ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

夫婦喧嘩が子供に悪影響を与えるって本当?やってもいい夫婦喧嘩はある?

   

夫婦二人の時はそれほどでもなかったのに、子供が生まれて夫婦喧嘩が増えたという家庭は多いのではないでしょうか。最初は冷静に話し合うつもりでも些細なことがきっかけでヒートアップし、喧嘩に発展してまうことも少なくないでしょう。

ですが夫婦喧嘩を子供の前でしてしまうと、パパやママが考えている以上に悪影響が及ぶことがわかっています。

そこで今回は、夫婦喧嘩が子どもにどんな影響を与えるのか、子供によい影響を与える夫婦喧嘩の方法はないのか、についてお話しします。

夫婦喧嘩は子供にどんな影響を与えるの?

子供にとってママもパパも、とても大切な存在です。その二人が自分の前で夫婦喧嘩をしていて、穏やかな精神状態でいることは難しいでしょう。夫婦喧嘩を見ることで子供の心身に悪影響が及んでしまうことがあります。

その結果として怒鳴り合いや暴力を日常的に見て育つ子供は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などの精神疾患を引きおこしやすいといわれています。

そうなってしまうと成長してから過緊張による頭痛や不眠、腹痛、吐き気などの身体症状や、パニックやヒステリーといった精神症状、幼児退行や登校拒否、ひきここもりといったコミュニケーション障害、摂食障害、自傷行為などがみられることが多いのです。

不安障害で登校拒否&その症状と対処法とは? | ハグー!
生活する上で、誰でも一度は感じたことがある不安。人は不安を感じると、ドキドキしたり冷や汗をかいたりします。通常は、脅威や…

また子供が夫婦喧嘩をストレスに感じて不眠に陥ると成長ホルモンの分泌が阻害され、身体的成長が妨げられることもわかっています。そして日常的に夫婦喧嘩をみて育った子供は、恋愛や結婚に対してマイナスのイメージを持ってしまう傾向にあります。

さらに夫婦喧嘩が多く、両親の仲が悪い家庭で育ってしまうと子供は、自分が愛されている、必要とされている、という自己肯定感を得にくくなります。それが他者との人間関係を築く弊害になるのです。

最後は乱暴な大人に育ってしまうことです。言葉には言葉を、暴力には暴力を返すという、自分を守るための方法が他者との関係を壊す方向に向いてしまうのです。夫婦喧嘩を子供の前で続けることは、子育てするうえでプラスは一つもないのです。

夫婦喧嘩をしているときに控た方がいい言葉はある?

実際に夫婦喧嘩を行ってしまった際、夫婦関係はもちろん、子どものためにも互いに控えるべき発言はどういったものなのでしょうか。ご紹介していきましょう。

控えたほうが良い言葉は次のようなものがあります。

子どもに関すること

まずは子どもに関することです。内容まではわからなくても、自分の名前を会話の中に織り交ぜて喧嘩をするパパとママの姿は子どもにとって恐怖でしかありません。自分が原因となっていることはどんなに小さな子供でも察することができるからです。もしも子どもの名前を所々に入れて夫婦喧嘩をすることがあった場合には、その後で「あなたは悪くない」ということをパパとママそれぞれから子どもに伝えてあげることが大切です。

相手を罵倒する言葉

次に控えたい言葉は、感情的になって思わず口にしてしまう言葉です。「ふざけるな」や「だまれ!」など相手を罵倒するような言葉も適していません。その言葉を発するときの強烈なイメージに子どもは怖さを感じます。また子どもが言葉を理解できるようになってからも、喧嘩の原因として関係のない言葉で相手を威嚇することは、喧嘩をする上で必要なことではありません。

ヒステリーな言動

そしてパパが仕事をしていないママに言いがちな「誰のおかげで生活できていると思っているんだ!」や、ママがパパに言いがちな「あなたには無理!」「できるわけがない」などの嫌味や「なんであなたは分かってくれないの」「どうしてわたしだけ」という感情に任せて大きな声を出したり、叫んだりするヒステリーな言動はその衝撃的な姿に子どもがショックを受けてしまうのでよくありません。

感情的な発言

また感情的になってしまった結果「出ていけ」や「いなくなってしまえ」などの言葉を発することもありますが、こういった台詞は子どもが耳にしても意味が分かります。それを耳にした子どもは不安を感じることもあるので、なるべく控えるようにしましょう。

喧嘩になるとその場が白熱してしまい、思わず口にしてしまう発言も多々ある子でしょう。そういった場合には子どもに「あの言葉はよくない言葉だった」と説明をし、なるべく使わないようにするという旨をきちんと伝えることが大切です。

夫婦喧嘩をするときにはあくまで論理的に、喧嘩の原因が解決できるようにすることが大切です。感情をぶつけ合うだけで結論がでない、そして解決できない喧嘩をするのはやめましょう。

子供にプラスになる夫婦喧嘩の方法はないの?

とはいえパパもママも互いに違う人間なので、喧嘩をしてしまうことがあります。子どものためを思って控えようとしても我慢の効かない時があるでしょう。

しかし夫婦喧嘩の方法を変えれば、子供の心を強くするという研究報告があります。

それは夫婦喧嘩をしても相手を貶めることや暴力をふるうのではなく、きちんと議論をすることです。そして夫婦喧嘩が終わったら、きちんと仲直りする姿を見せることです。またパパやママのどちらか一方がいなくなったときに、残った方が子供に相手の悪口を言うなどの行為は控えましょう

パパとママは喧嘩をしてもきちんと仲直りができることを子供に見せておくことで、子供が将来的に友だちと喧嘩をしたときにも仲直りができることを体験的に理解できます。そうすることで、子どもが築いていく人間関係を決定的にダメにすることを避けられるようになります。

まず子供にプラスの夫婦喧嘩をしたいなら、自分が悪いと気づいたときには素直に謝ることも大切です。そして誤られた方はすぐにそれを受け入れ、水に流しましょう。そうした喧嘩のお手本を子供に示してあげることが大切です。

夫婦喧嘩を予防する方法はある?

とはいえ夫婦喧嘩は避けられるなら、しないにこしたことはありません。そこで夫婦喧嘩が少なくなるように、会話の仕方を意識してみましょう。

そのポイントして、夫婦喧嘩は女性の話し方を変えることで防げるといわれています。女性は思わず感情的に怒りをぶつけてしまう傾向があります。しかし夫婦喧嘩がおこる原因の大半が、会話が成立しないことにあります。

まずは会話を成立させるために、感情的に話してはいけません。男性は聞き方が下手という特性をあらかじめ理解しておきましょう。パパに対して不満や要望があるときには「私はこう思うので、こうしてほしい」など、わかりやすく冷静に話すように心がけることが大切です。

そして子供がいるなら夫婦喧嘩のルールをつくっておくのもよいでしょう。「夫婦喧嘩は15分で止める」「夫婦喧嘩をしても、挨拶はきちんとする」などです。

それだけでも冷戦が続くことは避けられますので、ぜひ実践してみてください。

夫婦仲を良くするための秘訣はある?

夫婦の気持ちのすれ違いや喧嘩の種となりそうなものを排除するときは、毎日の生活の見直しが大切です。夫婦喧嘩がおこるときはどちらか一方がストレスを溜めていたり、我慢をしていることがよくあります。

育児や仕事、日々の生活で考え方が異なることは仕方がないことですが、そのモヤモヤをため込んでしまうといつか気持ちが爆発してしまうのです。

溜め込まずにその場その場で解決していくことが、夫婦喧嘩を減らすことに繋がります。普段から夫婦の会話を増やし、こうしてほしいこうしたい、ということをお互いに伝えあってみましょう。そうすることで解決できる点を増やしていくようにすることが必要です。

またお互いに認め合うことも大切なことです。毎日の何気ないことを当たり前だと感じることなく、お互いに感謝の気持ちを持つことです。そうすることによって、自分自身の意味や家庭の中での自分のポジションを再確認することができます。

感謝されることで必要とされていることを感じ取ることもできるでしょう。

お互いに感じていることや、思っていることを口に出すことは決して間違いではありません。喧嘩という形ではなく、話し合いで解決をする姿を子どもに見せることは大きなメリットに繋がります。

それは子どもの成長過程などで意見の食い違いができた時など、普段から互いに話し合いを設けることで解決策を知る道筋にも繋がるのです。

また喧嘩口調になってしまいその姿を子どもに見せてしまった時も、仲直りをして険悪ムードを引きずらないということで子どもはパパとママに安心感を持ち、身をゆだねられますよ

もし夫婦喧嘩をしてしまったら、子供をフォローしよう!

夫婦喧嘩は、どちらかに不満や要望があることでおこります。それを一方が我慢することで夫婦喧嘩を回避しても問題は解決しません。喧嘩が避けられない場合には、その方法を見直すことで子供に悪影響が及ばないように配慮すればよいのです。

とはいえ子供が夫婦喧嘩を見てしまうと、その後に仲直りをしたとしても不安を感じてしまうものです。そこで大事なのは、夫婦喧嘩の後にしっかりと子供のフォローを徹底することです。

あなたが悪いわけじゃないよ。パパとちょっと意見が合わなかっただけ。大丈夫だよ。不安にさせてごめんね」と子供をしっかり抱きしめながら声掛けしてください。できればパパにも同じように接してもらうとより効果が高まりますので、ぜひ試してみてくださいね。

  関連記事

「子はかすがい」ってどういう意味?夫婦のつながりを強くする子どもの存在について

「子はかすがい」は日本のことわざで有名です。子供のころに、大人から「子はかすがい …

2人目育児のキーマンは「パパ」!パパ次第でママがとっても楽になる!

2人の出産を控えたパパ。積極的にサポートしてきたパパ、ママに任せきりだったパパも …

あてはまっていたら要注意!夫・妻の両サイドから見る「夫源病」チェックリスト

最近、30代~60代くらいまで、幅広い年代の既婚女性に増えている「夫源病」。夫の …

夫が育児に非協力的なのを何とかしたい!何か対策はあるの?

子どもは、夫婦二人がいて初めて、授かることができるものです。そして近年は「イクメ …

教育方針が合わない…夫婦喧嘩の原因や回避の方法はないの?

子どもが生まれて家族が増え、幸せな毎日を送っている中で子どもの成長と共に考え始め …

立会い出産をするパパの役割とは?成功の秘訣が知りたい!

パパや家族が付き添って出産に臨むことを、「立会い出産」といいます。2013年に厚 …

マザコン夫と子離れできない姑対策、みんなはどうしているの?

恋愛中はどんなに親しくても、相手のすべてを理解しているわけではないことに、結婚後 …

出産後に旦那さんが赤ちゃん返り!?その原因と対処法とは?

夫婦にとって、赤ちゃんの誕生は何より喜ばしいことのはずです。 家族が増えて、新し …

もしかしたら…旦那のうつ病への対処法とは

様々なストレス要因からうつ病を発症してしまう人が増えてきました。うつ病は誰にでも …

どうして単身赴任の旦那さんが浮気するの?その予防方法は?

会社員の旦那さんを持つと、転勤の可能性を否定できません。そして、子どもが小さいう …