ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんのセレモニードレスは必要?選ぶときのポイントとは?

   

赤ちゃんの誕生は、夫婦にとって、とても大きな出来事です。そして、赤ちゃんが産まれると、家族のイベントが増えます。そんなときに赤ちゃんに着せるのが、セレモニードレスです。

とはいえ、セレモニードレスはなかなか着る機会がないわりに、お値段が高めのことが多く、購入を躊躇するママやパパがいるのも事実です。

そこで今回は、セレモニードレスとは何か、何を基準に選べばよいのか、赤ちゃんにセレモニードレスを着せるときの注意点について、お話しします。

赤ちゃんのセレモニードレスって何?

セレモニードレスとは赤ちゃんの晴れ着のことをいい、「ベビードレス」と言われることもあります。

赤ちゃんがセレモニードレスを着るシチュエーションには、新生児が退院して自宅に戻るとき、お宮参りのときがあります。

特にお宮参りのときは、神様の前に初めて出て行くということなので、何にも染まっていない色を着せるのが望ましく、セレモニードレスは白色になっています。

最近は、色が入ったセレモニードレスも販売されているようですが、昔ながらの風習には従う方がよいでしょう。

ただし、新生児を自宅に連れて帰る際に、セレモニードレスを着せようとしたら病院に止められたという話もよく聞きます。事前に病院に、退院のときにセレモニードレスを着せてよいかどうか、確認しておくことをおすすめします。

赤ちゃんのセレモニードレスの選び方とは?

セレモニードレスにも、いろいろなデザインがあります。ふんだんにレースをあしらっているものから、落ち着いていて普段使いもできそうなものまで、さまざまです。またセレモニードレスの素材も、サテンやコットン、レースと多彩です。

赤ちゃんが産まれた季節によって、生地の素材や厚さを考慮する必要があるので、セレモニードレスを購入するときは、季節に合っているのか、通年使える素材なのかを確認してから、購入するようにしましょう。

セレモニードレスというと、女の子に着せるものというイメージがあると思いますが、男の子用にタキシードタイプのものもデザインされています。

おくるみやアフガン、肌着と一緒のセットなどもあるので、実際にベビー用品店で素材も確かめたうえで、我が子に用意してあげましょう。

赤ちゃんのセレモニードレスを着せるときの注意点とは?

赤ちゃんは、生後数カ月でみるみるうちに大きくなっていきます。

新生児のためにセレモニードレスを用意するなら、50~60cmのサイズのものを選んで問題ないのですが、それをお宮参りに着せるのは、赤ちゃんが大きくなってしまうので、難しいことが多いです。

お宮参りにも同じセレモニードレスを着せようと考えているなら、サイズは大きめのものを選ぶことをおすすめします。

その際には、退院する新生児の時期と、お宮参りの時期で季節が変わっていることが多いので、通年使えるタイプを選ぶように注意しましょう。

また、セレモニードレスを着ている時間も考慮する必要があります。レースやサテンは見た目は可愛いですが、長時間着るとなると、赤ちゃんにとって着心地がよいとは限りません。

退院後、里帰りで長距離移動をする、お宮参り後に撮影をするので時間がかかることが予想されるときには、コットンなど通気性がよく、着心地のよい素材を選んであげましょう。

ママの洋服とのコーディネートも配慮しよう!

では、赤ちゃんにセレモニードレスを着せるとき、ママは何を着たらよいのでしょうか。赤ちゃんがいるママは、その肌に触れたときに心地よいように、コットンなどのやさしい素材の洋服を選ぶことをおすすめします。

新生児を連れて退院するときには、体型がまだ妊娠前には戻っていないので、余裕のあるサイズを選ぶことをおすすめします。

また、授乳しやすいデザインになっていることも、大事なポイントです。ママは自ら着飾ることより、赤ちゃんにとって快適な洋服でコーディネートしましょう。

  関連記事

出産時のトラブル、臍帯脱出の原因と対処法は?

妊娠の経過がいかに順調であっても、出産もトラブルなく進むとは限りません。経膣分娩 …

授乳中に蟹を食べても大丈夫?アレルギーの心配は?

お正月が近づき、お歳暮が贈られるシーズンになると、実家から蟹のおすそ分けをいただ …

産後の骨盤矯正は必要?そのダイエット効果は?

妊娠中の女性の身体は、大きく変化します。そして、変化した身体は出産を機に、妊娠前 …

産後の尿漏れがひどい…。その原因と対処法を教えて!

出産後、くしゃみをしたり、重いものを持ち上げようとして、お腹に力が入った時に、尿 …

自然分娩はどんな流れで始まるの?自然分娩の方法、メリットやデメリットとは?

「自然分娩」という言葉をよく耳にしますよね。国内で最もポピュラーな分娩方法の一つ …

出産という未知の不安…でも赤ちゃんが支えてくれる

出産に対するイメージは痛いとか辛いとかネガティブなものもあり、その痛みはどんなも …

妊娠中毒症になったら、産後に後遺症は残るの?治療は必要?

妊婦さんの中には、妊娠中毒症にかかってしまう人がいます。お腹の赤ちゃんへの影響も …

早生まれ損って本当?そのメリットとデメリットとは?

現代の日本は共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回っており、子どもを産む時期や人数 …

産後の食事はとっても大事!必要な栄養素や気をつけるべき食べ物とは?

出産は、女性にとって大仕事です。体型を戻したり等を意識するので、母乳にする場合も …

こんなハズじゃなかった!立ち会い出産で後悔しないための4つの秘訣とは

待望のわが子が誕生!その瞬間には、是非愛する旦那さんにも立ち会ってほしい、と思う …