ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出産のときは化粧はできるの?すっぴんのメリットとデメリットとは?

   

妊娠するとホルモンの分泌バランスが変わり、シミやそばかすが気になりはじめるママも多いのではないでしょうか。そのため、妊婦健診に出かけるときも、フルメイクをしていきたいと思うひともいそうです。

そして、出産のときにもすっぴんにはなりたくないと考えているママもいるかもしれません。

そこで今回は、出産のときに化粧をすることができるのか、すっぴんのメリットやデメリットについて、お話しします。病院でも指導されると思いますので、しっかり守ってくださいね。

出産時は化粧はしないのが原則

まず出産のときに化粧をしてよいかどうかですが、原則としてノーメイクです。

これは、分娩の際の産婦さんの顔色やむくみが、体調を知るうえでとても大事な役割を果たしているからです。

病院での出産であっても、いつママやお腹の赤ちゃんが危険な状態になるかは予測ができません。いかに妊娠中の経過が順調であっても、安産で出産できる保証はないのです。

同様に、妊婦健診でもすっぴんが望ましいとされています。とはいえ、外出時にすっぴんでいるのが嫌だという女性も多いので、どうしてもメイクする場合は、薄化粧を基本にしましょう。

その場合は、色のつかない下地を使い、ルースパウダーを薄く重ねる程度が望ましいです。クリームやリキッドのファンデーションだと、顔色がまったくわからなくなるので、おすすめできません。

出産時にすっぴんでいるメリットとデメリットは?

最近は立ち合い出産も多く、パパが出産の様子を映像として残すべく、撮影をしている光景をよく見かけます。

映像が残り、いつか子どもが見るかもしれないと思えば、すっぴんで映ることに抵抗のあるママもいることでしょう。これは、すっぴんで出産するデメリットだといえるかもしれませんね。

ですが、出産時にすっぴんでいれば、顔色などで異常をいち早く察知してもらえますし、普通分娩の場合は大量の汗をかくので、メイクが流れてドロドロにならずに済むというメリットがあります。

メイクをすることはできなくても、分娩中にとれないようにまつげエクステをしたり、ウォータープルーフの眉ライナーで眉をかいたというママもいます。病院によって対応が異なるので、出産前に確認しておいてくださいね。

分娩時にコンタクトレンズはできる?

普段コンタクトレンズをつけているママは、分娩時に装着したままで大丈夫なのか、心配しているかもしれません。普通分娩でも、帝王切開手術でも、出産の際にはコンタクトレンズは外すのが基本です。

その理由は、出産時にコンタクトレンズをつけたままだと、角膜を傷つけてしまう可能性が高いからです。これは、カラーコンタクトレンズでも同じです。

普通分娩の場合でも、陣痛が始まったらコンタクトレンズは外し、メガネをかけましょう。お産の進み方によっては、緊急帝王切開手術になる可能性があるのですから、あらかじめ外しておく方が安心です。

病院でも、出産前には必ずコンタクトレンズを外すように指示されますので、必ず守ってくださいね。

出産時はネイルも控えよう!

実は出産時にしてはいけないのは、メイクだけではありません。ネイルも落とすように、事前にお医者さまや看護師さんから指示されます。これは、爪が産婦さんの健康状態を知るうえで、大事なポイントだからです。

チアノーゼになると、唇が紫になるだけでなく、爪の色も変わります。血流が悪くなると、爪が青白くなるので、すぐに見つけることができるのです。

分娩中のママに何かおこれば、お腹の赤ちゃんも危険にさらされます。そうした事態に陥らないためにも、メイクやネイルはしないように心がけてくださいね。

  関連記事

薬を使わずに陣痛が促進できるって本当?その方法とは?

正産期に入る妊娠37週0日を過ぎてから出産予定日まで、いつ陣痛が始まるかと思って …

こんなハズじゃなかった!立ち会い出産で後悔しないための4つの秘訣とは

待望のわが子が誕生!その瞬間には、是非愛する旦那さんにも立ち会ってほしい、と思う …

授乳後のげっぷはいつまで必要?上手にさせるコツは?

出産後の授乳指導で、母乳やミルクを飲ませた後、赤ちゃんにげっぷをさせるようにいわ …

出産後の身体の回復は大丈夫?子宮復古不全について知っておこう

お腹の赤ちゃんの成長に伴って大きくなった子宮は、出産して胎盤を排出すると、産後6 …

プレママに急増中!?周囲がウンザリするマタニティハイのこと

最近、「マタニティハイ」という言葉を見聞きすることが増えています。これは、決して …

会陰切開のリスクを下げたいなら膣ピチュ!やり方や効果をチェック

妊娠中に行う「膣ピチュ」というものをご存知でしょうか。これは、オイルをしみこませ …

妊娠中毒症になったら、産後に後遺症は残るの?治療は必要?

妊婦さんの中には、妊娠中毒症にかかってしまう人がいます。お腹の赤ちゃんへの影響も …

産後ケアはどんなことをするの?内容と需要について調べてみました!

出産を終えたママさんは、無事に出産できた安堵感や喜びとともに、これからの子育てに …

これだけは用意したいもの、あれば便利なもの、出産入院持ち物リスト

出産は予定日通りにいくとはかぎりません。陣痛が突然訪れる場合もあるので、入院・出 …

母乳育児がより快適に!搾乳した母乳の保存方法とは

仕事や用事などで赤ちゃんにおっぱいを飲ませられない時もありますよね。母乳を搾乳し …