ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

DVをする旦那さんの特徴と対処法を知り、自分と子どもを守ろう!

   

DVとは「ドメスティック・バイオレンス」の略称で、日本では家庭内暴力といわれます。

夫から妻、あるいは妻から夫、親から子ども、子どもから親、兄弟間などその形態はさまざまです。

かつての日本では、DVは家庭内の問題として放置されていました。ですが、被害者が心身に負う傷は予想以上に深く、現在では深刻な社会問題として受け止められています。

そして、旦那さんからDVを受けている女性が数多くいるという現実があります。

そこで今回は、DVをする旦那さんの特徴と対処法について、お話しします。

DVをする旦那さんの特徴とは?

DVをする男性の心理には、共通した特徴があります。それは、「家庭では自分が一番で、言う通りにしない相手を許さない」という心理です。

そして、いろいろな暴力をふるうようになります。

平手やげんこつで殴る、足で蹴る、もので殴る、刃物を向ける、髪を引っ張る、首を絞める、引きずり回す、ものを投げつけるなど、身体的な暴力をイメージするひとが多いかもしれません。

ですが実際には、怒鳴る、相手をバカにする言動をくり返す、無視する、口をきかない、大切にしているものを壊す、常に命令するなど、精神的な暴力もDVの一環です。

また、奥さんに仕事をさせない、生活費を入れない、家庭からお金を持ち出す、借金をくり返す、買い物に指示出しをする、クレジットカードを使わせないという経済的暴力や、実家と行き来や連絡をさせない、電話や手紙、メールを細かくチェックする、外出させないという社会的暴力、性行為を強要する、妊娠中絶を強要する、アダルトビデオを無理やり見せる、避妊しないといった性的暴力も、DVに含まれます。

こうしたDVをする旦那さんの特徴として、奥さんを自分がいないときに外出させたらがらない、ギャンブル好き、子どもっぽい、束縛が激しいなどがあげられます。

旦那さんのDVの対処法は?

では、旦那さんにDVを受けている場合、どう対処したらよいのでしょうか。

まず、離婚することです。

DVを行う男性は、暴力をふるった後、反省した様子を見せ、とてもやさしくしてくれます。

ですが、そのときに「二度と暴力をふるわない」と約束をしても、それが守られることはありません。そして、暴力はエスカレートしていくものです。

自分や子どもの命に危険が及ぶ可能性があるなら、離婚を検討すべきです。

とはいえ、離婚以外にもDVから身を守る方法はあります。まず、DVを刑事事件にすることです。

特に身体的な暴力を受けている場合には、警察に被害届を提出し、相手に処罰を求められるようにしておくことです。

次に、弁護士に相談し、第三者を介することで、解決手段を検討することです。

こうした手段に出ることで、旦那さんがDVの校正プログラムを受講するようになれば、一緒に暮らしていける可能性が生まれます。

自分と子どもにとってベストな方法を、考えてみましょう。

DVの相談はどこですればいいの?

日本では、2001年に「DV防止法(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律)」が制定され、改定もされています。

その法律では、配偶者の暴力を防止し被害者を保護することを各市区町村に義務づけるとともに、「配偶者暴力相談支援センター」の設置・運営、保護命令制度の拡充、裁判所が保護命令を出した際のすみやかな配偶者暴力相談支援センターの通知などが定められています。

そのため、旦那さんからのDVの相談をしたいときには、居住している市区町村の配偶者暴力相談支援センターに、まず連絡してみることをおすすめします。

また、電話相談をしたいなら、内閣府男女共同参画局が運営しているDV相談窓口(0570-0-55210)だと、全国どこからでも相談を受け付けています。

他にも、各都道府県に設置されている女性センターや男女共同参画センターなどでも、DV支援業務が行われていることがあるので、調べてみましょう。

子どもに及ぼす影響も理解して早めに対処しよう!

DVは、配偶者間の問題だけではありません。旦那さんの暴力は、お子さんに向く可能性もあるのです

そして、ママがパパに暴力をふるわれている様子を目の当たりにして育つ子どもは、心に大きな傷を負うことになります。

また、暴力を日常的にみて育つ子どもは、暴力によるコミュニケーションを学習し、それを模倣してしまうことで、自分の人間関係の中を築きにくくする傾向が強いです。

そうした事態を避けるためにも、旦那さんからのDVには早めに対処するのがベストです。まず、DV相談することから始めてみましょう。

  関連記事

旦那さんが家に帰りたがらない!帰宅拒否症になる理由と対処法とは?

新婚時代は、仕事が終わればまっすぐ帰宅していた旦那さんが、結婚生活が長くなり、子 …

いま話題の妻源病あなたは大丈夫?原因と対処法とは?

最近注目されている「妻源病」という言葉を知っていますか?かつてはダンナさんのパワ …

理解できなくても認めよう!「理解できない夫の趣味」への対応ガイド

休みの日は布団の中でずっとゲーム!毎週末はゴルフ!何かと車やバイクばかり触ってい …

その一言で離婚の危機にも!?パパが気をつけたいママに対する言葉の配慮とは?

最近性格の不一致を理由に離婚する夫婦が増えていて、バツイチ、シングルファザー、シ …

地方自治体が3世代同居促進政策を推進中!そのメリットとデメリットとは?

近年、日本政府は3世代同居促進政策を推進しています。その背景には、一向に解決する …

口うるさい旦那さんがストレス!そんな旦那さんの口を塞ぐ方法は?

結婚するまでは、何かと気を遣っていてくれたのに、生活を共にし始めると、途端に口う …

子どもにも不定愁訴があるって本当?それを知ったら夫婦でどう対処すべき?

「不定愁訴」と聞くと、大人が感じるものだと思い込んでいるママやパパが、圧倒的に多 …

実は妊娠中や子育てをしているママが被害を受けやすい?経済的DVっていったいなに?

最近は多くの人がその言葉を知るようになったDVですが、DVと聞くと暴力的なイメー …

SNSが原因のママ友トラブルが急増!気を付けておきたいことは?

ママ友トラブルというのは昔からありますが、近年ママ友トラブルの被害に遭う方も増え …

最近、話題の家事ハラスメントとは?おこる原因と対処法が知りたい!

最近、昼の情報番組で「家事ハラスメント」が取り上げられ、話題となっています。ハラ …