ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

これで完璧!タイミングとマナーを守り、喜ばれる産後のお見舞いにしよう!

   

友達から「出産しました!」の報告。仲の良い友人ならば、自分のことのように嬉しく思うことでしょう。いち早くお見舞いに行きたいと思う気持ちはありますが、お見舞いにはいくつか守るべきマナーがあります。

今回は産後のお見舞いのタイミングや守るべきマナー、などについてお話ししていきます。記事を参考に、スマートなお見舞いを目指してみて下さいね!

産後のお見舞い、いつ頃がベスト?

産後のお見舞いはいつ頃がベストなのでしょうか?

産後、病院にお見舞いに行く場合には「産後3~4日頃」がおすすめです。出産当日とその翌日はママは疲れており、しっかり休みたい時期です。その時期にお見舞いに行っていいのは、本当に近しい家族だけでしょう。

また普通分娩の場合は産後5~6日で退院することが多く、この日のお見舞いは迷惑となる可能性があります。入院期間中であればママに余裕のある3~4日頃が最適なのです。

さらに休日はパパがゆっくり過ごしていたり、遠方の親戚が来たりと忙しい傾向にあります。できれば「平日の午後」にお見舞いに行くようにしましょうね。

しっかり確認!産後のお見舞いマナーと注意点!

産後のお見舞いはマナーを守り、少し配慮すればとても喜ばれるものとなります。では産後のお見舞いで守るべきマナーと注意点を以下にご紹介します。

お見舞いはアポイント必須

お見舞いでアポイントを取らないのはNGです。入院中は意外と忙しく、休む間もなかなか取れないこともあります。帝王切開の場合は3~4日目でも傷の痛みで、思うように動けないママもいます。

普通分娩であっても、産後の体調が優れないママもいます。病院までお見舞いに行っていいのか、いつ頃がいいのか、しっかりとママに確認しておきましょう。

長時間はNG!30分以内に帰ろう

産後のママは、分娩の疲れと慣れない授乳などで心身共に不安定です。いつもならば長時間話せる友達であっても、長居することは避けましょう

自分に予定が無くてもママは体を休めたかったり、沐浴指導等のイベントが控えている場合もあります。滞在する時間は、「30分以内」を目安とし、ママの体調や予定も確認して退室する時間を考えましょうね。

大勢の人はNG!

病院でのお見舞いの際、大勢の人が来るとママにとって負担となります。さらに他の妊婦・産婦さんもいるため周囲の迷惑となることもあります。おめでたいことではありますが、親しい人だけでさっとお見舞いに行くようにしましょうね。

なお病院や産院では静かに行動し、しっかりとマナーを守ってください。

子どもや男性は連れて行かない

小さな子は、風邪を引きやすく菌を運搬してしまう可能性があります。そのため子どもを連れて行くことは避けましょう。子どもを連れて行くと騒いでしまったりゆっくり話せなかったりするので、預けていけると良いですね。

また病院によっては小さな子どもは面会を禁止していることもあるので、事前に確認をすることが大切です。

一般的にママは入院中すっぴんでパジャマ姿です。友人の夫であっても、あまり親しくない男性には来てほしくないと感じることもあります。誰かを連れて行く場合には、不快に思われないか考えておきましょう

体調が優れないならお見舞いは中止しよう

ご自身が風邪気味や体調不良である場合には、お見舞いは中止です。ママはもちろん、赤ちゃんにうつしてしまっては大問題です。

病院や産院には、赤ちゃんや体力の落ちているママがたくさんいます。わざわざこのタイミングでお見舞いに行かなくても、退院後にチャンスはあります。自分の体調が万全なときに再度お見舞いを計画するようにしてください。

必ず手洗いを!

誰でも手は雑菌だらけです。病院に入るとき、病室に入るとき、赤ちゃんに触れる前は、必ず手洗いと消毒を行いましょう。

普段だとあまり気にしないママでも、産後はデリケートになっています。「その手で触らないでほしい」と思われないように、手洗いをしましょうね。

赤ちゃんに触れる時はママに確認を

赤ちゃんを見ると抱っこしたくなりますよね。しかしこの時にも注意が必要です。

産後のママにとって赤ちゃんは宝物です。何の断りもなしに触ったり、抱っこされたりすると不快に感じるものです。また指をしゃぶらせる、大泉門周辺を触る、片手で抱っこするなどは絶対に避けましょう。

赤ちゃんに触れる時にはママに確認し、安定した体勢で抱っこさせてもらいましょう

「授乳」への配慮をしよう

母子同室をしている場合は、授乳を部屋の中で行います。生まれて間もない頃は最低でも3時間おきには授乳しています。お見舞いで訪室した際はいきなりドアを開けず、ノックしてから入りましょう。

またお見舞い中に授乳することになった場合は、男性だけでなく女性も退室するよう配慮しましょうね。

主役は赤ちゃんと「ママ」

お見舞いに行くと、つい「赤ちゃん」ばかりに注目してしまいがちです。しかし本当にねぎらうべきは「ママ」です。出産を乗り越えたママへ言葉をかけ、出産の話や思いなどを聞いてあげましょう。

必要な物は?手土産は必要?

出産祝いやお花、食べ物など、お見舞いの時には持参すべきなのでしょうか。このようなものは貰うと嬉しいですが、短期間である産後入院においては場合によって迷惑になるかもしれません。

出産祝いは持ち帰る際に荷物になりやすいです。後日送るか改めて自宅に持参するなどしましょう

またお花や食べ物は管理が大変な場合があります。冷蔵庫が有料であったり、乳腺炎になりやすく甘いものを避けていたりすると、大量にもらっても困ってしまいがちです。

もし手土産として持っていくならば、簡単に食べられる物や飲み物などをお気持ち程度準備しておきましょう。ママに欲しいものが無いか聞き、買って行ってあげてもいいかもしれませんね

配慮してスマートなお見舞いを!

赤ちゃんが生まれたことは非常におめでたいことです。しかしその吉報に対してテンションが上がりすぎ、マナー違反をしてしまわないように注意しましょう。

普段は気を使わない仲のお友達であっても、産後は敏感になりやすく些細なことでトラブルがおこることがあります。ママを疲れさせたり不快にさせては、お見舞いの意味がありませんね。

お見舞いは相手が嬉しいと思って初めて「成功」です。しっかりと確認、そしてママへの配慮をして喜ばれるお見舞いにしましょう。

  関連記事

うつ乳を改善しないと乳腺炎に!うつ乳の原因を理解して辛い症状が出ないように気をつけよう

母乳育児をしていくなかで、よく耳にするトラブルの一つが「乳腺炎」です。乳腺に母乳 …

産休の時間を有効に使おう!産休中にやっておいた方がいいことまとめ

子どもが生まれたあとはできなくなってしまうことも産休中に済ませておこう! 産休と …

おっぱいマッサージの時期や方法、効果や注意点を知りましょう!

出産後にはたくさんの母乳を飲ませてあげることによって赤ちゃんが健康になり、さらに …

胎児に栄養や酸素が行き渡らない!「過熟児」という病気について

「大は小をかねる!」ではありませんが、大きな赤ちゃん=健やかな存在だとお考えのマ …

児頭骨盤不均衡についてのまとめ!原因や兆候・症状、診断方法を解説

みなさんは、「妊産婦死亡率」という言葉を知っていますか?これは、妊娠中及び妊娠終 …

産後におこりやすい「恥骨痛」一体いつまで続くの?病院に行くべき?

「お産は病気ではない」とは言いますが、医療の進化した今の時代でもお産は命がけの大 …

産後のむくみが辛い!その原因と対処法とは?むくみが原因で育児や外出が辛いなら、改善方法を探そう!

妊娠中にむくんだ経験のあるママは、案外多いのではないでしょうか。血液の半分を占め …

イメージトレーニングで陣痛の痛みを和らげる「ソフロロジー」の方法やメリットとは?

分娩方法の一つとして知られている「ソフロロジー」はご存知ですか?聞いたことはある …

出産育児一時金は誰でももらえるの?その手続き方法は?

妊娠は喜ばしいことですが、妊婦健診は健康保険が適用されませんので、すべて自己負担 …

5分間隔の陣痛は結構痛いけど、できるだけリラックスして過ごそう!

陣痛の痛みはどのくらいのものなのか、なかなか経験してみることができませんよね。出 …