ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

里帰り出産を行う前に必要な準備や確認しておくべき項目とは?

   

里帰り出産を行う際には必要な準備がたくさんあるのをみなさんご存知でしょうか。昨今ではお産をしたママのうち、およそ半数以上が「里帰り出産を選んだ」というデータもあります。

出産は不安でいっぱいだから実家の近くでお産を迎えたい!」そう考えて里帰り出産を選択するママは多いようです。

しかし里帰り出産にも疑問や不安はたくさんありますよね。そこで今回は、里帰り出産に向けての準備に向けて、検診費用助成や転院の方法、タイミングについてなど、についてお話ししていきましょう。

そもそも里帰り出産とは?

ママが一時的にいま住んでいる地域を離れて実家へ帰省し、実家の近くの病院で出産することを“里帰り出産”と言います。出産はママにとって不安なことだらけです。気ごころを許している実家のご家族に助けてもらうことで、リラックスして出産に望むことができます。

また突然陣痛が来た際には、側に助けてくれる人がいるだけで安心できますし、赤ちゃんが生まれてからも生活面で負担を担ってくれる実家の家族がいれば、体力的にも精神的にも大きな支えになります。

時期についてはだいたい、妊娠30週頃から里帰りの準備をするママが多いようです。遅くても妊娠34週までには里帰りをして、出産する予定の病院で受診しておいた方が良いでしょう。妊娠34週くらいになると、いつ生まれてもおかしくない状態です。

またお腹が大きくなればなるほど移動するのも大変になります。そのため里帰り出産を行う際には、なるべく早めに帰省することをおすすめします。まずは安心してお産に望むためにも、事前に里帰り出産の準備を行っておきましょう。

転院の方法・タイミングについて

実家の近くの病院でお産しよう!と決めたら、まず何をするべきなのでしょうか?第一に行うべきは、里帰り出産を希望している旨をかかりつけの医師に伝える事です。また実家近くにお産を扱っている病院があるかを確認しておく事も重要といえるでしょう。

かかりつけの医師に紹介状を書いてもらうことや、妊娠の経過を転院先に伝えてもらうために、「里帰りのため、いつ頃に、どこの病院に転院したい」という意思を伝えておきましょう。

転院のタイミングについてですが、これはママの状況やコンディションと相談してみてください。一般的にはおおよそ9ヶ月頃に里帰りすると良いと言われているようです。しかし実家まで長距離の移動が必要な場合や妊娠の経過など、状況によってケースバイケースです。

ママと赤ちゃんの健康を第一に、パパや医師と相談してベストな時期を選びましょう

妊婦健診費用の助成について

妊婦健診費用助成とは、妊婦健診にかかるお金を助成してくれる制度です。金額は住んでいる地域の自治体によって異なりますが、基本的に健康保険の対象外となってしまう妊娠・出産の費用を軽減できるという事で、パパ・ママにはありがたい制度ですよね。

妊婦健診補助券を有効活用!自己負担額を減らすコツとは?

里帰り出産をするということは、住んでいる地域の市区町村以外の病院で検診や出産を行うということなので、その際にかかる費用は自己負担となってしまいます。

多くの場合、里帰り出産で負担した費用は申請すれば払い戻しをしてもらえますが、申請が可能な条件や助成額の上限など、自治体によって異なることがあります。

そのためご自身が住んでいる市区町村にどのような助成があるのか、前もって確認しておくことが大切です。

里帰り出産に向けて準備しておきたいもの

では実際に里帰り出産をする際、実家にある自分の部屋が物置状態になっている方も多いのではないでしょうか。退院後、実家に帰ってくるのはママだけではありません。里帰り出産はもちろん赤ちゃんも一緒に帰省します。

そこで確認すべきことは、帰ってきたママと赤ちゃんがどの部屋で過ごすのか赤ちゃんを迎える準備はどの程度してもらえるのか、など前もって打ち合わせをしておきましょう。

そして里帰り出産をする際には、準備しておくべき荷物についても確認しておく必要があります。

実際に里帰り出産を行う際、必要な荷物を以下にて確認しておきましょう。

  • ベビー布団
  • 赤ちゃんの服
  • おむつ
  • 赤ちゃんのお風呂セット
  • 赤ちゃんの爪切り、綿棒など

これらは赤ちゃんの生活に必要な最低限のグッズですね。母乳の出によっては、哺乳瓶やミルク、また車移動がある場合チャイルドシートも必要です。

そして赤ちゃんと一緒に帰るとなると、世代ごとに子育ての価値観に相違がうまれることがあります。そのため里帰り出産をするときは親世代のママやパパに現代の妊娠・出産事情を理解してもらうことも重要となるでしょう。

里帰り出産をする実家へ事前に確認しておくこと

里帰り出産を行う際には上記で紹介した準備しておきたい物のほかに、移動距離や里帰り先での環境に関する事前確認や理解が必要になります。

移動手段を行う際の事前準備

里帰りの際には、どのような手段で移動するのかも考慮しておくべき大切な点です。飛行機で移動する際は事前に医師へ相談しましょう。飛行機の搭乗の際には出産予定日の28日前からは医師の診断書が必要になるため、準備をしておく必要があります。

里帰り先の両親に対する子育てのジェネレーションギャップの理解

さらに昔は赤ちゃんに良いと言われていたことが現在ではよくないことになっているなど、子育てのジェネレーションギャップは思わぬトラブルの種にもなりかねません。そのため赤ちゃんの扱い方に関しては、事前に確認しておきたいところですね。

その一つとしてあげられるのは、母乳に関する考え方の違いです。昔は母乳に比べてミルクは栄養があると考えられていたため、主にミルクを与えていた親世代のママたちも多かったようです。

しかし今は赤ちゃんにとって母乳が大切だと言われるようになり、母乳育児をするママが多くなりました。もちろん個人によって母乳が出にくいなどの差があるため、ミルク育児やミルク混合での育児を行う人もいます。

このような考え方の違いがぶつかると、里帰りして体を休めるつもりだったのにストレスがたまってイライラしてしまうということもありますので、事前に伝えておきましょう

祖父母も同居している場合

また祖父母が同居している時は、もうひと世代のジェネレーションギャップが生じ、さらなる問題にぶつかることもあります

抱き癖をつけないために抱っこはしない方がいいという考え方もあれば、最近では赤ちゃんの心の成長のために抱くことが大切だという意見もあります。それぞれの世代で考え方が異なる時に、祖父母の言動にイライラしてしまうこともあるでしょう。

ですから、どんな子育てをしたいか事前に祖父母にも伝えておくことが大切です。

お互いが理解しあい、気持ちよく赤ちゃんとの生活をスタートさせるためにも、最新の赤ちゃん事情を勉強してもらっておくと良いでしょう。

今の子育て事情をわかってほしい!おじいちゃん、おばあちゃん向けに発行された「祖父母手帳」って知ってる?

安心して里帰り出産が行えるように事前準備に備えておこう

最後に里帰り出産でママと赤ちゃんが家を空けている間、一人で過ごすことになるパパへのフォローも忘れないようにしてください。赤ちゃんの誕生を楽しみに待つ気持ちはパパも同じです。

里帰り中いつも側にいることができないパパが父親としての自覚を持てるようにするには、妊娠中からのコミュニケーションが大切になってきます。

そこで妊婦の時期には胎動を一緒に感じてもらい、里帰りする前にはママの口から直接パパのことも大切に思っている旨を伝えてみましょう。パパもきっと喜び、離れていてもママを支えようという気持ちが強くなることでしょう。

出産後はママと赤ちゃんの経過や状態を知らせることや、内祝いやお祝い返しの相談など、こまめに連絡を入れることも大切ですね。

連絡を取る際にはパパの話もちゃんと聞いてあげて、夫婦の会話も意識することで、我が家に戻り3人家族として新しい生活をスタートする際にも、夫婦で協力しながら子育てを楽しむことができるでしょう。

  関連記事

蕁麻疹の原因はアレルギーだけじゃない!?産後におこる痒みと蕁麻疹の原因は?

蕁麻疹と言えばアレルギー症状の一種として知られていますが、意外とみじかなようで知 …

里帰り出産にはメリット・デメリットがある?気になるその実態とは?

初めての妊娠・出産。その際に迷ってしまうのが、「里帰り出産をしたほうが良いのか? …

産後のグリーンスムージーダイエットはおすすめ?その効果や作り方が知りたい!

いま流行のダイエット方法に、「グリーンスムージーダイエット」があります。インター …

イライラが止まらない!上の子可愛くない症候群の心理、解決策とは

家族がまた一人増えて幸せいっぱい!といいたいところに何とも言えない負の感情「何だ …

授乳中に風邪を引いてしまったママ必見!風邪薬は飲める?予防はどうしたらいい?

授乳中に風邪を引いてしまった。こんな時もありますよね。ママが食べる栄養はそのまま …

秋生まれの赤ちゃんの服の着せ方とは?だんだんと寒くなっていく季節に何を用意すべき?

秋に赤ちゃんを出産するママにとって、肌着や衣類をどの程度用意すべきか、悩ましい問 …

計画分娩とは?立ち会いを希望している人がいる場合にもおすすめ!

自然分娩ではなく計画分娩を選択する人が増えています!計画分娩とは? 出産に対して …

こんなハズじゃなかった!立ち会い出産で後悔しないための4つの秘訣とは

待望のわが子が誕生!その瞬間には、是非愛する旦那さんにも立ち会ってほしい、と思う …

早生まれ損って本当?そのメリットとデメリットとは?

現代の日本は共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回っており、子どもを産む時期や人数 …

帝王切開の痛みはどのくらい? 手術の流れや必要な費用、2人目の出産はいつからできるのかなど教えます

帝王切開は、ママやお腹の赤ちゃんを守るために経腟分娩ではリスクが高いとお医者さま …