ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんとママとの距離もぐっと近づく効果もある!パパの妊婦体験!その方法とは?

   

妊娠・出産は、女性だけにおこる体の変化ですよね。初めての妊娠だと、身体の変化や、悪阻などにより、メンタルダウンもしていきます。今では、妊娠出産の雑誌が増えていて、情報も多く出回っているとはいえ、不安な気持ちはぬぐえないですよね。

そして、最近では”イクメン”という言葉があるように、育児に対して積極的なパパも増えています。妊娠中や出産時の妻をサポートしようとしてくれる夫が多い中「パパの妊婦体験」というものがあるのをご存知ですか?

今回は、パパの妊婦体験についてまとめていきたいと思います。

パパの妊婦体験とは一体何?

パパが妊婦?どういう事をするの?と疑問に思う方もいるかと思います。そして、いくら妻の気持ちを分かってあげたいけれど、妊娠という自分の体にはおこりえない体験を不安に感じるパパも少なくないと思います。

一般的に「妊婦」というとどのようなイメージがありますか?大きなお腹に出産…というイメージがあるかと思います。それを、体験するんです!

出産、陣痛体験は簡単に出来ることではありませんが、海外では体験する機会が増えているんだそう。日本では、「大きなお腹」を体験することができます。

実際に、おもりが入ったお腹がでかいベストをパパが身に着けて、”妊婦さんの気持ちをわかろう”というものです。

妊婦体験の具体的な内容とは?

妊婦体験は、10㎏の重りが入ったベストをつけて、しゃがんだり、階段の昇り降りだったり、寝ている状態からおきたり…という日常的な動作をする体験です。

妊婦さんは、”生活するだけでこれだけのエネルギーを使う”というものを、パパに体験してもらいます。パパは、妊娠した状態を経験することはできません。

身体の変化は、心も不安定にさせます。そして、出産という大仕事をサポートできるように、妊娠ベストを身に着けて、陣痛の流れ、産後のママの体と心の変化、赤ちゃんの沐浴体験などもできます。

他の夫婦も参加することが多いので、パパ同士のコミュニケーションにもなります。ママは、産婦人科やママ友同士で、妊娠出産の意識や、友達をつくる機会はありますが、パパ同士は中々機会はありません。

そこで、他のパパと交流することで、お互いのストレス発散にも繋がります。

パパが妊婦体験をすることで得られるメリットとは?

夫婦で両親学級などに足を運ぶことで得られるメリットは「意識や知識をもてる」ということです。パパが妊婦体験をおすることで、女性の身体の仕組み、変化、出産の流れ、産後の赤ちゃんのケア…様々な知識を得る事が出来ます。

そして、実際に妊婦ベストを身に着けることで、妻の身体の変化や日常生活がいかに大変かを知ることで、”妻を大切にしよう”という意識が高まります。パパ自身も、他のパパと交流をもつことで、不安やストレスも発散することができるでしょう。

ママとしても、夫が自分や、赤ちゃんのことを考えてくれている…と感じる事で、夫に優しい気持ちや、いたわりの気持ちがお互いに芽生えます。

「母親学級」は、ママの不安や、出産の流れを知るきっかけになりますが、「両親学級」は、パパとママ、両方の不安を取り除き、お互いの意識を高める事が最大のメリットだといえます。

妊婦体験はどこで受けられるの?

自治体で、「両親学級」がないか調べてみましょう。無料で受ける事ができる場所がほとんどです。そして、日程が合わない場合でも、出産予定の産婦人科や、赤ちゃん用品店でイベントとして行っている場合もあります。

母親学級は頻繁にやっていても、両親学級で「妊婦体験」が出来るところは、限られてしまうので、事前に調べていきましょう。それでも、どこでも予定が合わない…という場合は、保健所に相談してみましょう。

学級は開いてもらえないかもしれませんが、「妊婦ベスト」は貸してもらえるかもしれません!そして、保健士さんに悩みや相談をしたいと事前に伝えておけば、時間をとってもらえると思います。

妊婦ベストを着て、ママの気持ちを少しでも体験する機会は、出産前がベストですので、パパもなんとか行けるように調整してみるのもいいかもしれません。

ママと赤ちゃんの気持ちにパパも寄り添おう

いかがでしたか?私も、夫に休みをなんとか調整してもらって、臨月の時に夫と両親学級に行きました。

今まで、出産の知識はありませんでしたが、同じく妊娠を控えている夫婦と一緒に沐浴体験や妊婦ベスト体験をした思い出は、出産した今も忘れられない思い出になっています。

夫も、他のパパと出産の不安などを話し合えて、リフレッシュできたと言っていました。そして、妊婦ベストを着る事で、妊婦の大変さを改めてわかったのか、より優しく接してくれるようになりました。

妊娠出産育児は、ママが主としてなるものですが、パパのサポートにより、2人のものですよね。

  関連記事

パパが赤ちゃんの泣き声を聞き分けられないのはなぜ?その対策とは?

赤ちゃんの泣き声にも、種類があります。そして、初めての育児に取り組むママは、その …

大黒柱のパパが最下層って本当?家庭内カーストとその改善方法について

お子さんを持つ保護者世代は、スクールカーストの問題については、ニュースなどで見聞 …

共働き家庭の強い味方である孫育て。でも、孫バテが増えているって本当?

現代は、共働き世帯の数が専業主婦世帯の数を、大幅に上回っています。 そして、居住 …

家庭内離婚の定義とは?そのメリット・デメリットと子どもへの影響について

愛し合って結婚した二人であっても、いろいろな理由で愛情が冷めてしまうことがありま …

娘がパパを避けるようになった!娘のパパ嫌いの乗り越え方とは?

女の子を持つパパの多くは、娘が可愛くて仕方がなくて「大きくなったらパパと結婚する …

ママ友がいないって問題?ママ友がいないメリットとデメリットは?

近年、専業主婦世帯より、共働き世帯の方が多いこともあり、あえてママ友をつくらない …

「子はかすがい」ってどういう意味?夫婦のつながりを強くする子どもの存在について

「子はかすがい」は日本のことわざで有名です。子供のころに、大人から「子はかすがい …

ママ友との上手な付き合い方って?タブーな話題を予め知っておこう

子育ては孤独になりがち…だからこそできると心強いママ友ですが、意外と気を遣ったり …

もしかしたら…旦那のうつ病への対処法とは

様々なストレス要因からうつ病を発症してしまう人が増えてきました。うつ病は誰にでも …

育児が始まる前に決めておきたい!共働きの家事分担のこと

厚生労働省が発表した、「平成27年版国民生活基礎調査の概況」によると、共働き世帯 …