ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供の疑問に父親はどう対応すればいい?理想の答え方とは?

   

どんな子供にも「なぜ?」「どうして?」と、パパやママを質問攻めにする時期が訪れます。忙しい時間帯に質問攻めされたり、答えにくいことを聞かれることで、戸惑ったり困ったりするパパやママは大勢います。

では、日ごろ仕事で子供といる時間が短いパパが、子供に「なぜ?」「どうして?」と質問されたときには、どう対応したらいいのでしょうか。

そこで今回は、子供の「なぜ?」が始まる時期やその理由、父親としてどう対応したらいいのか、質問の答え方について、一緒に考えてみましょう。

子供の「なぜ?」が始まる時期とその理由とは?

子供の「なぜ?」「どうして?」が始まる時期は、3歳ころというのが一般的です。そしてこの時期は、6歳ころまで続くといわれており、「質問期」とも呼ばれます。

質問期にも段階があり、身近なものの名前を聞く3歳前後の「第一質問期」、「なぜ?」「どうして?」と物事の原因や質問について聞く4~5歳の「第二質問期」に分かれます。

この時期の子供が、パパやママに対して「なぜ?」「どうして?」と言い始めるのは、知的好奇心が伸びているからです。単語から二語文、三語文と、自分の言語能力が向上している時期の子供にとって、毎日の生活の中に新発見がたくさんあります。

そして、どうしてそんなことがおこるのか、何が大事なのかの判断ができないので、純粋に身近な大人を質問攻めするのです。そのため、パパやママが考えている以上に、子供は真剣に「なぜ?」「どうして?」と質問しているのです

子供の「なぜ?」に父親としてどう対応すべき?

では、パパに対して子供が「なぜ?」「どうして?」と質問したときには、父親としてどう対応すべきなのでしょうか。それは、子供の質問に向き合って、その場できちんと答えることです。

子供からの質問は、答えるタイミングが重要です。子供が「なぜ?」「どうして?」と発したときが、疑問に関する興味が最も大きくなっている瞬間なので、答えをしっかり吸収でき、理解できると学習意欲が向上します。

とはいえ、子供の年齢が上がってきたら、自分で考える力を伸ばす働きかけをすることも大切です。そのため、以前に似たような質問をされたと感じたら、「どうしてだと思う?」と、質問で返してみるのもよいでしょう。

また、パパにとっては、子供の質問がかわいらしい、突拍子もないという、感想を持つものもあるかもしれません。そんなときでも、質問する子供のことを絶対に笑ってはいけません。

笑われることで、質問が恥ずかしいことと思い込まないよう、配慮してあげてください

子供の「なぜ?」への答え方とは?

とはいえ、質問期の子供は、語彙力が豊富とはいえません。パパの理屈っぽい説明では、難しすぎて理解できない可能性が高いです。そこで、子供への質問の答え方として、以下の方法を心がけてみてください。

まず、年齢が低い子供の質問への答えは、擬人法を用いてみましょう。「どうして風は吹くの?」「●●ちゃんに挨拶したくて、遠くから来てくれたんじゃないかな?」など、想像力をかきたてる答えで返してあげましょう。

4歳ころまでは、正確な答えを欲していない質問が多いからです。5歳を過ぎて、自分で物事を考えられえるようになったら、前述した質問返しをするのがおすすめです。

そして、わからない質問をされたときには、わかったようなフリをしたり、「わからない」と即答してはいけません

「パパもわからない。そんなこと、よく考えたね。一緒に調べてみようか」と声掛けをして、ンターネット検索や図鑑などで、子供と一緒に答えを探します。そして、そこに書かれている内容を、子供にわかるように説明してあげましょう。

子供の好奇心を満たしてあげよう!

質問期の子供の知的好奇心の膨らみ方は、大人には想像できない広がりを持っています。そしてこれは、我が子が成長を遂げている証でもあるのです。

ママとパパでは、子供と接する時間に差がありますし、質問したときに何でも答えてくれるパパは、子供にとって尊敬できる存在になるはずです。

知的好奇心を持ち続けることは、子供の学力向上にもつながりますので、パパもママも誠実に質問に答えて、子供の力を伸ばしてあげてくださいね

  関連記事

離婚する前に受けておきたい!夫婦カウンセリングのこと

どんなに愛し合って結婚した夫婦でも、共に生活し、子どもができたり、環境が変わると …

休日に寝てばかりの旦那さんにイライラ。その原因と対処法は?

共働き家庭が増えている現代、平日は夫婦でゆっくり過ごすことができない分、休日には …

文化の違いは当たりまえ!外国人ママ友と上手に付き合っていく方法は?

近年では、日本国内で暮らす外国人の数は増加傾向にあります。ご近所に外国人親子が住 …

その一言で離婚の危機にも!?パパが気をつけたいママに対する言葉の配慮とは?

最近性格の不一致を理由に離婚する夫婦が増えていて、バツイチ、シングルファザー、シ …

国際結婚は離婚率が高いって本当?そのメリットとデメリットは?

厚生労働省が2014年に発表した「人口動態調査」によると2013年1年間の婚姻総 …

怖い実態、ママカーストの中をうまく切り抜ける方法とは

昔インドで行われていた階級を表すカースト制に見立ててできた言葉、ママカーストです …

保育園の先生と合わないと感じたときの対処法とは?

人間関係は複雑なので、出会った人すべてとうまくいくということはありません。子ども …

夫といると不調になる「夫源病」とは?その原因と気になる対処法とは?

夫の態度や言動が原因で、めまい、動悸、不眠など更年期障害のような辛い症状に悩まさ …

離婚の際には忘れてはいけない!公正証書を作る重要性について

縁あって出会い、子どもを授かっても、残念ながら離婚してしまう夫婦はたくさんいます …

実は妊娠中や子育てをしているママが被害を受けやすい?経済的DVっていったいなに?

最近は多くの人がその言葉を知るようになったDVですが、DVと聞くと暴力的なイメー …