ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

双子なのに肌の色が違うのはどうして?その理由や確率は?

   

2016年、アメリカのイリノイ州で生まれた双子の赤ちゃんが、大きな話題をさらいました。それは、双子の女の子の肌の色が違っていたからです。

黒人のパパと白人のママを持つ双子の女の子は、一人が青い目と白い肌、一人がブラウンの目と濃い色の肌を持っています。

そこで今回は、なぜ双子なのに肌の色が違ってしまうのか、その理由や確率について、お話しします。人種の違う男女が子どもを持つとおこる可能性があるので、知識として覚えておきましょう。

双子なのに肌の色が変わってしまう理由とは?

双子なのに肌の色が違っているのは、二卵性双生児だからです。

一卵性双生児は、一つの卵子と一つの精子が受精し、受精卵が分割することで二人になります。そのため、性別やDNAがすべて一致します。

ですが二卵性双生児は、二つの卵子が別々の精子と受精して二人になるので、性別や血液型が異なることも多いです。

アメリカのイリノイ州で生まれた、肌の色が違う双子の赤ちゃんは、二卵性双生児でした。受精した精子が異なり、DNAも違うので、肌の色が違ってしまったのです。

これは、黒人と白人の組み合わせだけでなく、黒人と黄色人種、黄色人種と白人でもおこりえます。

そして、肌の色だけじゃなく、性格もまったく違うことが多いです。これは、一卵性双生児でも同じです

双子でも肌の色が変わる確率は?

そもそも、自然妊娠で双子が生まれる確率は、1~2%といわれています。これは、一卵性双生児も二卵性双生児も合わせた確率です。そして、一卵性双生児を自然妊娠する確率は二卵性双生児を授かる確率より低く、0.3~0.4%となっています。

そして、ママの年齢が35歳以上になると、双子を授かる確率が上がります。双子を自然妊娠する確率は、20歳未満だと0.63%なのにも関わらず、ママが35~39歳の場合は、その確率が21.7%にアップします

これは、女性は加齢とともに、卵子を2つ排卵する機会が増えるからと考えられています。

さらに、黒人と白人のカップルから、肌の色の違う二卵性双生児が生まれる確率は、500分の1といわれています。いかに稀有な出来事であるか、数値を見るだけでもわかりますよね。

二卵性双生児の場合は、父親違いの可能性も!

一卵性双生児の場合は、パパとママは絶対に同じです。ですが、二卵性双生児の場合は、別々の男性の遺伝子をもった双子が生まれる可能性があります

それは、人間の受精可能期間が長いからです。人間の卵子は、排卵してから12~36時間生きています。そして、射精後の精子の平均寿命は2~3日です。

この精子と卵子の生存期間に、複数の男性と性交渉を持てば、父親の違う二卵性双生児を授かる可能性があるのです。そして、人種の違う複数の男性と性交渉を持つことで、肌の色の違う双子を授かる確率がアップするのです。

また、ごくまれに妊娠後に排卵する女性もいて、受精日が数週間から数カ月違う双子を授かる例も報告されています。動物の世界では、「異父過妊娠」と呼ばれるこうした事態が、よくおこっているのだそうです。

人種が異なる夫婦の場合は可能性があると覚えておこう!

双子を授かると、妊娠や出産にリスクがあるという現実があります。それでも一度に二人の子どもを授かる喜びは、それを上回るものがあります。

とはいえ、人種が違う夫婦の場合、肌の色の違う双子を授かる可能性があり、それがあらぬ誤解を生むケースもゼロではありません。これから、肌の色が違うパートナーと妊活しようと思っている女性は、こうした事態がおこりうることを覚えておきましょう。

そして、肌の色が違う双子を授かっても、ありのままを受け止めて、楽しく子育てをしてあげてくださいね

  関連記事

産後うつの原因は?解決策や治療内容が知りたい

出産後のママは休む間もなく育児をしていかなくてはなりません。また、赤ちゃんの世話 …

産後におこりやすくなる手湿疹とは?気になる症状と原因、その対処法はある?

産後は分娩のストレスからママの身体に湿疹が現れる場合がありますが、「手湿疹」も分 …

産後に感じる目の疲れの原因は?おすすめの食材や対処法も!

特に目を酷使したわけではなくても産後に目の疲れを感じることがあります。目の奥がジ …

ヒプノバーシング(催眠出産)だと、陣痛の痛みがなくなるって本当?その方法とは?

経膣分娩を予定している初産婦のママにとって、未知なる陣痛は不安要素といえるのでは …

後陣痛はいつまで続くの?和らげる方法はあるの?

長い陣痛を乗り越えて、可愛い我が子と対面した喜びは、格別のことだったはずです。で …

出産はカロリーを消費するって本当?陣痛中にカロリー補給する方法は?

臨月に入り、出産が近づいてくると、陣痛の痛みについて考え、不安になるママが多いと …

陣痛促進剤の費用は人によって違う?使うケース、痛みは?

出産予定日を大幅に過ぎても陣痛がこない、弱い陣痛が続きママと赤ちゃんの負担が心配 …

パパに立ち会い出産してもらうメリットは何?

初めての出産を前に、パパに立ち会ってほしいと考えるママは多いのではないでしょうか …

胎児の頭が大きいのは何が問題?病気の可能性もあるの?

妊婦健診では、お腹の赤ちゃんの大きさを計測します。これは、成長の状態を確認するた …

産気づくとは、どんな状態?気づいたときの対処法とは?

初めての出産を控えているママの中には、妊婦さん向けの情報誌やウェブサイトの中に、 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss