ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

目指せイクメンパパ!ママがしてほしいことを知ることから始めよう!

   

日本では年々、共働き世帯が増え続けています。そのため、パパが育児や家事を分担することが、当たり前の世の中になっています。そこで聞かれるようになったのが、「イクメン」という言葉です。

育児をする男性を意味するイクメンは、すでに現代に定着し、育児休業制度を利用する男性も増えてきています。とはいえ、自称イクメンパパであっても、それがママを満足させているとは限りません。

そこで今回は、パパの家事や育児の問題点とは何か、イクメンパパのメリット、ママとパパの育児のバランスなどについて、一緒に考えてみたいと思います。

パパの家事や育児の問題点って何?

では、パパの家事や育児の問題点について、まず考えてみましょう。

そもそも日本の男性の家事や育児をする時間は、世界でも最低水準といわれています。現代では共働き世帯が増えているにも関わらず、家事や育児は基本的に女性が行うものだと考えている男性は、少なくないようです。

それは、日本男性が働く環境にも要因があり、パパが育児休業制度を取ることをよしとしない勤務先が多い、定時で仕事を終えて帰宅するという習慣が職場にないなど、男性が積極的に家事や育児に取り組めない社会であることも、一つの現実です。

そして、イクメンパパとして努力したいと思っていても、夫婦間で子育てに関する価値観が違い、双方に不満が出るケースもあります。また、家事や育児のレベルが低いことで、ママが苛立ちを募らせることもよくあるようです。

イクメンパパのメリットは何?

それでも、イクメンパパを目指した方がよいのは、そこにメリットがあるからです。まず、ママとパパには性差がありますから、子どもにダイナミックな遊びをしてあげられることです。

特に男の子を育てている場合には、身体を使った遊びを一緒に楽しむことで、子どもによい影響を与えます。また、パパはママと違って社会規範に基づいて叱る傾向があるので、子どもの社会性を育むよい機会となります。

また、イクメンパパがいてくれると、ママの家事や育児の負担感が軽減されます。産後半年を過ぎるまでは、女性ホルモンの分泌バランスが変化するなど、ママの身体は完全に元に戻ったわけではありません。

授乳やおむつ替えなどで睡眠もままならないママをサポートしてあげることで、夫婦間の愛情や信頼が深まるのは、大きなメリットといえます。そして、自分が父親である自覚が育まれます。

ママとパパの育児のバランスをどう考える?

では、ママとパパの育児のバランスは、どう考えたらよいのでしょうか。

これは、夫婦の勤務状況によって違いがあります。ママも正社員としてフルタイムで仕事をしているのであれば、家事や育児はできるだけ比率が近くなるように、分担を考慮する必要があります。

世帯収入の大半をパパが担いながらも、ママもパートや自営で働いている場合は、家事や育児のサポートをするという意識より、自分の役割をあらかじめ決めておき、それを全うする方がよいでしょう。

基本的に、イクメンパパを目指すなら、まず自分のことはすべて自分でやること、子どものことは言われなくてもやることが基本です。そのうえで、家事の中でも得意なことを、積極的に引き受けてあげましょう。

パパをイクメンにするのは、ママの働きかけが肝心!

とはいえ、パパがイクメンになるかどうかは、ママの働きかけもポイントです。家事や育児に慣れないパパをイクメンパパに変身させるためには、まず父親として自覚をもってもらうことが大事です。

出産前から両親学級に出かけたり、妊婦健診に同行してもらう、子育てについて話し合っておくことをおすすめします。

そして、家事や育児のレベルは低くても、何かしてくれたときには感謝の気持ちを伝える、パパの役割を決めて、必要な道具を用意してあげるなど、いろいろな方法があります。

また、手伝いたくても何をしたらいいのかわからないパパも多いので、さりげなく誘導し、子育てが楽しいと思える機会を増やしてあげてください。

その積み重ねが、イクメンパパをつくってくれるはずです。

  関連記事

何かとお金のかかる子どもの行事「お宮参り」の費用を徹底解説!

赤ちゃんが生まれて一か月ほど経つと神社に行く「お宮参り」。初めての赤ちゃんであれ …

実は妊娠中や子育てをしているママが被害を受けやすい?経済的DVっていったいなに?

最近は多くの人がその言葉を知るようになったDVですが、DVと聞くと暴力的なイメー …

機能不全家族の中で育つとどうなるの?自分が毒親にならないためにできることは?

近年、他者と良好な関係が築けないひとが増えているように感じます。かつて、「アダル …

孫破産する高齢者が増えている!?未然に防ぐための対処法は?

平成25年4月から、子や孫への教育資金の一括贈与制度がスタートし、1500蔓延ま …

夫といると不調になる「夫源病」とは?その原因と気になる対処法とは?

夫の態度や言動が原因で、めまい、動悸、不眠など更年期障害のような辛い症状に悩まさ …

DVをする旦那さんの特徴と対処法を知り、自分と子どもを守ろう!

DVとは「ドメスティック・バイオレンス」の略称で、日本では家庭内暴力といわれます …

注意!ママ友とのトラブルになりがちなことって?そうなったときの対処法とは

春になると、入園や入学などで他のママさんと知り合う機会がぐんと増えますよね。また …

義実家へ帰省時のポイントまとめ!手土産は何にした方がいい?

義実家との関係は人それぞれではありますが、姑や小姑と仲良く過ごすためにどうしたら …

おむつ交換を嫌がる夫に、協力してもらう方法とは?

我が子の誕生はうれしいものであっても、パパがママと同じように育児に取り組めるかと …

家庭内離婚の定義とは?そのメリット・デメリットと子どもへの影響について

愛し合って結婚した二人であっても、いろいろな理由で愛情が冷めてしまうことがありま …