ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出産時にはコンタクトは使える?目が悪いママの出産時の対処法とは?

   

分娩が終わったら、すぐにでも我が子の顔を見たいと思うのは、親として当然のことです。ですが、中にも目の悪いママがいて、コンタクトレンズやメガネを着用して出産に臨めるのか、心配ですよね。

そこで今回は、出産時にコンタクトレンズやメガネをすることができるのか、している場合におこりうるトラブルにはどんなものがあるのかについて、お話しします。

合わせて、目が悪いママの出産の際の対処法についても触れますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

出産のときにコンタクトは使用できるの?メガネは?

日ごろ、コンタクトレンズを装着しているママは多いと思いますが、出産のときにも使用することはできるのでしょうか。

一部の病院では容認しているところもあるようですが、基本的にはほかの手術のときと同じように、分娩時は外すように指示する病院がほとんどです。そのため、陣痛が始まったらメガネに切り替え、入院するママの方が多いようです。

では、メガネなら装着したまま分娩に臨めるかというと、これも病院によって異なります。分娩台にのぼるときにはメガネを預け、分娩後にかけてもらうという病院が多いようです。

目が悪いママは分娩する前に、病院にコンタクトレンズやメガネの装着が可能なのかどうか、きちんと確認しておくことをおすすめします

コンタクトレンズやメガネをしていることでのトラブルとは?

では、コンタクトレンズやメガネを装着したまま分娩に臨んだ場合、どんなトラブルがおこる可能性があるのでしょうか。

まず、分娩が始まったときにコンタクトレンズを装着していると、いきんでいる最中に汗をかき、それが目に入ってしみてしまったり、目にゴミが入る、レンズがズレて集中できない可能性があります。

また、分娩の経過によっては、緊急帝王切開に切り替えることがありますが、その場合にはコンタクトレンズを外さなければなりません。自分で外せない状況に陥った場合、第三者が外した結果、目にダメージを負うことがあります。

またメガネを装着する場合でも、陣痛が強くなると煩わしく感じたり、分娩の際に破損してしまうことがあるので、注意が必要です

目が悪いママの出産時の対処法とは?


普通分娩の場合、分娩台にのぼる時点で、陣痛もピークを迎えています。そこから赤ちゃんが産まれるまでは、いきむことに集中しなければなりません。

そう考えると、分娩時に邪魔になる可能性があるコンタクトレンズやメガネを外し、裸眼で分娩に臨むのがおすすめです。

その際、メガネを看護師さんや立ち会うパパに預けておき、出産したらすぐにかけてもらうようにお願いしておけば、すぐに赤ちゃんの顔を見ることができるはずです。

というのも、陣痛の痛みがひどくて何度も固く目をつぶったり、汗が入ったりと、ものが見えにくいことより、煩わしくない方を優先するママが、分娩時にはとても多いからです。

また、帝王切開での出産の場合は、必ずコンタクトレンズやメガネを外すように指示されますので、それに準じると考えればよいと思います。

病院の指示に従って、お産に集中しよう!

日本では出産による死亡率は決して高くありませんが、ゼロではないことも認識する必要があります。誰もが安産で出産できるとは、限らないのです。

そう考えると、万が一のときを考慮して、コンタクトレンズやメガネを装着しないようにお医者さまが指示するのも、頷けますよね。出産を予定している病院に相談のうえ、お医者さまの指示に従いましょう。

また、裸眼で分娩することになっても、すぐに赤ちゃんの顔を見る方法を事前に相談しておくと安心できるはずです。

  関連記事

悪露って生理や不正出血とは違うの?その見分け方は?

出産直後から、ママは大量の出血をみることになります。産後に出てくる悪露は、子宮内 …

意外と知らない!?出産祝金の相場っていくらぐらい?出産祝金のマナーって?

友達や親族に赤ちゃんが産まれた場合に、出産祝いはどうすればよいのか悩むこともあり …

前駆陣痛と本陣痛の違いは何?自分で分かるの?見極め方を知り焦らず対処

出産する時の痛みは、経験した人にしか分かりません。様々な表現があり、痛みに対して …

産後はいつから自転車に乗れる?乗る時の注意点は?

妊娠中は控えていた自転車ですが、産後はおむつやベビーグッズなどの買い物が増えます …

イメージトレーニングで陣痛の痛みを和らげる「ソフロロジー」の方法やメリットとは?

分娩方法の一つとして知られている「ソフロロジー」はご存知ですか?聞いたことはある …

けっこうな出費…個人病院と総合病院、出産費用はどっちが高い?価格差の理由と選び方の目安

妊娠したら、まず最初に考えるのが「赤ちゃんはどこで産もう?」という産婦人科選びに …

リスクの高い低置胎盤になる原因は?なった場合の対処法は?

晩婚化が進む日本では、初産が高齢出産になるママも増えています。帝王切開での出産も …

産後の骨盤矯正は必要?そのダイエット効果は?

妊娠中の女性の身体は、大きく変化します。そして、変化した身体は出産を機に、妊娠前 …

タンデム授乳って何?やり方やメリット、注意点など詳しく教えて

最近「タンデム授乳」を行うママが増えてきているようです。「タンデム授乳」って何? …

最近話題の海外出産!そのメリットやデメリットは?

グローバル化が叫ばれて長い年月が経過しましたが、母親の出産についても今や海外出産 …