ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

想像以上に痛いっ!授乳の難関「乳首ダメージ」を予防して楽しい授乳をしよう!

   

生まれて間もない赤ちゃんに授乳すること。とても愛おしくゆったりとしたイメージがありませんか?

しかしイメージに反して、さまざまなトラブルがおこりやすいのも事実です。飲ませ方が難しい、上手く飲んでくれないなどある中で、特に問題となるのが「乳首ダメージ」です。

痛みも伴い、程度によっては授乳が苦痛となってしまうことも。そこで乳首ダメージの予防方法やケア方法を知り、素晴らしい授乳時間を築けるようにしていきましょう!

なぜ授乳すると乳首が痛くなるの?

そもそも、なぜ授乳すると乳首が痛くなるのでしょうか。それには、いくつかの理由が関係しています。

乳頭部がダメージを受ける

痛みの大きな原因として、授乳によって乳頭部にダメージを与えてしまうことがあります。

乳頭部の皮膚は特に薄く、繊細なものです。その一方で、赤ちゃんは生きるため必死に乳首に吸い付きます。生まれて間もない頃はか弱い力であっても、すぐにとても強く吸えるようになっていきます。

この二つのことが関係し、乳頭部に傷ができたり、擦れてしまう等、ダメージを受けてしまうのです。

ママも赤ちゃんも初心者

乳首の痛みを感じやすいのは、「生後1~2か月頃まで」という方が多いようです。これは、初めの頃はママも赤ちゃんも授乳初心者であり、吸わせ方や姿勢に無理があることが関係しています。

さらに乳首の皮膚は、授乳を重ねるごとに強く、そして吸われることに慣れていきます。今まで経験したことのない力が加わるわけですから、ダメージを受けるのは当然ともいえるでしょう。

予防して穏やかな授乳を!予防法は?

「時期が来れば痛くなくなる!」のは確かですが、それまでの間痛みを防げるならばやっておきたいですよね。乳首のダメージを予防する方法をご紹介します。

正しく哺乳させよう!

赤ちゃんの哺乳の仕方は適切ですか?乳頭の先だけをくわえさせると、どうしても大きなダメージを受けてしまいます。

また、乳頭の先だけを吸っても母乳はほぼ出ず、赤ちゃんはより強い力で吸い付いてきます。授乳は一回だけでなく、1日10回以上です。哺乳の仕方を見直さないと、ダメージはどんどんと積み重なってしまいますよ。

そのため、授乳時は「乳輪部まで」赤ちゃんの口に含ませるようにしましょう。

授乳時の抱き方や姿勢を変えよう!

毎回同じ抱き方・姿勢で授乳していると、乳頭の同じ部分に力が加わり続けます。一部分だけ傷ができたり、擦れたりしてしまうことも。

横抱きだけでなく、縦抱き、フットボール抱きなど、授乳ごとに抱き方を変えてみましょう。はじめのうちは授乳クッションを活用すると、色々な抱き方に挑戦できますよ。

乳頭を保湿しよう!

母乳によって湿りやすく、さらに外部からの力も加わる乳頭は、しっかりと保湿ケアをしてあげる必要があります。痛みが無くても、軟膏やオイルなどを塗るようにしてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの口に入るのが心配な場合は、授乳前にしっかり拭き取る、アーモンドオイルなど食物由来のオイルを使用するなど工夫してみて下さい。

すでに痛い人必見!痛みがある場合のケア方法

飲ませ方や保湿をしても、痛くなってしまった!という方も少なくないと思います。痛みがある時に授乳するのは、本当に苦痛ですよね。そんな時には次のようなケア方法を試してみて下さい。

乳頭保護器を活用する

乳頭保護器とは、シリコン素材などで作られたカバーのことです。乳頭部に被せて授乳すれば直接刺激が加わらず、痛みを軽減させることが可能です。形状や大きさ等、さまざまなタイプがあるため、ご自分に合ったものを探してみましょう。

衣服や下着との擦れを避けよう!

ダメージを受けている乳首は、服や下着と擦れても痛むもの。直接擦れないように、肌に優しい素材の母乳パッドやガーゼなどを活用することもおすすめです。

搾乳も一つの手!

どうしても直接授乳すると痛みがある場合には、搾乳することも一つの手です。乳頭トラブルがあるけど、母乳育児を続けたい方にお勧めの方法ですよ。

搾乳すれば、乳頭に強い力がかかることが無くなります。また、ひどいダメージがある時には、搾乳して乳首を休ませてあげましょう。

予防とケアで赤ちゃんへの授乳を楽しもう!

授乳による乳首ダメージは、誰しも通る道です。痛くなるのはある程度仕方ないことですが、予防方法を取ることで軽減させることが可能です。本格的に痛む前に、授乳の仕方を見直し、保湿をしっかりと行っていきましょう。

また、痛みが出てきた場合には、乳首を労ってあげてくださいね。

飲ませ方が難しい場合や、痛みがひどい場合には、お近くの母乳相談ができる助産院などに相談してみましょう。赤ちゃんとの授乳時間が、より一層素敵なものになることを祈っています。

  関連記事

産後ママにオススメ!ぽっこりお腹の原因と解消について

分娩を終えた直後のお腹は、妊娠5~6ヶ月ごろのような大きさ。産後のお腹を見て、「 …

乳首が短くても、母乳はあげられるの?よい授乳方法はある?

いざ母乳を与えようとした時に、自分の乳首が短いことに気が付くママが多いようです。 …

臨月の性行為は大丈夫?お迎え棒の効果と注意点とは?

臨月になって、もういつ産まれても大丈夫と主治医の先生や助産師さんに言われたら、お …

搾乳上手になって母乳育児が快適に!正しい搾乳のやり方を知ろう

「搾乳」という言葉を聞いただけで「痛そう、絞るのが難しそう」などのイメージが強く …

【保存版】産後のバストがしぼむ、垂れる…。そんな悩みを持つママのためのバストアップ術をご紹介!

出産を機に乳腺が発達するママのバストは、母乳に満たされている間は痛みを伴うほどの …

出産のいきみは難しい?いきみ逃しってどうやるの?上手な方法とは

出産をする時には陣痛に耐える中で、先生が子宮口の開き具合を確認し、しっかりと子宮 …

出産後の身体の回復は大丈夫?子宮復古不全について知っておこう

お腹の赤ちゃんの成長に伴って大きくなった子宮は、出産して胎盤を排出すると、産後6 …

ペルテス病ってどんな病気?気になる治療方法や手術を行わなければならいのか?後遺症の心配について

子供の発育時期に注意しておきたい病気の一つにペルテス病というものがあります。股関 …

少しでも痛くない出産がしたい!!そんな方に知ってもらいたいリーブ法のやり方やメリットをご紹介します

妊娠中のママが不安に感じてしまうのが「出産の痛み」ですよね。初めて出産を経験する …

膣トレーニングで骨盤底筋群を鍛えた方がいい理由とは?やり方は?

女性が年齢を重ねることで悩む人が増える症状に、尿漏れや子宮脱があります。そして、 …