際に用意しておきたいものとは?

入退院の際に用意しておきたいものは赤ちゃんの肌着と、季節に合ったツーウェイオールベビードレスアフガンおくるみ2人分必要です。

退院の時にはまだ新生児ですのでご夫婦やご両親の手を借りて抱っこした形で帰宅することになるとことが多いので赤ちゃんの物はこの程度で大丈夫です。

ママの持ち物は入院中に着替えるパジャマや、下着類母乳パットやお産パット、髪の毛が長ければ束ねるためのゴムや、歯ブラシなど、普段から使用しているものうぃ準備しておきましょう。

母乳パットやお産パット類は病院の出産セットなどで用意されている場合も多いので、何があって何がないのかを調べて必要なものだけ準備すると良いです。

それと同じく骨盤を引き締めるためのベルト類も必要があれば準備しておくと良いですし、病院が推奨しているものもありますので事前に確認しておくとよいでしょう。

1つですむものと、2つ用意するべきのは?

双子育児をするうえで1つで済むものベビーバス爪切り授乳クッション抱っこ紐は一つで足ります。

ベビーカーは二人用を準備することになると思いますので一つでよいでしょう。おもちゃも二人で兼用すればよいです。そのうち喧嘩が始まることもありますがそれもまた成長の一つです。

また考え方にもよりますが肌着洋服類、タオルなどは兼用として使用すると考えれば、それぞれの子ども用ということでたくさん準備する必要はなくなります。ベビー布団も普通の布団で代用することもできますし、ベビーベッドも必須アイテムではないのであった方がよいかなくても良いか一度よく考えてみると良いです。

二つ用意しなくてはならないものはチャイルドシート哺乳瓶食器類など同時に二人が使用しなくてはならないと考えられるものです。

特にチャイルドシートは車に乗車するときに必ず装着しなければならないと義務付けられています。

外部の施設に双子を預ける場合の荷物は2セット必要?

保育園の一時預かりなど外部の施設に双子を預ける場合の荷物は、その施設によって考え方が異なるので決まりをまもって荷物を用意する必要があります。基本的には一人の子どもにつき1セットという考え方が基本なので、2セット用意する可能性が高いことも頭に入れておいた方がよいでしょう。

また、ほかのお子さんたちと荷物が混ざったり、誰のものだかわからなくなってしまわないようにそれぞれの名前を記入しなくてはならないという手間もありますが、今後も入学入園となれば名前付けは当たり前のことなので割り切って頑張りましょう。

子どもを2人連れて、荷物も2セットとなれば一時預かりに行くのも一苦労という状況になりそうですがなるべく荷物をコンパクトにまとめることで荷物は減らすことができます。一度やってしまえば二度目からはそんなに大変に感じることはありません。

しっかりと双子準備に備えて、無駄がないよう心がけよう

双子を出産することはそれだけでも大変なことですが、準備も一人の出産よりも増え考えなくてはいけないこともあり慌ただしくなりがちです。

必要最低限のものをそろえて、足りないものは出産後に購入しても大丈夫です。

外出が厳しい時でもネットで購入できるものもたくさんあるのであまり慌てなくても間に合います。

育児用品は実際には必要がなかったと感じるようなものもありますので無駄がないように準備できることが望ましいです。

  関連記事

早期破水は前期破水とは違うの?原因とそのリスク

赤ちゃんはお腹の中にいる時、卵膜に包まれています。卵膜の中は羊水で満たされ外界か …

授乳中に赤ちゃんに影響なく産後ダイエットする方法とは?

出産前は、母乳育児をすれば簡単に痩せると思っているママが、案外いるようです。です …

陣痛促進剤の費用は人によって違う?使うケース、痛みは?

出産予定日を大幅に過ぎても陣痛がこない、弱い陣痛が続きママと赤ちゃんの負担が心配 …

うっ滞性乳腺炎とは明らかに違う!急性化膿性乳腺炎のこと

母乳育児をしているママは、常に乳腺炎になるリスクを抱えています。乳腺炎には、「う …

分娩費・出産費用が心配…仕事を休んだ・辞めた場合の手当てや制度

妊娠・出産が決まると新しい赤ちゃんの誕生に向けて心が弾みますよね。ですが、それと …

こんなハズじゃなかった!立ち会い出産で後悔しないための4つの秘訣とは

待望のわが子が誕生!その瞬間には、是非愛する旦那さんにも立ち会ってほしい、と思う …

授乳中にカレーを食べると影響が出るって本当?カレーが食べたいときの対処法は?

授乳中は、赤ちゃんによい母乳を出すために、食事に気をつけているママが多いと思いま …

子どもを産むと老いるという説は間違い?子沢山の方が寿命が長くなるって本当!?その真相とは?

子沢山の人というのは、可愛い子供たちに囲まれていて幸せそう!と思う反面、毎日育児 …

自然分娩はどんな流れで始まるの?自然分娩の方法、メリットやデメリットとは?

「自然分娩」という言葉をよく耳にしますよね。国内で最もポピュラーな分娩方法の一つ …

妊娠中や産後の授乳中に乳がん検査はできる?マンモグラフィーは?

テレビや雑誌でも乳がん検査を受ける重要性が報道されるようになり、乳がん検査を検討 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss