ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

夫が育児に非協力的なのを何とかしたい!何か対策はあるの?

   

子どもは、夫婦二人がいて初めて、授かることができるものです。そして近年は「イクメン」という言葉が定着し、育児は夫婦そろって行うのが当たり前とされています。

ですが、パパの中には育児に非協力的な男性がいるのも事実です。そして、夫が育児に非協力的なことに対し、苛立ちを募らせているママも少なくありません。

そこで今回は、パパが育児に非協力的になる理由や、それを改善するための方法、ママのパパに対する接し方などについて、お話しします。

夫が育児に非協力的な理由って何?

赤ちゃんが産まれて、夜まとまって眠ってくれるようになるまでのママの毎日は、家事と育児に追われてバタバタするものです。

睡眠時間の確保も難しい期間が続くと、夫に家事や育児に協力してほしいと思うのは、当然なことといえます。ですが、パパの中には育児に非協力的な人が少なくありません。

その理由として、仕事が忙しくて疲れているので、家に戻って子育てに協力するのは無理と思い込んでいること、育児は妻の仕事だと思っていること、協力したいという気持ちはあっても何をしたらいいかわからないことなどがあげられます。

共働き家庭が増え、育休中のママであっても、仕事復帰を考えると、夫が育児に協力してくれる体制をつくることは大事なので、対策を講じる必要があります。

夫に育児に協力してもらうにはどうしたらいい?

非協力的な夫に育児参加してもらうためには、できることを少しずつお願いするのが一番です。

普段の仕事が忙しく、帰宅が遅いパパの場合は、起床時間を少し早くしてもらい、出勤前に手伝ってもらう、あるいは休日に赤ちゃんとお留守番を頼むなど、使える時間にできることから始めるのがおすすめです。

また、育児は母親の仕事だと思い込んでいるパパに対しては、子どもの健全な成長のためには、父親と母親の異なる愛情が不可欠なこと、だから夫婦で育児に取り組むべきなのだと、きちんと説明してみましょう。

そして、協力はしたいけれど、何をしたらよいのかわからないパパに対しては、おむつ替えや授乳、沐浴・入浴、抱っこしてあやしてなど、具体的に何をしてほしいか伝えてあげると、取り組んでくれるようになるはずです。

ママのパパに対する対応も意識して変えよう!

パパが育児に非協力的だと、ママの中に批判の気持ちが生まれやすくなります。

「二人の子どもなのに、どうして手伝おうとしないの?」「いわれなくても、子どもの面倒をみてよ」という気持ちが募り、態度に出たり、言葉にしてしまうことで、余計にパパのやる気をそいでしまうことが多いのです。

パパはママに比べると、子どもと接する時間が短い分、子どもが発している変化やサインにも気づきにくいものです。

そして、赤ちゃんのお世話もママに比べると下手なので、見ているママにダメ出しをされることがあり、その結果、ますますやる気をなくすケースが少なくありません。

そのため、気持ちよくパパに育児をしてもらうため、ママのパパに対する頼み方にも、配慮が必要なのです。

「疲れているのに悪いけど、これだけ手伝ってくれる?」「お風呂に入れてくれて助かった。ありがとう」など、パパに対する言葉がけを変えると、積極的になってくれることが多いようです。

パパと赤ちゃんのコミュニケーションの機会を増やしてあげよう

パパが育児に積極的にならない理由の一つに、子どもが苦手あるいはどう接していいかわからないことがあります。それを克服するには、パパと赤ちゃんのスキンシップを増やし、愛情を感じる機会を多くすることしかありません

日々の育児でパパの仕事を割り当てたり、新生児のうちから抱っこする習慣をつけたり、子どもと二人でいる時間を増やすなど、コミュニケーションをはかる機会を設けてあげましょう。

また、ママが上手にお願いすることで、何を手伝ったらよいのか気づくパパも多いものです。パパの育児に対する自信をつけるためにも、できることからお願いしてみましょう。

  関連記事

子どもにも不定愁訴があるって本当?それを知ったら夫婦でどう対処すべき?

「不定愁訴」と聞くと、大人が感じるものだと思い込んでいるママやパパが、圧倒的に多 …

何かとお金のかかる子どもの行事「お宮参り」の費用を徹底解説!

赤ちゃんが生まれて一か月ほど経つと神社に行く「お宮参り」。初めての赤ちゃんであれ …

パパを子育てに参加させるにはこんな方法がある!パパに上手に感謝を伝えるようにしよう

妊娠や出産、そしてその後の育児というのは夫婦で協力しながら行っていくものです。し …

孫破産する高齢者が増えている!?未然に防ぐための対処法は?

平成25年4月から、子や孫への教育資金の一括贈与制度がスタートし、1500蔓延ま …

いま話題の夫婦別姓とは?子供への影響や、海外ではどう受け止められてるの?

婚姻届を提出したら夫もしくは嫁の姓に変更する習慣の日本において、夫婦別姓は珍しい …

家庭内離婚の定義とは?そのメリット・デメリットと子どもへの影響について

愛し合って結婚した二人であっても、いろいろな理由で愛情が冷めてしまうことがありま …

妊娠中はパパに対してイライラすることが多い?対処法は?

妊娠は、夫婦にとって喜ばしい出来事です。ですが、妊娠して心身が変化していくママが …

保育園の先生と合わないと感じたときの対処法とは?

人間関係は複雑なので、出会った人すべてとうまくいくということはありません。子ども …

旦那さんをコントロールする方法は何かある?メリットや注意点とは?

どんなに熱烈な恋愛を経て結婚したとしても、生活を共にすることで不満を感じるように …

保育園で行われるイベント「父母会・保護者会」ってどんなことをする?活動内容や参加費用は?

認可保育園には「父母会、保護者会」と呼ばれている集いがあることはご存知でしょうか …