ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

産前産後で交友関係は変わる?よい関係を築くためにできることは?

   

出産は、夫婦やその家族にとっては、とても喜ばしいことです。ですが、どんなに親しい友人であっても、出産やその後の育児の過程で、疎遠になっていくケースは、枚挙にいとまがありません。

幼馴染や学生時代からの友だちは、家族に近い感情を持ちがちですが、あくまでも他人であり、節度を持って付き合わなければ、残念ながら交友関係が変わってしまいます。

そこで今回は、産前産後で交友関係に変化がおこりやすい理由と、よりよい関係を築くために何ができるのかについて、一緒に考えてみましょう。

女性は結婚・妊娠・出産で交友関係に変化がおこりやすい

女性の友情は、男性のそれと比べると、移ろいやすいといわれています。

その背景には、男性より女性の方が、ライフプランのバリエーションが多く、未婚と既婚、子どもの有無、専業主婦と兼業主婦などに、自然にカテゴライズされていくことが考えられます。

その結果、生きるうえでの優先順位や価値観、話題などに違いが生まれてしまうのです。産後のママは、特に初めての出産だった場合、その経験やかわいい我が子、育児の楽しさに夢中になるのは自然なことです。

ですが、未婚や既婚でも子どもがいない友だちには、さほど関心がない、あるいは不妊治療中であれば聞きたくない話題である可能性も高いのです。

友人関係は、双方の話を聞くことで成立しますので、一方的に話題を聞き続ける方が辟易して、交友関係が変化するのは、よくある話です。

これまでの友だちとの付き合い方は?

女性は、未婚か結婚か、仕事でキャリアを築いているか否か、子どもを持っているか否かなど、さまざまスケールで、相手と自分を見比べる傾向が強いようです。

そのため、自分がないものを持っている友だちに対し、羨望や嫉妬の気持ちを持つことがあります。それを理解したうえで、節度をもって付き合うことが、友情を長続きさせる秘訣です。

子育てに追われていると、1日中家で子どもと過ごすことが多く、パパは仕事で留守がちともなれば、大人と話したいという欲求が募るものです。

そんなとき、連絡を取りたくなるのが女友だちですが、相手の状況によっては、あなたの都合に付き合う時間はないかもしれません。

いきなり電話をするよりも、メールで電話で話したいこと、都合がよい時間があれば教えてほしいことを伝え、相手に迷惑をかけないように配慮しましょう。

また話題も、自分の子育ての話をするだけでなく、相手の話を聞き、相手に負担のない時間で切り上げるよう心がけてください。

子どもを介したママ友との付き合い方は?

そしてもう一つ、子どもをもつことで生まれる人間関係があります。それは、「ママ友」です。

一番最初にできるママ友はきっと、出産のときに同室になったママでしょう。その場合は、付き合う主体はママ同士なので、それほど大きなトラブルになることは少ないかもしれません。

ですが、子育て支援センターや近所の公園、保育園、幼稚園で子どもが出会った友だちのママとなると、必ずしも馬が合うとは限らないものです。とはいえ、ママ友とトラブルをおこすと、我が子にまで火の粉が及ぶことがあるので、注意が必要です

ママ友と上手に付き合うためには、パパの話は言わないし聞かない、自分たちの教育方針と似ているママ友と付き合う、誘われても上手に断る方法を見つける。

さらに、フェイスブックやブログは教えない、金銭感覚が似ているママ友といるようにすると、トラブルを回避しやすくなるはずです。

まずは家庭を優先すると割り切るのも方法の一つ

古くからの友だちと、出産や育児を機に距離が遠くなってしまうのは、ママにとっては寂しいことかもしれません。ですが、相手には相手の生活があり、それをあなたの都合で振り回すわけにはいかないのです。

また、子どもが欲しくても授からない人にとっては、友だちの子どもを見るのがつらい時期も、育児の話を聞きたくないこともあります。

それを理解して、大人同士として節度ある付き合いができないのであれば、まずは家庭を優先するのも選択肢の一つです

自分の言動が相手を傷つけたり、不快な思いをさせないように十分気をつければ、交友関係が途切れることを避けられるのではないでしょうか。

  関連記事

その一言で離婚の危機にも!?パパが気をつけたいママに対する言葉の配慮とは?

最近性格の不一致を理由に離婚する夫婦が増えていて、バツイチ、シングルファザー、シ …

文化の違いは当たりまえ!外国人ママ友と上手に付き合っていく方法は?

近年では、日本国内で暮らす外国人の数は増加傾向にあります。ご近所に外国人親子が住 …

旦那さんをコントロールする方法は何かある?メリットや注意点とは?

どんなに熱烈な恋愛を経て結婚したとしても、生活を共にすることで不満を感じるように …

家庭内離婚の定義とは?そのメリット・デメリットと子どもへの影響について

愛し合って結婚した二人であっても、いろいろな理由で愛情が冷めてしまうことがありま …

地方自治体が3世代同居促進政策を推進中!そのメリットとデメリットとは?

近年、日本政府は3世代同居促進政策を推進しています。その背景には、一向に解決する …

新米パパが家事や育児をするときに、気をつけたいポイントは?

初めての赤ちゃんが産まれたときから、新米のパパとママにとって、長い子育てが始まり …

妊娠中にパパの浮気が発覚!その際の対処法と乗り越え方とは?

妊娠は夫婦にとって、大きな喜びを伴う出来事のはずです。特に女性は、日に日に変化し …

出産後に旦那さんが赤ちゃん返り!?その原因と対処法とは?

夫婦にとって、赤ちゃんの誕生は何より喜ばしいことのはずです。 家族が増えて、新し …

パパになった夫が赤ちゃんを怖がる!その理由と改善方法は?

妊娠は、夫婦にとって大きな出来事です。とはいえ、お腹の中で赤ちゃんを育むママと比 …

国際結婚は離婚率が高いって本当?そのメリットとデメリットは?

厚生労働省が2014年に発表した「人口動態調査」によると2013年1年間の婚姻総 …