ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

注意!ママ友とのトラブルになりがちなことって?そうなったときの対処法とは

   

春になると、入園や入学などで他のママさんと知り合う機会がぐんと増えますよね。また、季節を問わずに児童館などで出会ったママさんとお友達になることもあります。

いわゆる「ママ友」ができるのは、とても心強いことですが、同時に思いもよらぬトラブルがおきてしまうことも。

そこでママ友トラブルってどんなものがおこりやすいのか、そんな時はどうしたらいいのか、まとめてみました!

ケース1~子供同士のケンカが発端に~

おもちゃの貸し借りや小競り合いなど、子供同士はちょっとしたことで喧嘩になりやすいですよね。そんな時に手が出てしまって、ちょっとけがをさせてしまったときなど、その時の対応によってはトラブルになってしまうことも。

例えば、手を出されたり、ケガをしちゃった子の親が「相手が悪いのに、きちんと謝られなかった!」となったり、逆にケガをさせてしまった方の親が「謝ろうと思ったのに、その前にいなくなってしまった…」となったりすることもあります。場合によっては、きちんと謝ってくれずに加害者の方がいなくなったり…ということも!

対処法は「親子で誠意ある対応を!」

子供同士の場合、ある意味では「お互い様」というところがあり、いつ自分の子が被害者・加害者になってしまうかわかりません。だからこそ、加害者になってしまった場合には親子でしっかり謝り、被害者になった場合には「大丈夫ですよ」と応える思いやりをもつことが大切です。

また、どちらの立場になったとしても、わが子の意見もしっかり聞いてあげること。手が出てしまったとしても、なにか理由があったのかもしれません。聞いてあげて、寄り添った上で「でも、手を出すのはよくないことだからそこは謝ろうね」などと対応してあげましょう。

ケース2~嫉妬やうわさ話によるトラブル~

マウンティング」という言葉があるように、どうしても人よりも優位に立ちたいと思っている人はいます。それがママ友同士になると、持ち物や夫の職業、年収、車の有無やそのブランドなどで格下扱いをされたり、逆に妙に近寄ってきたりする人もいます。また、そのことが理由で変な噂話を流されて、仲間外れにされる…という可能性も。

対処法は「プライベートな話は極力しないこと!」

言葉上はママ友とはいえ、いわゆる苦楽を共にできるような「友達」という間柄ではありません。そのため、プライベートな話はあまりせず、また、相手のことも詮索しないでよい距離感を保つことが大事になってきます。

もしそういったことを聞かれても適度に濁し、また相手からふってきてもあまり興味を示さないことです。しつこく詮索してくる人がいた場合、その人自体がトラブルメーカーになりやすいので、距離を置くことをおすすめします

ケース3~LINEなどSNSのトラブル~

最近は、ママ友さんともLINE交換することが多いのではないでしょうか。気が合ったママさんだけでなく、場合によってはクラスなどでグループLINEなどを作ることもあるかもしれません。

そうなると、「このママさん返事が早いから、既読無視になっちゃう」「このママさんとの個別LINEに返事していないのに、共通のクラスLINEは返事しなきゃ」など、色々と気苦労が絶えなくなる可能性もありますよね。

対処法は「皆忙しいはずだからなるべく気にせず、マイペースに」

人によって返事のペースはまちまち。合わせようとLINEばかりに気を取られていたら、子供との大切な時間が削られたり、ストレスの元になってしまいます。

そもそも皆ママなはずなので、子供とのふれあいや家事の合間にやっているはず。「私はいつもこのペース」と決めてしまって、それを貫き通せば大丈夫。

場合によっては、「夜のこの時間しかLINE見られない」と宣言してしまうのもありかもしれませんね!

思いやりとほどよい距離で上手に付き合おう

ママ友さんとは、基本的に「深入りしすぎず、楽しく付き合える距離」を保つのが一番です。その中で、気が合う人が出てきたら「友達」になれるかもしれませんが、まずは子供を接点に付き合いのある人たちなので、あまり「仲良くしよう!」と張り切らないことです。

その上で「自分がされて嬉しい対応」を心がける思いやりがあれば、トラブルに巻き込まれる可能性はぐんと減るはずです。

上手な大人の付き合いで、ママ友付き合いを乗り切りましょうね。

  関連記事

夫が育児に非協力的なのを何とかしたい!何か対策はあるの?

子どもは、夫婦二人がいて初めて、授かることができるものです。そして近年は「イクメ …

新米パパが家事や育児をするときに、気をつけたいポイントは?

初めての赤ちゃんが産まれたときから、新米のパパとママにとって、長い子育てが始まり …

どうして単身赴任の旦那さんが浮気するの?その予防方法は?

会社員の旦那さんを持つと、転勤の可能性を否定できません。そして、子どもが小さいう …

その行動!もしかして旦那さんは浮気をしているかもしれない!?浮気を疑うべき行動とは?

『まさかうちの旦那に限って』と誰もが思うと思いますが、浮気をしている旦那さんが多 …

熟年離婚にはどんなメリット・デメリットがあるの?離婚後の生活はどうなる?

長年連れ添った夫婦が、仕事や子育てがひと段落した段階で離婚する「熟年離婚」。 昨 …

女性には子育て本能があるって本当?子育ては男女平等じゃないの?

夫婦にとって、二人の子どもができることは、大きな喜びを伴う出来事です。ですが、妊 …

子どもがいる夫婦は必見!親子断絶防止案について

日本では、3組のうち1組が離婚していることを知っていますか? 現在の日本の離婚率 …

ママ友との上手な付き合い方って?タブーな話題を予め知っておこう

子育ては孤独になりがち…だからこそできると心強いママ友ですが、意外と気を遣ったり …

共働き家庭の強い味方である孫育て。でも、孫バテが増えているって本当?

現代は、共働き世帯の数が専業主婦世帯の数を、大幅に上回っています。 そして、居住 …

フィジカルコンタクトとは?赤ちゃんを抱っこすると父性が増すって本当?

夫婦にとって、妊娠・出産は喜ばしいものですが、親としての自覚が芽生える過程には、 …