ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

本当に必要?幼稚園でママ友を作らないメリット・デメリットまとめ

   

子供ができるまでママ友と言う言葉を、こんなにも自分が使うようになると思いませんでした。ママ友とそれを超えた友人関係とは一体どう違うのか。子供を介して知り合った人と、どうコミニケーションをとっていけばいいのか。

自分と価値観が違う人でも、子供同士が仲が良ければ自分も仲良くしなければいけないのか、とても難しいところです。大人になった今、新しいママ友というスタンス。ママ友を作らないメリットやデメリットを一度考えてみましょう

ママ友ってどんな関係?

ママ友とは、いつも行く公園や子供の遊べる施設で、会うと話をしたり、子供同士一緒に遊ばせることができる関係です

子供の話を中心にしているので、お互いの話はあまりしません。そのため相手の年齢や、出身地など詳しい事は知らない場合が多いものです。

子供をツールとして会話を行うので、会話の内容は子育てに関する話が中心です。病気の事だったり、成長している段階で疑問に思うことを話します。相手の年齢も出身地も様々のため、お互いの話をするとうまく噛み合わないことが多いものです。

子供同士も仲が良く、話があうママ友とはお互いの家の行き来もします。一度行かせてもらったら招待します。一緒に購入したお昼やおやつを食べたりもします。そのグループの輪が広がれば、イベントに合わせたパーティーを開くこともあります。

幼稚園にママ友がいないメリットってなに?

幼稚園とは、様々な場所から園児が通ってきます。最近はバスで広い範囲を回るので、お互いの家がとても遠い場合があります。そのため公園や、よく行くスーパーでも見かけず、幼稚園で初めて顔を合わせるそんな人も多いものです。

小さい時から少しでも顔見知りの人であれば、何となくその人のセンスや感覚的なことがわかるので、話がしやすいものです。ですが全く初めての人と、新しい人間関係を作っていく事はとてもパワーが要ることです。

入園後、幼稚園に子供を通わせる事は、毎日の支度や準備がとても大変なものですよね。親が幼稚園に行く必要がある日も多く、母親自身が気疲れすることもあります。

その上、年齢も出身地も違う価値観の違う人と、新しい人間関係を作っていくのはとても大変です。共通する話題を何とか見つけ、自分から声かけをしていく事は、とてもパワーが必要です。

ママ友を作ろうと意気込まなければ、自分自身も気疲れすることなく、子供を余裕を持った心で迎えてあげられるはずです

デメリットはあるの?

幼稚園の給食が始まると、子供が帰るまで自分自身にたっぷり時間ができます。今まで育児に忙しくしていたため、最初はその自分だけの時間がとても嬉しく、有意義に感じます。

ですが忙しいことに慣れすぎていたため、時間を持て余す日が多くなってきます。毎日買い物に出かけるわけにもいかないので、そうすると何もすることがありません。

そんな時ママ友がいれば、気になるお店に一緒にランチに出かけたり、お迎えの時間まで少し遠出の買い物も楽しめます。独身の時の気持ちを思い出すような、そんな時間を作り出せます。

もしもママ友に自分の子供よりも大きなお子さんがいた場合、たくさんのことを教えてもらえます

これから行われる幼稚園行事についてや、必要なものの揃え方。先生の評判など、多岐にわたる参考になる話が聞けます。必要な情報はある程度持っていた方が便利なので、とても助かるでしょう。

ママ友がいない場合、これらの経験ができないことがデメリットといえるでしょう

ママ友がほしいけど、どうしたら良いの?

始めやすいのは、子供が仲良くしているママとお話しをすることです。授業参観や、ちょっとしたお迎えの際に、いつも〇〇ちゃんのお話を家の子がよくしますと声をかけるのです。

大抵相手の子供も同じように話をしてくれているので、共通の話題を持てて話し始めやすいのです。そんなママを数名作っておきます。

そしてどの幼稚園でも、最近はランチ会が開かれます。 PTA役員の人を中心とした提案で、近くのレストランに食事に行くのです。そういったお誘いには気乗りしなくとも、少し緊張しても必ず出かけてみます。

自分を気取って見せるのではなく、友達と接するように、肩の力を抜いて会話を楽しみます。自分がPTA役員でなくとも、何かとお手伝いはかって出ます。その用事後に、みんなでランチに行けるような場合は、必ずお手伝いをするのです。

そうして幼稚園と関わりを持つうちに、自分に合う人が分かってきます。そういった相手とは個人的な連絡交換もでき、ママ友になれるはずです。

無理にママ友を作る必要はない

どうしても新しい人間関係を築くのも苦手で、 1人で子供のいない時間を有意義に過ごしたいのなら、あえてママ友を作る必要はないと思います。自分で自分の時間が楽しめるのなら、無理をする必要はありません。

無理をして楽しんでいるように見せても、その雰囲気は相手に伝わります。自分が無理をしなければいけない相手と、友達になる必要はありません。自分がこの人とは仲良くなりたいと思う人と出会った時に、ママ友になればいいのです

  関連記事

パパと子どものコミュニケーションが子どもの性格に及ぼす影響とは?

子供は親の口調や動作など、なんでもマネをして成長していきます。 親が子供に与える …

子どもがいる夫婦は必見!親子断絶防止案について

日本では、3組のうち1組が離婚していることを知っていますか? 現在の日本の離婚率 …

考えている以上に恐ろしい!モラハラの定義とおこる原因、対処法について

近年、「モラハラ離婚」という言葉を、よく見聞きするようになりました。モラハラとは …

立会い出産をするパパの役割とは?成功の秘訣が知りたい!

パパや家族が付き添って出産に臨むことを、「立会い出産」といいます。2013年に厚 …

最近、話題の家事ハラスメントとは?おこる原因と対処法が知りたい!

最近、昼の情報番組で「家事ハラスメント」が取り上げられ、話題となっています。ハラ …

単身赴任すると離婚に発展しやすいって本当?それを防ぐ方法は?

旦那さんが単身赴任すると、浮気する確率が高いといわれています。その結果、離婚に発 …

祖父母はどうして孫を甘やかすの?そのメリットとデメリット、対処法が知りたい!

都市部の待機児童問題が解決の兆しを見せない現代の日本では、祖父母に「孫育て」に奮 …

ママ友がいないって問題?ママ友がいないメリットとデメリットは?

近年、専業主婦世帯より、共働き世帯の方が多いこともあり、あえてママ友をつくらない …

家庭内離婚の定義とは?そのメリット・デメリットと子どもへの影響について

愛し合って結婚した二人であっても、いろいろな理由で愛情が冷めてしまうことがありま …

旦那さんの帰りが遅いことでイライラする理由と対処法とは?

新婚時代は仕事が終わればまっすぐに帰ってきていた旦那さんが、結婚生活が長くなり、 …