ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

産後のスマホは回復を遅らせるって本当?産後にスマホが与える影響とは?

   

スマホを手放せないというママは、予想以上に多いのではないでしょうか。そして、入院中に家族に連絡をとったり、我が子の写真を撮るときにも、スマホが大活躍してくれそうです。

ですが、産後にスマホを見すぎることで、身体の回復が遅れることが指摘されています。そこで今回は、産後のスマホがなぜ回復を遅らせるのか、その結果どんな影響が及ぶのか、どう対策をたてればよいのかについて、お話しします。

産褥期の過ごし方で、その後の健康に影響しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

産後のスマホは回復を遅らせるの?

産後にスマホを使うことで回復が遅れるといわれても、目が疲れる程度だと、軽視しているママのいるようです。ですが、産後の視力低下を侮ってはいけません。

そもそも自然分娩をするとき、その時間が長くなると、顔の毛細血管が切れてしまうことがあります。同様に、目の毛細血管が切れることがあり、産後はものを見るときに目に負担がかかりやすくなってしまうのです。

また、出産という大事業を終えたママの身体は、とても疲れています。ですが、ゆっくり休養する間もなく、授乳やおむつ替え、抱っこ、沐浴とやるべきことがたくさんあります。

そこに、スマホを見ることで目の酷使が加わると、骨盤の動きも悪くなってしまうのです

出産によって大きく広がった骨盤は、産後少しずつ元の状態に戻っていくものですが、目を酷使することで、本来は下半身に回るべき血流が頭に向かってしまうことで、回復が遅れてしまうのです。

スマホが産後に及ぼす影響とは?

そもそもスマホが発するブルーライトは、目や脳にはよくない影響を与えることが指摘されています。それは、ブルーライトが目の表面にとどまらず、網膜まで達するほど強い光を放つからです。

ブルーライトは体内時計を狂わせるともいわれており、寝つきを悪くする、あるいは眠りが浅くなるという影響が出るといわれています。

休養をとるべき産褥期に、ブルーライトを見続けることで、余計に休まらなくなると身体の回復が遅れるだけでなく、「加齢黄斑変性」という目の病気をおこす原因にもなります。

この加齢黄斑変性は、アメリカでは失明原因の第1位になっているそうですから、軽視してはいけません。同様に、テレビの見すぎも、産褥期にはよくないことも覚えておきましょう。

産後のスマホ対策とは?

では、産後のスマホ対策はどうしたらよいのでしょうか。

入院中に必要なものを持ってきてもらうために連絡をするなら、メールではなく、電話にすることで、ブルーライトを見なくて済みます

また、家族への連絡はパパに任せ、友人には個別メールではなく、Facebookやline、インスタグラムなどのSNSで誕生報告をまとめて済ませてしまうことをおすすめします。

コメントへの返信も個別に行うのではなく、身体が回復したらゆっくり連絡するとアップすることで、スマホの画面を見る機会を減らすことができます。

また、どうしても個別に対応しなければならないひとについては、出産前から文面をつくっておき、写真を貼付して送信できるように準備しておくのもおすすめです

産褥期は身体の回復を最優先に生活しよう!

日本のお床上げは、退院して3週間程度で、1カ月検診が初めて子連れで外出する機会になるひとも多いものです。ですが、お床上げが終わっても、ママの身体は元に戻っているわけではなく、産後1~2カ月は無理せずに過ごすことが大事です

新生児から生後2~3カ月の間は、表情も仕草も日に日に変わっていきますから、こまめにSNSにアップしたくなる気持ちはわかります。ですが、それによってママの身体の回復が遅れることは、育児をするうえでマイナスにしかなりません。

視力低下を防ぐためにも、スマホの使用は最小限にするように心がけてくださいね。

  関連記事

里帰り出産にはメリット・デメリットがある?気になるその実態とは?

初めての妊娠・出産。その際に迷ってしまうのが、「里帰り出産をしたほうが良いのか? …

前駆陣痛と本陣痛の違いは何?自分で分かるの?見極め方を知り焦らず対処

出産する時の痛みは、経験した人にしか分かりません。様々な表現があり、痛みに対して …

うつ乳を改善しないと乳腺炎に!うつ乳の原因を理解して辛い症状が出ないように気をつけよう

母乳育児をしていくなかで、よく耳にするトラブルの一つが「乳腺炎」です。乳腺に母乳 …

妊娠中毒症になったら、産後に後遺症は残るの?治療は必要?

妊婦さんの中には、妊娠中毒症にかかってしまう人がいます。お腹の赤ちゃんへの影響も …

新生児の赤ちゃんグッズはいつまでになにを用意すればいいの?

出産直後から絶対必要なものや代用できるものを把握しておこう 赤ちゃんが生まれると …

産後におこる産褥熱の原因は?症状と治療法が知りたい!

出産は、ママが考えている以上に体力を必要とします。そして、お世話が必要な赤ちゃん …

産後の体調不良の原因や対処法!どんな体調不良がおきるのかについての詳細

出産は女性にとって最も大きなイベントであり、なおかつ感動的な瞬間だといわれていま …

お腹が大きくなった妊娠後期の妊婦さんは転びやすい!?転んでしまった時のリスクと予防法とは?

出産まであと少し、そんな妊娠後期に入った妊婦さんは妊娠をしたことがない人でも想像 …

可愛い我が子にキラキラネームを付けるのは良くないことなの?

1990年代に登場したキラキラネームは、「他にはない名前なのでカッコイイ」と考え …

暑さ対策が重要な夏(6・7・8月)生まれの赤ちゃんのために用意したい出産準備品を教えて!

新生児のうちは、自分で体温を調節する機能がまだ未熟なため、環境温度の影響を受けや …