ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

転勤族との結婚、幸せになるための方法を教えて!

   

いつの時代においても企業戦士たるもの、会社から突然の転勤命令が下ることがあります。そして転勤命令が下ると同時に、転勤族の家族は、転勤先に帯行していくべきか、否かの決断を迫られることにもなるのです。

そこで、もしも転勤族の相手方にプロポーズを申し込まれたり、結婚後に相手方の転勤が決まった場合においての対応を、転勤族の家族という立場上からご紹介していきます。少しでも参考にして幸せの第一歩を歩みましょう。

転勤族との結婚で得られる嬉しいことは?

プロポーズを申し込んでくれた相手方が転勤族の場合にも、結婚後に転勤が決まった場合にも、転勤先に帯行するか否かを決断します。では、帯行した場合と残った場合の二通りをみてみましょう。

「配偶者の転勤先に帯行した場合」

  • 新たな土地へが生まれる(全国各地、もしくは海外へ足を踏み入れる機会に恵まれます。)
  • 転勤先の名産品や美味しいものにも出会える
  • なによりも家族が一緒に住むことができる

「配偶者の転勤先に帯行しない場合」

  • 独身気分で気軽に生活を送ることができる
  • 月に一度配偶者が帰宅するときに、新鮮な気持ちが味わえる

概ねこのような「嬉しいこと」があります。

結婚を躊躇する理由はどんなこと?

結婚前に転勤族という事実が判明していたなら、結婚に足踏みをしてしまうこともあります。
主な理由をあげてみます。

夫婦で一緒に生活したい居住地や家が決まっている場合、相手方が帯行を希望している場合

妻の居住地はすでに決まっていることを条件下に、夜は必ず帰宅してほしい理由があるとき、1人では不自由があるとき、結婚すれば共に生活をする必要性があるとき。両親の介護などが必要であるとき。

子供の教育を考慮した場合

将来子供の教育方針が固まっており、転勤族では子供の教育のめどが立たないと考えられるとき。

妻が仕事を持っている場合

仕事の都合で転勤先に帯行できないと考えられるとき。単身赴任か、家族が帯行するか、という問題で両者の間で希望が折り合わないとき。

おもに3点のような事由から結婚を決めるか否かを迷うことがあります。

転勤族との結婚が子どもに与える影響は?

転勤族との結婚でできた子供はどのようなプロセスを得ているのでしょう。

転勤族の家族として帯行し、子供をもうけた場合、大抵は転勤先の土地の産科で出産、育児を行うことになります。お友達ができてもすぐにサヨナラを言うことになります。

また多くの場合、数年後に一度の頻度で夫に転勤命令が下ると、家族も次の転勤先へと引っ越しをおこないます。子供の生活環境も変化します。

転勤があるたびに家族の引っ越しと、子供の学校の転校が繰り返されていくことになります。大人にはその都度、転校届けなどの事務的な処理の手間が必要になります。

そして子供が義務教育を卒業したころ、子供は進路先へとあゆみ出すので、家族のもとを離れて暮らすことになります。

このように子供への転校の繰り返しを回避するためには、子供が学童期にはいるころには、単身赴任を決断するという策をとる方法があります。

転勤族との結婚生活を幸せにするコツは?

夫婦2人だけの転勤生活であれば、定年後まで家族ともに住むこともできますが、子供を設けた場合には単身赴任がおすすめです。

マンションを購入したのちに母子だけ地元へと戻り、生活している事例はとても多いものです。それは子育てにおいて、度々生活環境を変えることはデメリットが多く、子供への影響も懸念されるからです。

また夫が怪我や病気で入院もしくは療養している間は、妻は転勤先へと通い療養に力を注ぐ必要があります。そして元気な間は、月に一度は母子の元へと帰省し、家族との時間を過ごすことも必要になります。

夫の定年後には、暖かく自宅マンションへと向かい入れます。そして転勤先での夫のプライベートには無関心でいることも大切です。妻に対しても同じあり方が求められます。

なにより子供の様子を近況報告するマメさも必要です。このようなコツをつかめば、幸せになれるでしょう。

事前の心構えが大切

サラリーマンである以上は、いつ会社から転勤命令が下るとも限りません。転勤族と判明してから結婚する場合と、結婚後に転勤が分かる場合もあります。後者の場合には、結婚前にあらかじめ転勤の可能性について、本人に確認しておきましょう。

転勤族でも幸せな結婚生活を送り、子供の成人後に夫婦2人でシルバーライフを楽しんでいる夫婦もいます。共に過ごす時間が少ない分いつまでも新鮮味のある生活が送れるメリットもありますね。

  関連記事

旦那さんをコントロールする方法は何かある?メリットや注意点とは?

どんなに熱烈な恋愛を経て結婚したとしても、生活を共にすることで不満を感じるように …

何かとお金のかかる子どもの行事「お宮参り」の費用を徹底解説!

赤ちゃんが生まれて一か月ほど経つと神社に行く「お宮参り」。初めての赤ちゃんであれ …

妊娠してから夫が冷たい…。その原因と対処法とは?

夫婦にとって、子どもを授かるのは何よりも嬉しいことのはずです。ですが、妊娠週数が …

妊娠したらホタル族になるパパが急増!守るべきマナーとは?

喫煙がお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことは、周知の事実です。そのため、自分がタバ …

旦那さんのお小遣いってどうしている?お小遣いの額を決める基準とは?

結婚するとき、家計をどちらが管理するのか夫婦で話し合い、旦那さんをお小遣い制にす …

別居婚が子どもに与える影響とは?メリット・デメリットなどまとめ

別々の家で生活をする別居婚というスタイル。 ちょっとしたことが目に付いたり、文句 …

いま話題の妻源病あなたは大丈夫?原因と対処法とは?

最近注目されている「妻源病」という言葉を知っていますか?かつてはダンナさんのパワ …

子どもができると義実家で苦痛を感じやすくなる!?その原因や対処法とは?

嫁姑問題は、古今東西なくなることのないテーマです。夫婦二人でいるときには、適度な …

祖父母はどうして孫を甘やかすの?そのメリットとデメリット、対処法が知りたい!

都市部の待機児童問題が解決の兆しを見せない現代の日本では、祖父母に「孫育て」に奮 …

実は妊娠中や子育てをしているママが被害を受けやすい?経済的DVっていったいなに?

最近は多くの人がその言葉を知るようになったDVですが、DVと聞くと暴力的なイメー …