ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

怖い実態、ママカーストの中をうまく切り抜ける方法とは

   

昔インドで行われていた階級を表すカースト制に見立ててできた言葉、ママカーストですが子どもがいないときや、小さいときは無関係なことが多いですが幼稚園や小学校への入園・入学と共にその危険にさらされる確率が高くなります。

できるだけ周囲と穏便に上手くやっていきたいと考える人が多い中で、ママカーストを仕切っている人たちがいるのも事実です。

ここではママカーストに関わっておこる怖い実態や、うまく切り抜ける方法などをまとめます。

ママカーストってどんなもの?

ママカーストとは序列をつけてママたちの扱いを決めることをいいます。

その中には好き好んでママカーストに参加している人と、止むおえず参加している人、参加する気はなかったのに巻き込まれてしまっている人がいます。

ママカーストは収入や、旦那さんの職業、持ち物で格付けされることや、子どもの勉強の成績や、習い事にどれだけ通わせているのか、などによっても格付けされ図式で表すとピラミッド型になっています。

トップになったママがその場を仕切り、取り巻きのようなワンランク低いママたちがトップを持ち上げ、その下が上に気を揉んだりしながら一緒に行動し、底辺にあたるママたちは悪口を言われたり蔑まれたりしています。

なぜ序列をしたがるの?

本来ならばママカーストなどなく、それぞれが自分の価値観や性格に合ったママ同士が仲良く過ごすことができればよいのですが、たくさんの人が集まる場所では序列をしたがる人が必ず出てくるものです。

では、なぜ序列をしたがるのかというと、自分の立場を確立させたいからです。自分が優位でいたい、周りに自分を認めてもらいたい、そんな気持ちが序列をしたがる理由です。

ママ同士の付き合いしかなく、他に自分を表現する場所がないからこそママ友の中で自分の地位を確立させないと不安で仕方がないのです。

他の場所に自分の居場所があればママ友同士の中で何を思われようが気にならないということが多いのですが、専業主婦で趣味なども特にないママの場合、その場所で認めてもらえることが唯一自分を認めてもらえる場所だと感じてしまいます。

そのため、周囲を見て自らが序列をはじめ、自分の地位を作り上げていくのです。

どんな環境でおこりやすい?

ママカーストがおこりやすい場所は、幼稚園や小学校などに多く見られます。また、親の関わりはだいぶ少なくなりますが中学校や、習い事の教室、クラブ活動の場所など子どもの学校生活の場でおこります。

そのほかにも子どもを持つママたちが多いファミリータイプのマンションや、社宅で住んでいる階が高層か低層かということ、間取りが広いか狭いか、持っている車のランクや、旦那さんの役職などでもママカーストがおこりやすいです。

比べられるものの選択肢が多いほど序列やランク分けもやりやすくなるため、ママカーストのランク分けもおこりやすくなります。

しかし、子どもの成績もある程度一定とされるお金持ちで優秀な子が通うような場所では、比べても仕方がないものだと感じママカーストはおこりにくくなります。

収入や子どもの成績などにばらつきのある環境の方が比較しやすくなるため、ママカーストがおこりやすくなります。

ママカーストの中でうまく生き抜くコツは?

ランチ会に誘われて行ってみたら、まさにその場がママカーストになっているということがあります。

自分の身の置き方、そして話にとても困ったという人、自分自身は関わっていないつもりでも格付けされている感じがすること、またママカーストの上位グループから嫌われて仲間外れにされたり、いじめられたりすることがあります。

まずはママカーストとしているママたちに目をつけられるような行動は極力避けることが大切です。

納得がいかないことも時にはあるでしょうが、余計なことをすれば立場が追い込まれることもあり上手く生き抜くためには関わらないという選択をすることも必要です。

また、ママカーストをしている人たちから無視をされるなど、グループに属すことができなくなったときも慌てず一人でも行動できる人になりましょう。

少しの間は辛抱しなくてはならないこともありますが、一生その人たちと関わらなくてはいけないことはありません。その人たちに振り回されて過ごすことの方が無駄ですから強くなりましょう。

他人事ではないことも

ママカーストなんてどこか異次元の話で私には関係ない、と感じている人も実はその危険が間近に迫っている可能性があるというほどママカーストというのは身近な話なのです。

他人事だと思っていた人も子どもの生活環境が変わることで気が付いたらママカーストで序列をつけられていたなんてことになりかねません。

また、その場からすぐに身を引けるような場所であれば良いですが幼稚園や小学校など一定期間子どもが通う場所ではその対応方法も気を付けなければなりません。

  関連記事

マザコン夫と子離れできない姑対策、みんなはどうしているの?

恋愛中はどんなに親しくても、相手のすべてを理解しているわけではないことに、結婚後 …

旦那さんの束縛がキツイ!その原因と対処法とは?

恋愛中は、恋人に束縛されたり、焼きもちを焼かれることが、愛されているという実感に …

草食系男子と結婚して幸せになれる?そのメリットとデメリットとは?

10年前に登場した「草食系男子」という言葉も、すっかり定着した感があります。 恋 …

旦那さんが汚いことがストレスの奥さんが多い!?

結婚前は、旦那さんの一挙手一投足が愛しくてたまらなかったのに、結婚して生活を共に …

家族揃ってリビングで過ごすのがトレンドって本当?その過ごし方とは?

2006年にリビング学習が注目を集め、2011年の東日本大震災以降、毎年のように …

フィジカルコンタクトとは?赤ちゃんを抱っこすると父性が増すって本当?

夫婦にとって、妊娠・出産は喜ばしいものですが、親としての自覚が芽生える過程には、 …

スッテプファミリーは上手くいかない!?よい関係を築く秘訣とは?

近年、「スッテプファミリー」に関する著作が増えています。欧米ではスッテプファミリ …

女性には子育て本能があるって本当?子育ては男女平等じゃないの?

夫婦にとって、二人の子どもができることは、大きな喜びを伴う出来事です。ですが、妊 …

もしかして仮面夫婦じゃない!?仮面夫婦の仲を取り戻すにはそうする?

他の人の前では仲良し夫婦のふりをしているのに、実際は2人の中は冷え切っている「仮 …

共働き家庭の強い味方である孫育て。でも、孫バテが増えているって本当?

現代は、共働き世帯の数が専業主婦世帯の数を、大幅に上回っています。 そして、居住 …