ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出産のときは化粧はできるの?すっぴんのメリットとデメリットとは?

   

妊娠するとホルモンの分泌バランスが変わり、シミやそばかすが気になりはじめるママも多いのではないでしょうか。そのため、妊婦健診に出かけるときも、フルメイクをしていきたいと思うひともいそうです。

そして、出産のときにもすっぴんにはなりたくないと考えているママもいるかもしれません。

そこで今回は、出産のときに化粧をすることができるのか、すっぴんのメリットやデメリットについて、お話しします。病院でも指導されると思いますので、しっかり守ってくださいね。

出産時は化粧はしないのが原則

まず出産のときに化粧をしてよいかどうかですが、原則としてノーメイクです。

これは、分娩の際の産婦さんの顔色やむくみが、体調を知るうえでとても大事な役割を果たしているからです。

病院での出産であっても、いつママやお腹の赤ちゃんが危険な状態になるかは予測ができません。いかに妊娠中の経過が順調であっても、安産で出産できる保証はないのです。

同様に、妊婦健診でもすっぴんが望ましいとされています。とはいえ、外出時にすっぴんでいるのが嫌だという女性も多いので、どうしてもメイクする場合は、薄化粧を基本にしましょう。

その場合は、色のつかない下地を使い、ルースパウダーを薄く重ねる程度が望ましいです。クリームやリキッドのファンデーションだと、顔色がまったくわからなくなるので、おすすめできません。

出産時にすっぴんでいるメリットとデメリットは?

最近は立ち合い出産も多く、パパが出産の様子を映像として残すべく、撮影をしている光景をよく見かけます。

映像が残り、いつか子どもが見るかもしれないと思えば、すっぴんで映ることに抵抗のあるママもいることでしょう。これは、すっぴんで出産するデメリットだといえるかもしれませんね。

ですが、出産時にすっぴんでいれば、顔色などで異常をいち早く察知してもらえますし、普通分娩の場合は大量の汗をかくので、メイクが流れてドロドロにならずに済むというメリットがあります。

メイクをすることはできなくても、分娩中にとれないようにまつげエクステをしたり、ウォータープルーフの眉ライナーで眉をかいたというママもいます。病院によって対応が異なるので、出産前に確認しておいてくださいね。

分娩時にコンタクトレンズはできる?

普段コンタクトレンズをつけているママは、分娩時に装着したままで大丈夫なのか、心配しているかもしれません。普通分娩でも、帝王切開手術でも、出産の際にはコンタクトレンズは外すのが基本です。

その理由は、出産時にコンタクトレンズをつけたままだと、角膜を傷つけてしまう可能性が高いからです。これは、カラーコンタクトレンズでも同じです。

普通分娩の場合でも、陣痛が始まったらコンタクトレンズは外し、メガネをかけましょう。お産の進み方によっては、緊急帝王切開手術になる可能性があるのですから、あらかじめ外しておく方が安心です。

病院でも、出産前には必ずコンタクトレンズを外すように指示されますので、必ず守ってくださいね。

出産時はネイルも控えよう!

実は出産時にしてはいけないのは、メイクだけではありません。ネイルも落とすように、事前にお医者さまや看護師さんから指示されます。これは、爪が産婦さんの健康状態を知るうえで、大事なポイントだからです。

チアノーゼになると、唇が紫になるだけでなく、爪の色も変わります。血流が悪くなると、爪が青白くなるので、すぐに見つけることができるのです。

分娩中のママに何かおこれば、お腹の赤ちゃんも危険にさらされます。そうした事態に陥らないためにも、メイクやネイルはしないように心がけてくださいね。

  関連記事

出産前の浣腸は絶対しなければならないの?その理由は?

出産前には、剃毛や導尿、点滴、分娩監視装置の装着など、様々な医療措置が行われるも …

産後のむくみが辛い!その原因と対処法とは?むくみが原因で育児や外出が辛いなら、改善方法を探そう!

妊娠中にむくんだ経験のあるママは、案外多いのではないでしょうか。血液の半分を占め …

妊娠中毒症になったら、産後に後遺症は残るの?治療は必要?

妊婦さんの中には、妊娠中毒症にかかってしまう人がいます。お腹の赤ちゃんへの影響も …

うつ乳を改善しないと乳腺炎に!うつ乳の原因を理解して辛い症状が出ないように気をつけよう

母乳育児をしていくなかで、よく耳にするトラブルの一つが「乳腺炎」です。乳腺に母乳 …

会陰切開のリスクを下げたいなら膣ピチュ!やり方や効果をチェック

妊娠中に行う「膣ピチュ」というものをご存知でしょうか。これは、オイルをしみこませ …

幸せホルモンといわれる、オキシトシンを増やす食べ物や方法はあるの?

オキシトシンは、出産や授乳に関わりが深いだけでなく、「幸せホルモン」として、近年 …

最近話題の海外出産!そのメリットやデメリットは?

グローバル化が叫ばれて長い年月が経過しましたが、母親の出産についても今や海外出産 …

産後の食事はとっても大事!必要な栄養素や気をつけるべき食べ物とは?

出産は、女性にとって大仕事です。体型を戻したり等を意識するので、母乳にする場合も …

お産の後子宮に胎盤が残る「胎盤遺残」の症状や原因とは?

妊娠や出産には、様々な病気・症状のリスクが存在しています。その中には、今後の人生 …

帝王切開の痛みはどのくらい? 手術の流れや必要な費用、2人目の出産はいつからできるのかなど教えます

帝王切開は、ママやお腹の赤ちゃんを守るために経腟分娩ではリスクが高いとお医者さま …