ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出産のときは化粧はできるの?すっぴんのメリットとデメリットとは?

   

妊娠するとホルモンの分泌バランスが変わり、シミやそばかすが気になりはじめるママも多いのではないでしょうか。そのため、妊婦健診に出かけるときも、フルメイクをしていきたいと思うひともいそうです。

そして、出産のときにもすっぴんにはなりたくないと考えているママもいるかもしれません。

そこで今回は、出産のときに化粧をすることができるのか、すっぴんのメリットやデメリットについて、お話しします。病院でも指導されると思いますので、しっかり守ってくださいね。

出産時は化粧はしないのが原則

まず出産のときに化粧をしてよいかどうかですが、原則としてノーメイクです。

これは、分娩の際の産婦さんの顔色やむくみが、体調を知るうえでとても大事な役割を果たしているからです。

病院での出産であっても、いつママやお腹の赤ちゃんが危険な状態になるかは予測ができません。いかに妊娠中の経過が順調であっても、安産で出産できる保証はないのです。

同様に、妊婦健診でもすっぴんが望ましいとされています。とはいえ、外出時にすっぴんでいるのが嫌だという女性も多いので、どうしてもメイクする場合は、薄化粧を基本にしましょう。

その場合は、色のつかない下地を使い、ルースパウダーを薄く重ねる程度が望ましいです。クリームやリキッドのファンデーションだと、顔色がまったくわからなくなるので、おすすめできません。

出産時にすっぴんでいるメリットとデメリットは?

最近は立ち合い出産も多く、パパが出産の様子を映像として残すべく、撮影をしている光景をよく見かけます。

映像が残り、いつか子どもが見るかもしれないと思えば、すっぴんで映ることに抵抗のあるママもいることでしょう。これは、すっぴんで出産するデメリットだといえるかもしれませんね。

ですが、出産時にすっぴんでいれば、顔色などで異常をいち早く察知してもらえますし、普通分娩の場合は大量の汗をかくので、メイクが流れてドロドロにならずに済むというメリットがあります。

メイクをすることはできなくても、分娩中にとれないようにまつげエクステをしたり、ウォータープルーフの眉ライナーで眉をかいたというママもいます。病院によって対応が異なるので、出産前に確認しておいてくださいね。

分娩時にコンタクトレンズはできる?

普段コンタクトレンズをつけているママは、分娩時に装着したままで大丈夫なのか、心配しているかもしれません。普通分娩でも、帝王切開手術でも、出産の際にはコンタクトレンズは外すのが基本です。

その理由は、出産時にコンタクトレンズをつけたままだと、角膜を傷つけてしまう可能性が高いからです。これは、カラーコンタクトレンズでも同じです。

普通分娩の場合でも、陣痛が始まったらコンタクトレンズは外し、メガネをかけましょう。お産の進み方によっては、緊急帝王切開手術になる可能性があるのですから、あらかじめ外しておく方が安心です。

病院でも、出産前には必ずコンタクトレンズを外すように指示されますので、必ず守ってくださいね。

出産時はネイルも控えよう!

実は出産時にしてはいけないのは、メイクだけではありません。ネイルも落とすように、事前にお医者さまや看護師さんから指示されます。これは、爪が産婦さんの健康状態を知るうえで、大事なポイントだからです。

チアノーゼになると、唇が紫になるだけでなく、爪の色も変わります。血流が悪くなると、爪が青白くなるので、すぐに見つけることができるのです。

分娩中のママに何かおこれば、お腹の赤ちゃんも危険にさらされます。そうした事態に陥らないためにも、メイクやネイルはしないように心がけてくださいね。

  関連記事

ママと赤ちゃんの命に関わる!?知っておきたい過強陣痛のこと

予定帝王切開での出産でない限り、ママは陣痛を経験することになります。「前駆陣痛」 …

産褥ヘルプってなに?別名「産褥おせっかい」の内容とは?

「産褥期」とは、産後6~8週間のことをいいます。産後は、赤ちゃんのお世話に加えて …

育児中のママがかかりやすいドケルバン病の原因と対処法とは

出産すると、授乳やおむつ替え、沐浴など、赤ちゃんを抱っこする機会が増えます。その …

出産前の剃毛は必要なこと?どんな風に処置するの?

出産前の剃毛は、経膣分娩でも帝王切開でも、出産前に医療措置が行われるのが一般的で …

イライラが止まらない!上の子可愛くない症候群の心理、解決策とは

家族がまた一人増えて幸せいっぱい!といいたいところに何とも言えない負の感情「何だ …

いつまで使うのが正解?知っておきたい母乳パッドの常識!

妊娠中に楽しみなことの一つが、赤ちゃんを迎えるための準備ですね。病院や雑誌から得 …

期限を過ぎると支給されないことも!出産後に必要な手続きとは?

出産後は赤ちゃんのお世話に追われ忙しくなりますね。それと同時にさまざまな書類の提 …

自己負担を助けてくれる高額療養費制度とは?出産にかかった費用にも適用される!?

妊娠中や出産などで予定外の入院や治療が必要になると、費用が気になりますよね。そん …

おっぱいマッサージの時期や方法、効果や注意点を知りましょう!

出産後にはたくさんの母乳を飲ませてあげることによって赤ちゃんが健康になり、さらに …

夏生まれの赤ちゃんの服の着せ方とは?何をどれくらい着せたらいいの?

夏は外が暑く、室内は冷房で涼しいので、大人でも寒暖差で体調を崩しやすいものです。 …