ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

2人目育児のキーマンは「パパ」!パパ次第でママがとっても楽になる!

   

2人の出産を控えたパパ。積極的にサポートしてきたパパ、ママに任せきりだったパパもいることでしょう。2人目育児では「パパ」の存在や役割は、これまで以上に重要になることをご存知でしょうか?

子どもが2人となった今、パパまでも「息子」のように甘えてはいられません。パパには「ママを支える」という重要な役割がありますよ。

今回は二人目育児におけるパパの役割とサポートの仕方について詳しくご紹介していきます。ママの負担を減らし、新たなる素敵なご家庭を築いてくださいね!

2人目育児は「パパ」が超重要!

2人目を出産するころは1人目の育児が軌道に乗り、子育てに慣れてきている時期でしょう。しかし「1人目と同じ要領だし大丈夫!」と油断をするのは禁物です。

1人目の出産に比べて決定的に異なるとは、「子どもが2人いる」ことです。子ども2人に対してママは1人しかいません。しかも1人は、まだ首も座らないほやほや赤ちゃんです。

これでは育児の負担が2倍になり、ママが疲れてしまうのは当たりまえですよね。少しの時間でもママの育児負担を減らすことが大切です。そこで大活躍するのが「パパ」です

1人目の時は何となくママがやっていたことも、子ども2人になるとそういう訳には行きません。パパも1人目育児の時に培った経験があり、2人目では余裕を持って色々なことに取り組めるはずです。

ご自分にはどの部分がサポートできそうか、ママと一緒に話し合ってみてもいいかもしれませんね

パパの得意なサポートはどんなこと?

赤ちゃんに母乳をあげる、ママっ子を寝かしつけるなどは、ママにしかできないことかもしれません。しかし子育ての中にはパパが得意とするサポートがたくさん存在しています。

ママと子どものため、何かできることはないか積極的に探していきましょう。

1人目のこと

  • 上の子を公園などに連れて行き、体を使った遊びをする
  • 仕事に行く前に幼稚園や保育園へ送る
  • 上の子のお着替えやトイレ、食事を補助する
  • お風呂に入れる

2人目のこと

  • 沐浴やお風呂
  • おむつ替え
  • 混合の場合はミルクを飲ませる
  • 下の子の寝かしつけ

家のこと

  • 食事の準備や皿洗い、片づけ
  • ゴミ捨て
  • お風呂掃除
  • 洗濯の取りこみ

ママのこと

  • ママへの感謝や労いの言葉かけ
  • ママが一人になれる時間作り

これら以外にも、休日に家族と過ごす時間を作る、早めに帰れるように努力する、帰宅時間や休日などの予定をママにしっかり伝えておく、ママへのご褒美を用意するなども喜ばれるでしょう。

仕方なくやるのではなく、「本当にママが大変だ」ということを理解して当たり前のこととしてサポートできるとスマートですよ。

2人目育児で注意することは?

パパが2人目育児に取り組む際には、気を付けておきたいポイントがあります。

ママが一人で背負ってしまわない環境づくりを!

パパのサポートが大切なことについてお話ししてきましたが、お仕事でどうしてもサポートできない方もいらっしゃるでしょう。そのような場合でもできるだけママが一人で育児を背負わないよう工夫する必要があります。

例えば週末にまとめてできる家事はパパがやる、夜遅く帰るときの夕飯は自分でどうにかする等です。

さらに市町村の子育てサポートや一時保育に預けるなど、ママの日中負担を軽減できる方法を活用することもおすすめです。ママの実家が近い場合には、定期的にママを実家に帰してあげることも助けになりますよ。

どの場合においても、「助かるだろう」と思ってママに押し付けるのではなく、ご夫婦で話し合いながら決めていってくださいね

1人目への配慮を心掛けよう!

上の子は今まで自分が一番愛されていたのに、赤ちゃんがちやほやされるとママやパパが取られた気分になりがちです。どうしても赤ちゃんの方に手がかかり、近くにいる時間が長くなってしまうため仕方ない所もあるでしょう。

疎外感や寂しさを感じた上の子は、赤ちゃん返りをしたり暴力的になってしまうこともあります。ママが母乳をあげている時、寝かしつけている時など上の子に構えない時には、パパが積極的に上の子に触れてあげてください

またママと上の子がたっぷり触れ合うことができるように、パパが赤ちゃんの世話を引き受けることも有効です

「お兄ちゃん・お姉ちゃんなんだから!」という言葉は控えましょう。上の子と言っても、まだ子どもでパパやママを独り占めしたいのです。必要以上に我慢させず、上手にできたときに「さすがお兄ちゃん・お姉ちゃん!」と褒めてあげてくださいね

「今まで通り」を見直して、新たな家族の過ごし方を見つけよう!

2人目の子どもが生まれると、どうしても今まで通りの生活は送れなくなってきます。「今まではこうできていた」「できるはずだ」という考え方は、見直しましょう

新たな家族を迎える今、パパにもできることを見つけてどんどんと協力してください。そしてサポートしてもらったら、お互いにしっかりと感謝の言葉かけをしましょうね

家族が増えると「家族の形やあり方」も変化していきます。定期的に家族の成長を振り返る機会を作ると、面白いかもしれませんね。

  関連記事

妊娠中なのに旦那さんが嫌いになってしまうことがあるの?その原因と対処法は?

夫婦にとって、赤ちゃんを授かることは、望外の喜びです。赤ちゃんを授かることにより …

娘がパパを避けるようになった!娘のパパ嫌いの乗り越え方とは?

女の子を持つパパの多くは、娘が可愛くて仕方がなくて「大きくなったらパパと結婚する …

お見合い結婚には後悔しているひとが多いって本当?そのメリットとデメリットは?

2016年9月に国立社会保障・人口問題研究所が発表した「第15回出生動向基本調査 …

休日は、パパと子どもが自宅で理科実験して過ごそう!そのメリットや方法は?

かつての日本では、「男は外で働き、家事や育児は女の仕事」というのが当たり前の価値 …

保育園の先生と合わないと感じたときの対処法とは?

人間関係は複雑なので、出会った人すべてとうまくいくということはありません。子ども …

離婚調停で子どもの親権を勝ち取る方法はある?その際の注意点とは?

離婚には、「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚」という4つの方法があり …

妊娠中にパパの浮気が発覚!その際の対処法と乗り越え方とは?

妊娠は夫婦にとって、大きな喜びを伴う出来事のはずです。特に女性は、日に日に変化し …

新米パパが家事や育児をするときに、気をつけたいポイントは?

初めての赤ちゃんが産まれたときから、新米のパパとママにとって、長い子育てが始まり …

口うるさい旦那さんがストレス!そんな旦那さんの口を塞ぐ方法は?

結婚するまでは、何かと気を遣っていてくれたのに、生活を共にし始めると、途端に口う …

おむつ交換を嫌がる夫に、協力してもらう方法とは?

我が子の誕生はうれしいものであっても、パパがママと同じように育児に取り組めるかと …