ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

地方自治体が3世代同居促進政策を推進中!そのメリットとデメリットとは?

   

近年、日本政府は3世代同居促進政策を推進しています。その背景には、一向に解決する兆しを見せない都市部の待機児童問題や、労働力確保のための女性の就業率アップ、少子化を改善するための出生率の向上を目指す、日本政府の思惑があります。

そして、かつては同居は嫌だと考えることが多かった若い世帯の中にも、3世代同居を希望する人たちが増えているのです。

そこで今回は、地方自治体で3世代同居促進政策を進める理由や、3世代同居のメリット・デメリットについて、お話しします。

3世代同居促進政策が推進される理由とは

3世代同居促進政策が推進されるようになったのは、福井県の子育てで成果をあげた例が報告されたことも大きいようです。

福井県の3世代同居率は全国で2位となっています。そして、共働き率は全国で1位出生率は8位となっているのです。

これは、祖父母と同居してママがサポートしてもらうことで、働く環境が整っている好例といえます。

そうした世帯が増えれば、保育園を増やさなくても、ママが安心して働ける環境が整うことから、3世代同居を行う世帯に助成金を交付する地方自治体も増えています

また、祖父母が孫と同居すると、その可愛さに消費の機会が増えます。それが、経済活性化にもつながるのです。とはいえ、3世代同居を都市部で推進するのは難しく、地価が低い地域で取り組まれているという現実もあります。

3世代同居のメリットとは?

2015年に株式会社オウチーノが、首都圏で暮らす20~49歳の既婚男女を対象に、「3世代同居」に関する実態調査を行っています。

その結果、「3世代同居がしたい人」が15.5%、「自分の親となら同居したい人」が17.9%、配偶者の親となら同居したい人」が3.1%おり、3人に1人は同居を希望していることがわかりました。また、すでに3世代同居をしている人も含めると、その割合は46.4%にものぼります。

では、3世代同居のどんなところがメリットだと考えているのでしょうか。まず、子どもが病気やケガをしたときに安心して預けられることがあげられるようです。

次に、我が子が祖父母と触れ合う機会が増えること、家事のサポートをお願いできること、住居費や食費、水道光熱費を節約できることなどがあげられます。

3世代同居のデメリットとは?

一方で、3世代同居のデメリットを感じている人もいます。

その理由をあげてみると

  • 気を遣う場面が増える
  • プライバシーが確保できなくなる
  • 生活リズムが異なる
  • 価値観が違う
  • 干渉されるのがイヤ
  • 親と性格が合わない

などがあげられます。

二世帯住宅であれば、デメリットを感じにくい面もあると思いますが、完全に同居となると、台所やお風呂、洗濯機が自由に使えないことで不便さを感じたり、積み重なってストレスになるケースも少なくないようです。

そのため、3世代同居するのではなく、近所に住んでサポートしてもらうという方法をとる世帯もあるようです。このあたりは、ママとパパの間でも、価値観のすり合わせが必要かもしれません。

居住形態も含めて慎重に検討しよう!

とはいえ、共働き世帯が専業主婦世帯を上回っている現代の日本では、仕事と育児の両立ができる環境をつくれなければ、子どもをもたないことも選択肢となる家庭が増えている現実があります。

そして、居住する地域によっては、保育園に入園できないことで、仕事ができないママがいるのも事実です。地方で暮らし、助成制度が整っているのであれば、3世代同居も選択肢の一つです。パパや双方の親ともよく話し合い、子どもの将来にとってベストな選択をすることをおすすめします。

  関連記事

2人目育児のキーマンは「パパ」!パパ次第でママがとっても楽になる!

2人の出産を控えたパパ。積極的にサポートしてきたパパ、ママに任せきりだったパパも …

旦那さんが汚いことがストレスの奥さんが多い!?

結婚前は、旦那さんの一挙手一投足が愛しくてたまらなかったのに、結婚して生活を共に …

旦那さんが家に帰りたがらない!帰宅拒否症になる理由と対処法とは?

新婚時代は、仕事が終わればまっすぐ帰宅していた旦那さんが、結婚生活が長くなり、子 …

立会い出産をするパパの役割とは?成功の秘訣が知りたい!

パパや家族が付き添って出産に臨むことを、「立会い出産」といいます。2013年に厚 …

妊娠中はパパに対してイライラすることが多い?対処法は?

妊娠は、夫婦にとって喜ばしい出来事です。ですが、妊娠して心身が変化していくママが …

もしかしたら…旦那のうつ病への対処法とは

様々なストレス要因からうつ病を発症してしまう人が増えてきました。うつ病は誰にでも …

保育園の先生と合わないと感じたときの対処法とは?

人間関係は複雑なので、出会った人すべてとうまくいくということはありません。子ども …

子供の疑問に父親はどう対応すればいい?理想の答え方とは?

どんな子供にも「なぜ?」「どうして?」と、パパやママを質問攻めにする時期が訪れま …

何故できちゃった婚は離婚率が高いの?離婚を回避する方法とは?

かつての日本では婚前交渉などもっての外という価値観があり、結婚前に赤ちゃんを授か …

家族揃ってリビングで過ごすのがトレンドって本当?その過ごし方とは?

2006年にリビング学習が注目を集め、2011年の東日本大震災以降、毎年のように …