ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

新学期、気になる子どもの担任は?担任の先生とママのうまい付き合い方

   

4月、新学期の季節に子どもと一緒にママもドキドキしてしまうのは担任の先生が誰になるのかという事ではないでしょうか。

周囲からの噂では「この先生が良いな」と思っていたとしても、そうは上手くはいかないこともあります。また、この先生は避けたいと思っていた先生が担任になることもあります。

担任の先生はこれから一年間か二年間…もしくはそれ以上、お世話になるわけですから好き嫌いという感情ではなく上手に付き合う方法を身につけましょう。

先生との関係がうまく行ってると良いことって?

ママと先生との関係が上手くいっていることにより、学校生活で子どもの様子がいつもと違うと感じた時など、先生からママに連絡が入りやすくなります。

また、自宅での様子や朝学校に行きたがらないなど不安なことがあったとき、ママが先生に相談がしやすくなります。

先生もママもお互いに話しやすい、声を掛けやすい雰囲気であると何かあったときでも問題が大きくなる前に解決することができる可能性が高くなります。

また、先生とママの関係が上手くいっていることは、子どもにとってもどちらも信頼できる大人であると認識することができます。そうすることで、困ったことを相談しやすいというメリットもあります。

苦手と感じてしまう先生って?

「自分の考え方と違うな」と感じる先生は苦手意識が高まることになります。人間同士なので、自分と同じ考え方を求めてしまうのは難しいものがあります。

しかし、考え方の異なるところがあっても、「そういう考え方もあるのだな」とママの方から柔軟性をもって歩み寄ることで多少は理解することもできるようになります。

また、「子どもと先生の相性が良くない」とママ自身が感じることがあれば、先生自身をよく知らないまま苦手苦手意識を感じてしまうことがあります。子どもと先生の相性はもちろんあるので仕方がないことではあります。

ですが、子ども自身もこれから様々な人と付き合っていく中で上手く避けられない状況もあります。ですので、ママも子どもと同じように「苦手だから、嫌いだから」と避けてしまうのはやめましょう。

先生に対して苦手意識を持っても、一歩踏み込んでうまく付き合っていけるように、ママから子どもへアドバイスをしてあげることが大切です。

もちろんママ自身も学校行事に参加して先生がどんな人なのか見極めるようにしましょう。

ママが思ういい先生って?

ママが思ういい先生はクラスのこと、そして子どもたちのことに気を配り、楽しい学校生活を子どもが送れるようにサポートしてくれる先生でしょう。また、ママが声を掛ければその問題の解決のために積極的に行動をしてくれる先生も魅力的です。

そしていい先生は程よいメリハリがあり、授業が上手、子どもたちの個性を認めよく理解してくれる先生です。

その他には賛否両論別れるところではありますが、厳しい先生です。

子どもから怖いと恐れられる先生は学年に一人は必ずいます。怖い先生といっても四六時中怖いわけではありません。怒ったときのインパクトが強いので子どもからは怖い先生というレッテルを貼られてしまうのでしょう。

メリハリのある注意喚起や、大きな声を出してでも子どもに伝えなくてはならないことをしっかりと行える先生は確かに子どもにとっては怖い先生かもしれません。

ですが、子どもを想ってそういった行動に出ているということを考えると、親目線で言えば「いい先生だな」と感じることもあるわけです。

先生との関係を良くするにはどうしたら良いの?

先生とママの関係を良くするためには、先生から疎まれるような行動を控えることが一番でしょう。

我が子が可愛いからといって理不尽なお願い事をしたり、文句を言っているようでは要注意人物とされてしまい、先生との関係を良くすることはできません。

また、先生の仕事の負担が増えるようなことをむやみやたらにお願いするのも良くありません。もちろんママにはわからない学校生活でのこと、お願いしたいことは多々あると思いますが、要点を絞って先生の負担にならないように配慮はするべきです。

必須項目ではありませんが、先生と良い関係を作る一つのポイントとして、保護者会や学校行事に積極的に参加をし、できる限りPTA活動や役員など係活動に携わるのが良いでしょう。

これらは、いわゆるボランティア活動なので、参加してくれるママは感謝をされます。また、学校に足を運ぶ機会が増えるので、先生とも顔を合わせる機会が多くなり、関係を良くすることができます。

先生も一人の人間

先生とママが上手く付き合うためには、お互いに嫌な思いをするようなことはしてはいけません。相談をするときにもこちら側の意見を一歩的に伝えるのはやめましょう。

中立の立場である先生からすれば問題解決に協力はしてくれても、味方になるのは難しいことです。先生も同じ一人の人間として立場を理解することが大切です。

子ども預ける立場のママであっても、自身が少しずつ学校側へ歩み寄ってみたり、協力したりする姿勢を見せることが、よりよい関係を築いていく中で重要になっていくでしょう。

  関連記事

女性には子育て本能があるって本当?子育ては男女平等じゃないの?

夫婦にとって、二人の子どもができることは、大きな喜びを伴う出来事です。ですが、妊 …

もしかして仮面夫婦じゃない!?仮面夫婦の仲を取り戻すにはそうする?

他の人の前では仲良し夫婦のふりをしているのに、実際は2人の中は冷え切っている「仮 …

何故できちゃった婚は離婚率が高いの?離婚を回避する方法とは?

かつての日本では婚前交渉などもっての外という価値観があり、結婚前に赤ちゃんを授か …

共働き家庭の強い味方である孫育て。でも、孫バテが増えているって本当?

現代は、共働き世帯の数が専業主婦世帯の数を、大幅に上回っています。 そして、居住 …

おむつ交換を嫌がる夫に、協力してもらう方法とは?

我が子の誕生はうれしいものであっても、パパがママと同じように育児に取り組めるかと …

機能不全家族の中で育つとどうなるの?自分が毒親にならないためにできることは?

近年、他者と良好な関係が築けないひとが増えているように感じます。かつて、「アダル …

怖い実態、ママカーストの中をうまく切り抜ける方法とは

昔インドで行われていた階級を表すカースト制に見立ててできた言葉、ママカーストです …

いま話題の妻源病あなたは大丈夫?原因と対処法とは?

最近注目されている「妻源病」という言葉を知っていますか?かつてはダンナさんのパワ …

ママ友から仲間はずれ、避けられていると感じる!その原因と対処法は?

子どもが産まれ、保育園やお稽古事、幼稚園のプレスクールなどに通い始めると、「ママ …

フィジカルコンタクトとは?赤ちゃんを抱っこすると父性が増すって本当?

夫婦にとって、妊娠・出産は喜ばしいものですが、親としての自覚が芽生える過程には、 …