ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

パパの実家と仲良く出来なくなることを未然に防ごう!そのコツやパパママが気をつけたい点とは?

   

結婚すると義理の両親とのお付き合いが増えますが、子どもが生まれるとその付き合い方も環境も変わってくることがあります。

今まではある程度の距離感を感じながら付き合っていたものの、子どもが生まれればパパの実家としてはかわいい孫にたくさん会いたかったりするわけで距離感も今までとは変化することがあるのです。

できるだけ仲良く過ごせるように保ちたいパパの実家との関係についてコツと気を付けたいことを交えて紹介します。

パパの実家との関係が悪くなりやすくなるのは産前・産後?その理由は?

パパの実家との関係を産前・産後で比べたらやっぱり悪くなりやすいのは産後です。

産前はどちらかというと大人対大人で話をしていて自分自身で気になったことも受け流すことが可能なのですが、産後は大人対大人対赤ちゃんという図になりやすくトラブルがおこりやすいのです。

赤ちゃんに対するお世話も、子守も、子育ての仕方も今と昔では違いますし、人それぞれ考え方が違います。

また赤ちゃんのことに対してはママもデリケートになっていることが多く、自分の考えと異なることを赤ちゃんにパパの実家でされることがあるとすごく嫌な気持ちになりやすいのです。

パパの実家との関係を悪化させないための注意点はある?

パパの実家との関係を悪くさせないためには、パパとママの育児の方針やお世話の方針をやんわりと伝えてそれを理解してもらうことが大切です。

パパの実家にとっては孫は特別な存在で甘やかしてしまったりすることもあるでしょうが、ギリギリOKと言えるものとそれはやっぱり許せないというものがあるはずです。

何も言わないことが良いことと思われがちですが、おこってしまったことに対して文句を言われると、言われた側も嫌だなと感じることがあります。

そして、更に後日そんな話を聞けばさらに嫌悪感を感じます。先手必勝でやんわり伝えることによって「今の時代はそういう方針なのね」というように、今の育児への取り組み方や考え方も一緒に勉強してくれるかもしれません。

文句を言ったり、嫌だなと思うことを溜めて爆発させる前に考えを理解してもらう努力も必要なのです。

もしもパパの実家と関係が悪くなってしまった場合の対処法は?

もし、何かきっかけがあってパパの実家と関係が悪くなってしまった時には少しの間は距離を置いた方がよいでしょう。

その方がお互いにおこってしまったことについても、今後の関係の在り方についても落ち着いて考えることができます。できることならば関係を修復できるように、何か子どものイベントや行事の時にはお声がけをすると良いです。

パパの実家の方も自分たちの方から声を掛けずらくなってしまって、関係を修復したいけれど一歩が踏み出せないということがあります。

どうしても許せないと感じることがあったならば、パパが主導権を握ってきちんと話をしてもらってから関係修復するか疎遠になるのか決めても良いでしょう。

ただ、「些細なきっかけだったな」と感じるような出来事であったなら、こちらからお声がけをするとパパの実家も喜んでくれるでしょう。

また、今後の付き合い方にも気を使ってくれるはずです。

パパの配慮で関係を良くすることも?パパがとっておくべき行動とは?

もちろんパパの実家との関係ですから、パパの配慮が良い関係を作れるかどうか大きなカギを握っています。パパがパパの実家側が思っていること、そしてママが思っていることを上手く調節したりまとめたりする役でなくてはなりません。

そんなことは自分たちで解決してほしいと無関心なパパもいるかもしれませんが、パパは実家に対してもママに対しても本音で言いたいことが言えるかもしれません。

しかし、ママと「パパの実家」は血がつながっていない関係なのでそこまで腹を割った関係にはなれませんし、どちらかが思い切ったことをすれば修復不可能になってしまうことを覚えておいてください。

基本的にはパパはママの味方であるべきで、その中でパパの実家に対する配慮や気配りを見せることができると良いです。どうしてもパパの実家ではママは一人だけ他人であるという感覚になることが多いのですから。

パパの配慮がキーポイントに!ママを守ってあげよう

パパの実家とママが仲良くできなくなったら、パパも悲しいはずです。そういった不幸な結果にならないように普段からママがパパの実家との関係で悩んでいないかどうか考えてあげるようにしましょう。

パパが良いサポートをしていると、ママもパパの実家良い関係が築けるようになり、子どももおじいちゃんおばあちゃんと良い関係を築けます。

そういった世代間の良い関係は子どもの成長にも良い効果をもたらしますので、パパはママを守り、パパの実家と良い関係が続くように配慮しましょう。

  関連記事

旦那さんをコントロールする方法は何かある?メリットや注意点とは?

どんなに熱烈な恋愛を経て結婚したとしても、生活を共にすることで不満を感じるように …

ママ友とのLINEトラブルを回避したい!そのために注意すべきことは?

仲の良いママ友ができるのは心強いものですが、その人数が増えてグループになると、ど …

子どもへの影響は?家庭内別居について

ちょっとしたすれ違いから、または何らかの決定的な出来事があって夫婦仲がこじれてし …

家族揃ってリビングで過ごすのがトレンドって本当?その過ごし方とは?

2006年にリビング学習が注目を集め、2011年の東日本大震災以降、毎年のように …

離婚の際には忘れてはいけない!公正証書を作る重要性について

縁あって出会い、子どもを授かっても、残念ながら離婚してしまう夫婦はたくさんいます …

お山の大将?ボスママとのうまい付き合い方を教えて

小学校の高学年頃から高校生くらいまで、女子の中にはその場を仕切るボス的存在の子が …

もしかしたら…旦那のうつ病への対処法とは

様々なストレス要因からうつ病を発症してしまう人が増えてきました。うつ病は誰にでも …

新米パパが家事や育児をするときに、気をつけたいポイントは?

初めての赤ちゃんが産まれたときから、新米のパパとママにとって、長い子育てが始まり …

【一生許されない?】妊娠中に奥さんが旦那に思っていることと奧さんに感謝されることを教えてあげる

インタビューさせていただいたママさんブロガーの紹介 「あやちん」さん 小4長男、 …

育児中にパパに対してイライラするのはなぜ?原因と対処法が知りたい!

夫婦にとって、子どもが産まれるというのは、共通の喜びのはずです。ですが、いざ育児 …