ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

単身赴任すると離婚に発展しやすいって本当?それを防ぐ方法は?

   

旦那さんが単身赴任すると、浮気する確率が高いといわれています。その結果、離婚に発展してしまう夫婦も少なくないようです。

共働き家庭が増えている現代、奥さんの仕事の都合やお子さんの学校の問題で旦那さんが単身赴任せざるを得ない家庭も多い中、離婚しないで済む方法はないのでしょうか。

そこで今回は、単身赴任が離婚に発展しやすい理由や、単身赴任中に夫婦が注意すべきこと、単身赴任でも夫婦関係を良好に築く方法について、一緒に考えてみたいと思います。

単身赴任が離婚に発展しやすい理由とは?

ではなぜ旦那さんが単身赴任をすると、離婚に発展しやすいのでしょうか。

その理由として男性は基本的に甘えん坊だからと言えます。家族で暮らしていれば仕事で何があっても、家に帰ると奥さんに甘えることができ、家事に関してもストレスにならない程度に分担すればよいことが多いです。

ですが単身赴任になると家に帰っても食事ができているわけでなく、自分の生活に支障がないように家事もしなければならないことを負担に感じたり、話し相手がいないので、感情を発散できなくてストレスを溜めます。

そうした隙間に、別な女性が入り込みやすいのです。

一方、自立心旺盛な男性の場合は単身赴任で再び一人暮らしをすることで、家族と暮らす窮屈さに気づいてしまうことが、離婚の原因になることがあります

離れて暮らす奥さんに対し「会えなくて淋しい」と思えないことで、気持ちが離れていることを実感するケースもあるのです。

単身赴任中に夫婦が注意すべきことは?

では旦那さんが単身赴任する場合、夫婦で注意すべきことはあるのでしょうか。

まず離れて暮らすことで、お互いがどんな感情を抱いているかを確認することです。孤独感がある場合には、離れていても、会えなくても、常に気にかけていることを電話やメール、LINEなどを駆使して伝えることです。

開放感がある場合にはお互いの存在を見つめ直し、いないことに慣れるのではなく、関係修復のためにどんな努力ができるのかを考えることが大事です。

また単身赴任中に旦那さんの浮気が発覚することも多いです。もし離婚を回避したいなら、相手を責めすぎずに許してあげる度量が奥さんの側に必要になります

もちろん浮気しないように、ときには奥さんが単身赴任先を訪れるのもよいでしょう。

単身赴任でも良好な夫婦関係を築く方法は?

では単身赴任でも良好な夫婦関係を築くために、どんなことに配慮すればよいのでしょうか。

まず単身赴任中の夫へ、常に家族の存在を感じさせることです。

Skypeなどを使って夫婦だけでなく、子どもとも一緒に会話したり、単身赴任先に家族の写真を飾ったり、ときには子どもに手紙や絵を描かせるなど、常に気にかけていることをアピールするのです。

そして旦那さんとのコミュニケーションをこまめにはかることです。

電話で話すのは難しくても、メールやLINEにちょっとしたメッセージを残すなど、気にかけていることを伝える手段はいろいろあります。

家族のことや自分のことを何でも旦那さんに相談することも大切でしょう。頼りにされていることがわかれば、旦那さんは自分が不在でも、大黒柱であることを意識できます。

最後は常に感謝の気持ちを忘れず、言葉にして伝えることです。

「あなたが単身赴任してがんばってくれているから、私たち家族が安心して生活できる」と、旦那さんのことを労わってあげてください。

お互いに対する思いやりを忘れずに!

とはいえ単身赴任した当初は淋しさを感じていても、お互いが不在な生活に慣れると気楽に暮らせると思うかもしれません。

たまに自宅に帰ってきたとき、献立や家事のペースが狂ったように感じることもありそうです。

そうした気持ちは言葉にしなくても、相手に伝わってしまいます。夫婦がお互いに相手への思いやりを忘れなければ、離婚に発展する火種ができることもないはずです。

単身赴任を決めたからには相手に対してお互いに誠実でいること、信じることを大事に、コミュニケーションをはかっていきましょう。

  関連記事

保育園の先生と合わないと感じたときの対処法とは?

人間関係は複雑なので、出会った人すべてとうまくいくということはありません。子ども …

離婚の際には忘れてはいけない!公正証書を作る重要性について

縁あって出会い、子どもを授かっても、残念ながら離婚してしまう夫婦はたくさんいます …

文化の違いは当たりまえ!外国人ママ友と上手に付き合っていく方法は?

近年では、日本国内で暮らす外国人の数は増加傾向にあります。ご近所に外国人親子が住 …

DVをする旦那さんの特徴と対処法を知り、自分と子どもを守ろう!

DVとは「ドメスティック・バイオレンス」の略称で、日本では家庭内暴力といわれます …

お山の大将?ボスママとのうまい付き合い方を教えて

小学校の高学年頃から高校生くらいまで、女子の中にはその場を仕切るボス的存在の子が …

地方自治体が3世代同居促進政策を推進中!そのメリットとデメリットとは?

近年、日本政府は3世代同居促進政策を推進しています。その背景には、一向に解決する …

育児が始まる前に決めておきたい!共働きの家事分担のこと

厚生労働省が発表した、「平成27年版国民生活基礎調査の概況」によると、共働き世帯 …

旦那さんのお小遣いってどうしている?お小遣いの額を決める基準とは?

結婚するとき、家計をどちらが管理するのか夫婦で話し合い、旦那さんをお小遣い制にす …

夫といると不調になる「夫源病」とは?その原因と気になる対処法とは?

夫の態度や言動が原因で、めまい、動悸、不眠など更年期障害のような辛い症状に悩まさ …

家庭内離婚の定義とは?そのメリット・デメリットと子どもへの影響について

愛し合って結婚した二人であっても、いろいろな理由で愛情が冷めてしまうことがありま …