ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

夫と仲良く暮らしていくためにしたいこと。妻が愛妻家に教育する方法とは?

   

恋愛中は何かと気を遣ってくれたのに、結婚すると自分のことを見てもくれない…。そんなふうに悩んでいる妻は、世の中にたくさんいます。

ですが愛するひとと結婚できたのですから、その気持ちを持ち続けてほしいと思うのは当然のことです。そして世の中には愛妻家と言われる男性もたくさんいます。

そこで今回は、愛妻家とはどんな夫か、愛妻家になる男性に共通する特徴、夫に愛され続ける妻に共通する特徴、夫を愛妻家に教育する方法などについて、お話しします。

愛妻家って何?愛妻家になる男性の特徴は?

愛妻家とは妻のことを熱烈に愛し続ける男性のことをいいます。その気持ちが結婚して何年経っても変わらないのです。

むしろ二人の歴史が積み重なればなるほど、愛情が深くなっていく傾向すらあるようです。

愛妻家の素質があるかどうかは、独身時代でもわかります。

愛妻家の男性に共通する特徴として、相手に対する思いやりがあることがあげられます。

これはただひたすら優しく甘やかしてくれるという意味ではなく、よくないところはきちんと指摘するなど、責任をもって大切にしてくれることです。

そして愛妻家の男性は得てして仕事に誠実です。さらに謙虚でもあります。

相手が喜ぶこと、助かることにすぐ気が付くので、気が利くと周りのひとにいわれます。さらにポジティブ思考の男性が多いです。

愛妻家の妻に共通する特徴は?

では愛妻家の夫を持つ妻にも、共通する特徴はあるのでしょうか。

まず夫に対する優しさをきちんと形にできる女性ということです。愛妻家の夫が、自分は妻に大切にされている、愛されている、優しくされていると実感しているということです。

そのため相乗効果で愛情が深まっていくのです。

次に夫の好みを意識している女性です。ずば抜けて美人ということはなくても、髪型やメイク、服装を選ぶときに、常に夫の好みを優先する妻は夫にとってとてもかわいらしい存在といえます。

最後はいつも笑顔でいる女性です。出かけるとき、帰ったとき、会話をしてるときに、常に笑顔でいてくれる妻は、夫にとって安らぎを与えてくれます。だからこそ大切にしようという気持ちが沸き上がるのでしょう。

妻が愛妻家に教育する方法はあるの?

では、いまは愛妻家といえない夫でも教育によって変えることはできるのでしょうか。そのためにはまず自分が努力することです。

聞き上手な妻になろう

手始めに夫の話をきちんと聞くことを意識しましょう。夫が仕事の愚痴や泣き言を言っても、聞き流したり、取り合わない妻は案外多いといいます。

夫の気持ちに寄り添おうと思えば、相手の話を真剣に聞いてあげるべきです。その際はアドバイスをするより、聞き上手な妻でいてあげましょう。

常に感謝の気持ちを持とう

次に自分が夫に求める「あたり前」の感覚を止めて、常に感謝の気持ちを持つことです。

夫だから稼いであたり前、父親だから育児を手伝ってあたり前と思っていると、自分が求めるレベルに達していない夫に対し、不満が溜まってしまいます。

その結果、不機嫌さや不満が夫に伝わり、気持ちが離れるきっかけになってしまいます。

相手を大切にしよう

そして一番大切な事は、相手に愛し大切にされたいと思うなら、まず自分が相手を愛し大切にすることです。

夫を愛妻家に変える努力をしよう!

結婚生活が長くなると、話さなくてもわかってくれる、察してくれることを期待します。

ですが仕事を持っていれば家庭とは違う顔があるということですし、外でストレスを感じる分、家で寛ぎたいと思うのは、男性も女性も同じです。

そう考えると夫に求める前に、自分が夫に与えようとすることで相手の気持ちを引き寄せるのが早道です。

まずは自分が努力することで、夫を愛妻家に変えていきましょう。いまからできることを、始めてみてくださいね。

  関連記事

ママ友がいないって問題?ママ友がいないメリットとデメリットは?

近年、専業主婦世帯より、共働き世帯の方が多いこともあり、あえてママ友をつくらない …

地方自治体が3世代同居促進政策を推進中!そのメリットとデメリットとは?

近年、日本政府は3世代同居促進政策を推進しています。その背景には、一向に解決する …

フィジカルコンタクトとは?赤ちゃんを抱っこすると父性が増すって本当?

夫婦にとって、妊娠・出産は喜ばしいものですが、親としての自覚が芽生える過程には、 …

草食系男子と結婚して幸せになれる?そのメリットとデメリットとは?

10年前に登場した「草食系男子」という言葉も、すっかり定着した感があります。 恋 …

パパが赤ちゃんの泣き声を聞き分けられないのはなぜ?その対策とは?

赤ちゃんの泣き声にも、種類があります。そして、初めての育児に取り組むママは、その …

ママ友とのLINEトラブルを回避したい!そのために注意すべきことは?

仲の良いママ友ができるのは心強いものですが、その人数が増えてグループになると、ど …

大黒柱のパパが最下層って本当?家庭内カーストとその改善方法について

お子さんを持つ保護者世代は、スクールカーストの問題については、ニュースなどで見聞 …

転勤族との結婚、幸せになるための方法を教えて!

いつの時代においても企業戦士たるもの、会社から突然の転勤命令が下ることがあります …

離婚する前に受けておきたい!夫婦カウンセリングのこと

どんなに愛し合って結婚した夫婦でも、共に生活し、子どもができたり、環境が変わると …

何かとお金のかかる子どもの行事「お宮参り」の費用を徹底解説!

赤ちゃんが生まれて一か月ほど経つと神社に行く「お宮参り」。初めての赤ちゃんであれ …