ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出産育児一時金は誰でももらえるの?その手続き方法は?

   

妊娠は喜ばしいことですが、妊婦健診は健康保険が適用されませんので、すべて自己負担しなければなりません。それは、出産費用も同じです。そのため、健康保険から「出産育児一時金」が支給されます。

そこで今回は、出産育児一時金とは何か、誰でももらうことができるのか、受け取る方法や手続き方法について、お話しします。

出産費用を一時立て替えするのが難しい方は、事前に手続きすることで直接支払いにしてもらうこともできるので、忘れずに申請しておきましょう

出産育児一時金って何?誰でももらえるの?

出産育児一時金とは、赤ちゃん1人につき、出産の際に42万円支給されるという制度です。双子の場合は84万円、三つ子の場合は126万円、支給されることになります。

現在の出産費用は、居住地域や分娩方法、かかっている病院によって異なりますが、普通分娩の場合、40~50万円の費用がかかるのが一般的です。それをサポートしてくれるのが、出産育児一時金なのです。

出産育児一時金を受け取るためには、次の条件を満たしている必要があります。

  • 国民健康保険あるいは健康保険に加入していること
  • 妊娠85日以上(妊娠4カ月以上)で出産していること

本人が健康保険に加入していなくても、ご主人の扶養に入っていれば支給されます。流産や早産で妊娠4カ月未満で出産した場合は、40.4万円が支給されます。

出産育児一時金の受け取り方法とは?

出産育児一時金の受け取り方法は、一度自分で出産費用を立て替えてから申請し、指定口座に振り込んでもらう方法と、健康保険組合から出産した病院に直接支払いしてもらう「直接支払制度」があります。

現在では、直接支払制度を利用する人がほとんどだそうです。その場合、事前に健康保険組合に申請しておくこと、分娩を予約した産婦人科で直接支払いに関する書類に署名・捺印しておく必要があります。ただし、請求された出産費用が出産育児一時金の金額を超えている場合は、差額を自己負担し、退院時に支払わなければなりません。

また、出産育児一時金より少ない金額しかかからなかったときには、必要書類を提出することで、差額分を受け取ることができます。しかし、指定口座に振り込みされるまでには、1~2カ月ほどかかるのが一般的です。

出産育児一時金の手続き方法は?

出産育児一時金の手続きは、ママが健康保険に加入しているか否かで異なります。

ママ自身が健康保険に加入している場合

ママが自分で健康保険に加入しているときには、勤務先の健康保険組合へ申請手続きを行います。

ママが自営業者の場合

ママが自営業で国民健康保険に加入しているときには、居住している市区町村の窓口で申請手続きを行ってください。

パパの扶養家族になっている場合

また、ママがパパの扶養家族になっているときは、パパが加入している健康保険へ申請手続きを行うことになります。

パパが自営業でママが専業主婦の場合

ママが専業主婦で、パパが自営業の場合は、居住している市区町村の窓口で申請手続きを行うことになります。

直接支払制度を利用したい場合は、出産前、妊娠中に手続きを済ませておきましょう。出産費用の一時立て替えをするつもりなら、出産後に申請しても支給を受けることができます。

出産費貸付制度も活用しよう!

出産育児一時金は、分娩費用をカバーするのに有効です。ですが、妊娠中は分娩費用以外にも、妊婦健診などで自己負担が多く、その費用もバカになりません。そのため、ゆくゆくは支給される出産育児一時金を担保に、その一部を借りることができます。

出産費貸付制度」と呼ばれる制度を利用できるのは、出産予定日まで1カ月以内の人、あるいは出産予定日まで1カ月以内の被扶養者がいる人で、医療機関に一時的に支払いをしなければならない人に限ります

最大で33万円まで借り入れすることができるので、困ったときには健康保険組合に問い合わせてみましょう。返済分は、出産育児一時金から差し引かれます。

  関連記事

帝王切開すると悪露の量が変化する?期間は長く続くの?

帝王切開でも自然分娩でも、出産を終えたママは必ず、悪露をみます。悪露とは、胎盤の …

あると助かる!出産時に便利なグッズを揃えておこう

出産を迎える前にはクリニックなどから、持ち物を提示されます。そのためこの段階で入 …

バースプランって何?バースプランの書き方や注意した方がいいこととは?

出産を控えているママは「バースプラン」という言葉を耳にしたことがあるかもしれませ …

少しでも痛くない出産がしたい!!そんな方に知ってもらいたいリーブ法のやり方やメリットをご紹介します

妊娠中のママが不安に感じてしまうのが「出産の痛み」ですよね。初めて出産を経験する …

出産前の浣腸は絶対しなければならないの?その理由は?

出産前には、剃毛や導尿、点滴、分娩監視装置の装着など、様々な医療措置が行われるも …

気づきにくいために感染のリスクが高い、高位破水について知っておこう!

破水と聞くと、「パチンという音や衝撃がある」「大量に羊水が出る」と思い込んでいる …

出産という未知の不安…でも赤ちゃんが支えてくれる

出産に対するイメージは痛いとか辛いとかネガティブなものもあり、その痛みはどんなも …

帝王切開を行った後はどんな風に過ごすべき?気になる痛みや、日常生活は送ることが出来る?

自然分娩を行うことが難しいと考えられた場合に行われる出産方法が帝王切開です。 前 …

胎児仮死とも呼ばれる「胎児ジストレス」の原因や予防法を教えて!

胎児仮死とは、お産の途中で赤ちゃんに十分に酸素が届かなくなり、血液が酸性になる酸 …

一人目と二人目の出産には違いがある?二人目育児のポイントとは?

二人目の出産は経験がある分、一人目より余裕を持てると感じているママが多いのではな …