ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出産育児一時金は誰でももらえるの?その手続き方法は?

   

妊娠は喜ばしいことですが、妊婦健診は健康保険が適用されませんので、すべて自己負担しなければなりません。それは、出産費用も同じです。そのため、健康保険から「出産育児一時金」が支給されます。

そこで今回は、出産育児一時金とは何か、誰でももらうことができるのか、受け取る方法や手続き方法について、お話しします。

出産費用を一時立て替えするのが難しい方は、事前に手続きすることで直接支払いにしてもらうこともできるので、忘れずに申請しておきましょう

出産育児一時金って何?誰でももらえるの?

出産育児一時金とは、赤ちゃん1人につき、出産の際に42万円支給されるという制度です。双子の場合は84万円、三つ子の場合は126万円、支給されることになります。

現在の出産費用は、居住地域や分娩方法、かかっている病院によって異なりますが、普通分娩の場合、40~50万円の費用がかかるのが一般的です。それをサポートしてくれるのが、出産育児一時金なのです。

出産育児一時金を受け取るためには、次の条件を満たしている必要があります。

  • 国民健康保険あるいは健康保険に加入していること
  • 妊娠85日以上(妊娠4カ月以上)で出産していること

本人が健康保険に加入していなくても、ご主人の扶養に入っていれば支給されます。流産や早産で妊娠4カ月未満で出産した場合は、40.4万円が支給されます。

出産育児一時金の受け取り方法とは?

出産育児一時金の受け取り方法は、一度自分で出産費用を立て替えてから申請し、指定口座に振り込んでもらう方法と、健康保険組合から出産した病院に直接支払いしてもらう「直接支払制度」があります。

現在では、直接支払制度を利用する人がほとんどだそうです。その場合、事前に健康保険組合に申請しておくこと、分娩を予約した産婦人科で直接支払いに関する書類に署名・捺印しておく必要があります。ただし、請求された出産費用が出産育児一時金の金額を超えている場合は、差額を自己負担し、退院時に支払わなければなりません。

また、出産育児一時金より少ない金額しかかからなかったときには、必要書類を提出することで、差額分を受け取ることができます。しかし、指定口座に振り込みされるまでには、1~2カ月ほどかかるのが一般的です。

出産育児一時金の手続き方法は?

出産育児一時金の手続きは、ママが健康保険に加入しているか否かで異なります。

ママ自身が健康保険に加入している場合

ママが自分で健康保険に加入しているときには、勤務先の健康保険組合へ申請手続きを行います。

ママが自営業者の場合

ママが自営業で国民健康保険に加入しているときには、居住している市区町村の窓口で申請手続きを行ってください。

パパの扶養家族になっている場合

また、ママがパパの扶養家族になっているときは、パパが加入している健康保険へ申請手続きを行うことになります。

パパが自営業でママが専業主婦の場合

ママが専業主婦で、パパが自営業の場合は、居住している市区町村の窓口で申請手続きを行うことになります。

直接支払制度を利用したい場合は、出産前、妊娠中に手続きを済ませておきましょう。出産費用の一時立て替えをするつもりなら、出産後に申請しても支給を受けることができます。

出産費貸付制度も活用しよう!

出産育児一時金は、分娩費用をカバーするのに有効です。ですが、妊娠中は分娩費用以外にも、妊婦健診などで自己負担が多く、その費用もバカになりません。そのため、ゆくゆくは支給される出産育児一時金を担保に、その一部を借りることができます。

出産費貸付制度」と呼ばれる制度を利用できるのは、出産予定日まで1カ月以内の人、あるいは出産予定日まで1カ月以内の被扶養者がいる人で、医療機関に一時的に支払いをしなければならない人に限ります

最大で33万円まで借り入れすることができるので、困ったときには健康保険組合に問い合わせてみましょう。返済分は、出産育児一時金から差し引かれます。

  関連記事

産後にとりたい栄養素と、おすすめの食材について教えて!

産後のママは、自分の体力を回復するだけでなく、赤ちゃんのお世話や授乳に追われるこ …

産後の腹痛は心配ないの?子宮収縮の痛みと原因とは?子宮収縮の進み方と注意が必要な状態を知ろう

長く辛い陣痛を乗り越えて、待望の赤ちゃんと対面した時の喜びは、何にも代えがたいも …

生まれたての赤ちゃんと一緒に過ごすべき?母子同室のメリットとは?

妊娠して分娩する産院をどこにしようかと探した時、その病院が母子同室か別室かは気に …

予定日を過ぎても陣痛がこない!なかなか陣痛がこない原因や陣痛がきやすくするための対策とは?

出産が近づいてくるとお産のことが気になってきますよね。もう少しで赤ちゃんに会える …

乳首にできた白いニキビは乳口炎かも!?その原因と対処法は?

母乳育児をしていると、乳首に痛みを感じることもあるでしょう。母乳育児を行うママに …

意外と知らない経産婦と初産婦の違いとは?分娩時間や痛みの感じ方にも違いがあるの?

妊娠していることが分かると嬉しい反面、出産までの過ごし方や出産日当日について様々 …

産後に記憶力が一時的に低下する、マミーブレインについて

みなさんは、「マミーブレイン」という言葉を知っていますか?出産後の女性がボーッと …

母乳育児しているのに痩せない!その原因と痩せる方法とは

出産前に増えてしまった体重も、母乳育児をすれば簡単に落ちるだろうと思っていたのに …

「産後ケアセンター」ではどんなことが出来るの?利用方法や内容をお教えします

これから赤ちゃんを産むプレママさんや出産直後で他のママさんの話を聞いて、「産後ケ …

乳首が短くても、母乳はあげられるの?よい授乳方法はある?

いざ母乳を与えようとした時に、自分の乳首が短いことに気が付くママが多いようです。 …