ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

何かとお金のかかる子どもの行事「お宮参り」の費用を徹底解説!

   

赤ちゃんが生まれて一か月ほど経つと神社に行く「お宮参り」。初めての赤ちゃんであれば、お宮参りにも気合が入ります。

そもそもお宮参りとは、どのような行事なのでしょうか?また、そのお宮参りにはどの程度費用がかかるのか、気になるところです。

そこで今回は、お宮参りの基礎知識とお宮参りに必要な費用について詳しくお話ししていきます。ご家庭に合った「お宮参り」を計画して、家族全員で赤ちゃんの健やかな成長を願ってあげましょう!

お宮参りってどんな行事?

元々のお宮参りは、居住地の氏神様に参拝し、新しい「氏子」として祝福されるための行事でした。現在では、この昔ながらの意味は薄れてきて、赤ちゃんが無事に生まれたことへの感謝と今後の健やかな成長を願うための意味が強くなってきています。

そのため、昔のように居住地や出生地の神社にこだわらず、人気のある神社や戌の日に参拝した神社に行くなど、さまざまな場所が選択肢にあげられています。

お宮参りをする時期は、男のでは生後31日、女の子では32日とされています。しかしながら、その日に体調が優れない、都合が悪い場合などは前後しても構いません。

実際のところ、地域によってお宮参りに行く時期の風習は大きく異なるため、日数にこだわるよりもお天気の良い日に万全の状態で行くようにしましょう。

お宮参りに必要な費用は?どの部分にお金がかかるの?

お宮参りには、いくつかの場面で費用がかかります。場面に沿って一つずつご紹介していきますね。

神社でのご祈祷

お宮参りの際には、神社でご祈祷をしてもらうことが多いと思います。その時にかかるのが、「初穂料(または玉串料)」です。この金銭を神様に捧げて赤ちゃんを祈祷してもらうので、欠かせない費用となります。

「初穂料」「玉串料」の使い分けは神社ごとに異なる為、事前に確認しておき、のし袋に表書きするようにしましょう。

衣装・服

お宮参りの際には、赤ちゃんと赤ちゃんを抱っこしている人に着物を掛けて参拝します。抱っこされている赤ちゃんは、ベビードレスなどおめかしする場合が多いようです。

着物は、赤ちゃんのために新たに仕立てる、パパやママが使っていたものを継承する、レンタルするなどの方法で準備します。

いずれにしても事前に準備をしなければならないので、しっかりと費用と現物を確認しておきましょう。また、パパやママもスーツやフォーマルなワンピース等、準備しておきましょうね。

食事会・撮影料

おじいちゃん・おばあちゃんや親戚なども参加する場合には、お宮参りの後に食事会を行う場合があります。この食事会は豪華でなくても構いませんが、お赤飯などのお祝いに適した食事を選ぶと良いでしょう。

お祝の席であるため懐石料理店が選ばれることも多く、普段の食事よりも費用がかさむ傾向にあります。

また、お店での食事会の場合には、事前にお祝いの日であることを伝えておきましょうね。

そして、家族写真や赤ちゃんの記念写真をフォトスタジオで撮影する場合には、撮影料もかかってきます。赤ちゃんの写真のみであれば、お宮参り当日でなくても撮影可能です。

一日にたくさん予定を組むと疲れてしまうため、事前に撮影しておくなどフォトスタジオに相談して工夫してくださいね。

お宮参りにかかる費用は誰が負担するの?

さまざまな場面で費用のかかるお宮参りですが、一般的に誰が負担するのでしょうか。初穂料や玉串料などご祈祷にかかる料金は、パパやママが用意しておくことが多いです。

ただし、どちらかの実家から家族全員で参拝する場合などは、おじいちゃん・おばあちゃんが準備しており負担してくれるというケースもあります。

赤ちゃんに着せる着物を仕立てる場合には、おじいちゃん・おばあちゃんからのお祝いとして贈られることの方が多いですね。

レンタルの場合には、パパやママが手続きに行くことが多いため、そのまま両親が支払うことになるでしょう。

また、食事会や写真撮影は、誰が主催したかによって費用の負担先が異なってきます。

いずれにせよ、パパやママ以外に負担してもらった場合には、赤ちゃんの代わりにしっかりと感謝の気持ちを伝えてくださいね。

もし全費用をパパやママが負担する場合には、お宮参りの時に家族や親戚からお祝いをもらうことも多いため、そのお祝いを費用にあてても良いでしょう。

お宮参りの費用のいろいろ、相場は?

では、実際に支払われるお宮参り費用の相場をご紹介していきましょう。

初穂料・玉串料

初穂料・玉串料に包む金額は、神社によって異なります。はじめから案内に金額を記載している所もあるので、事前に確認しておきましょう。

一般的には5000円のところが多いようです。もし分からない場合には、「5000円~10000円」の範囲内で包むようにしてください。地元であれば、パパやママの両親に相談して金額を決めても良いかもしれませんね。

写真撮影

写真撮影は、撮るスタジオや撮影枚数、現像するかどうか等によって金額に幅ができます。どのような写真を撮りたいのか、事前に相談しておくと良いでしょう。

また、費用を安くしたい場合には、クーポンや撮影パックなどを活用することをオススメします。撮影+数枚分のデータなどであれば1万円程度、色々な写真と全データとなると2~3万円程度を考えておきましょうね。

食事会

お宮参りの後にお祝いの席を設ける場合には、一人当たり3000~5000円程度を考えておきましょう。懐石料理や料亭などで豪華にする場合には、一人8000円程になることも。

お店によって金額はさまざまですので、金額と日取りをしっかり確認してくださいね。

 お宮参りに必要な準備は早めに!予算に合ったお宮参りを!

お宮参りのメインイベントは、「神社への参拝とご祈祷」です。そして主役は「赤ちゃん」!

お宮参り当日に色々と詰め込み、赤ちゃんが疲れ切ってしまっては元も子もありません。赤ちゃんとママの体調を第一に考え、お宮参りの計画を立ててくださいね。

また食事会や写真撮影は、どの程度のものにするかで金額が大きく変わります。

もちろん、豪華な食事会や写真撮影は思い出に残ります。しかし、予算以上に豪華にする必要はありません。ですので、ご家庭の予算に合ったお宮参りの計画を立てて、素敵な一日にしてくださいね。

  関連記事

祖父母はどうして孫を甘やかすの?そのメリットとデメリット、対処法が知りたい!

都市部の待機児童問題が解決の兆しを見せない現代の日本では、祖父母に「孫育て」に奮 …

休日に寝てばかりの旦那さんにイライラ。その原因と対処法は?

共働き家庭が増えている現代、平日は夫婦でゆっくり過ごすことができない分、休日には …

育児が始まる前に決めておきたい!共働きの家事分担のこと

厚生労働省が発表した、「平成27年版国民生活基礎調査の概況」によると、共働き世帯 …

パパが赤ちゃんの泣き声を聞き分けられないのはなぜ?その対策とは?

赤ちゃんの泣き声にも、種類があります。そして、初めての育児に取り組むママは、その …

夫といると不調になる「夫源病」とは?その原因と気になる対処法とは?

夫の態度や言動が原因で、めまい、動悸、不眠など更年期障害のような辛い症状に悩まさ …

旦那が赤ちゃんを抱かないことには理由がある?子どもが産まれたパパの心理とは?

妊娠・出産は、女性にとって命をかけた大事業であるといっても、過言ではありません。 …

考えている以上に恐ろしい!モラハラの定義とおこる原因、対処法について

近年、「モラハラ離婚」という言葉を、よく見聞きするようになりました。モラハラとは …

新米パパが家事や育児をするときに、気をつけたいポイントは?

初めての赤ちゃんが産まれたときから、新米のパパとママにとって、長い子育てが始まり …

あなたも当てはまるかもしれない夫源病!何が原因でおこる?主なチェックリストを紹介

大好きで結婚したはずの夫。年数を重ねていくごとに子育てや仕事などへの考えの違いか …

子供の疑問に父親はどう対応すればいい?理想の答え方とは?

どんな子供にも「なぜ?」「どうして?」と、パパやママを質問攻めにする時期が訪れま …