ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

怖い実態、ママカーストの中をうまく切り抜ける方法とは

   

昔インドで行われていた階級を表すカースト制に見立ててできた言葉、ママカーストですが子どもがいないときや、小さいときは無関係なことが多いですが幼稚園や小学校への入園・入学と共にその危険にさらされる確率が高くなります。

できるだけ周囲と穏便に上手くやっていきたいと考える人が多い中で、ママカーストを仕切っている人たちがいるのも事実です。

ここではママカーストに関わっておこる怖い実態や、うまく切り抜ける方法などをまとめます。

ママカーストってどんなもの?

ママカーストとは序列をつけてママたちの扱いを決めることをいいます。

その中には好き好んでママカーストに参加している人と、止むおえず参加している人、参加する気はなかったのに巻き込まれてしまっている人がいます。

ママカーストは収入や、旦那さんの職業、持ち物で格付けされることや、子どもの勉強の成績や、習い事にどれだけ通わせているのか、などによっても格付けされ図式で表すとピラミッド型になっています。

トップになったママがその場を仕切り、取り巻きのようなワンランク低いママたちがトップを持ち上げ、その下が上に気を揉んだりしながら一緒に行動し、底辺にあたるママたちは悪口を言われたり蔑まれたりしています。

なぜ序列をしたがるの?

本来ならばママカーストなどなく、それぞれが自分の価値観や性格に合ったママ同士が仲良く過ごすことができればよいのですが、たくさんの人が集まる場所では序列をしたがる人が必ず出てくるものです。

では、なぜ序列をしたがるのかというと、自分の立場を確立させたいからです。自分が優位でいたい、周りに自分を認めてもらいたい、そんな気持ちが序列をしたがる理由です。

ママ同士の付き合いしかなく、他に自分を表現する場所がないからこそママ友の中で自分の地位を確立させないと不安で仕方がないのです。

他の場所に自分の居場所があればママ友同士の中で何を思われようが気にならないということが多いのですが、専業主婦で趣味なども特にないママの場合、その場所で認めてもらえることが唯一自分を認めてもらえる場所だと感じてしまいます。

そのため、周囲を見て自らが序列をはじめ、自分の地位を作り上げていくのです。

どんな環境でおこりやすい?

ママカーストがおこりやすい場所は、幼稚園や小学校などに多く見られます。また、親の関わりはだいぶ少なくなりますが中学校や、習い事の教室、クラブ活動の場所など子どもの学校生活の場でおこります。

そのほかにも子どもを持つママたちが多いファミリータイプのマンションや、社宅で住んでいる階が高層か低層かということ、間取りが広いか狭いか、持っている車のランクや、旦那さんの役職などでもママカーストがおこりやすいです。

比べられるものの選択肢が多いほど序列やランク分けもやりやすくなるため、ママカーストのランク分けもおこりやすくなります。

しかし、子どもの成績もある程度一定とされるお金持ちで優秀な子が通うような場所では、比べても仕方がないものだと感じママカーストはおこりにくくなります。

収入や子どもの成績などにばらつきのある環境の方が比較しやすくなるため、ママカーストがおこりやすくなります。

ママカーストの中でうまく生き抜くコツは?

ランチ会に誘われて行ってみたら、まさにその場がママカーストになっているということがあります。

自分の身の置き方、そして話にとても困ったという人、自分自身は関わっていないつもりでも格付けされている感じがすること、またママカーストの上位グループから嫌われて仲間外れにされたり、いじめられたりすることがあります。

まずはママカーストとしているママたちに目をつけられるような行動は極力避けることが大切です。

納得がいかないことも時にはあるでしょうが、余計なことをすれば立場が追い込まれることもあり上手く生き抜くためには関わらないという選択をすることも必要です。

また、ママカーストをしている人たちから無視をされるなど、グループに属すことができなくなったときも慌てず一人でも行動できる人になりましょう。

少しの間は辛抱しなくてはならないこともありますが、一生その人たちと関わらなくてはいけないことはありません。その人たちに振り回されて過ごすことの方が無駄ですから強くなりましょう。

他人事ではないことも

ママカーストなんてどこか異次元の話で私には関係ない、と感じている人も実はその危険が間近に迫っている可能性があるというほどママカーストというのは身近な話なのです。

他人事だと思っていた人も子どもの生活環境が変わることで気が付いたらママカーストで序列をつけられていたなんてことになりかねません。

また、その場からすぐに身を引けるような場所であれば良いですが幼稚園や小学校など一定期間子どもが通う場所ではその対応方法も気を付けなければなりません。

  関連記事

理解できなくても認めよう!「理解できない夫の趣味」への対応ガイド

休みの日は布団の中でずっとゲーム!毎週末はゴルフ!何かと車やバイクばかり触ってい …

娘がパパを避けるようになった!娘のパパ嫌いの乗り越え方とは?

女の子を持つパパの多くは、娘が可愛くて仕方がなくて「大きくなったらパパと結婚する …

妊娠中はパパに対してイライラすることが多い?対処法は?

妊娠は、夫婦にとって喜ばしい出来事です。ですが、妊娠して心身が変化していくママが …

パパが職場への妊娠報告をするタイミングは?守るべきマナーは?

夫婦にとって、子どもを授かることは、何よりも喜ばしいことです。ですが、妊娠の報告 …

妊娠してから夫が冷たい…。その原因と対処法とは?

夫婦にとって、子どもを授かるのは何よりも嬉しいことのはずです。ですが、妊娠週数が …

本当に必要?幼稚園でママ友を作らないメリット・デメリットまとめ

子供ができるまでママ友と言う言葉を、こんなにも自分が使うようになると思いませんで …

大黒柱のパパが最下層って本当?家庭内カーストとその改善方法について

お子さんを持つ保護者世代は、スクールカーストの問題については、ニュースなどで見聞 …

ママ友ってどうやって作ったらいいの?人見知りでも作れる?

初めて子どもをもったとき、身近なところに相談相手がいてくれたらと思うことが増える …

旦那さんのお小遣いってどうしている?お小遣いの額を決める基準とは?

結婚するとき、家計をどちらが管理するのか夫婦で話し合い、旦那さんをお小遣い制にす …

2人目育児のキーマンは「パパ」!パパ次第でママがとっても楽になる!

2人の出産を控えたパパ。積極的にサポートしてきたパパ、ママに任せきりだったパパも …