ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもにも不定愁訴があるって本当?それを知ったら夫婦でどう対処すべき?

   

不定愁訴」と聞くと、大人が感じるものだと思い込んでいるママやパパが、圧倒的に多いのではないでしょうか。ですが近年、子どもが不定愁訴になるケースが増えているのです。

とはいえ、あらわれる症状や様子をみても、簡単に学校を休ませることをよしとしない、ママやパパもいることでしょう。ですが、子どもは大人以上にストレスに慣れていないので、我慢させることで症状が改善することはありません。

そこで今回は、不定愁訴とは何か、その原因と子どもにあらわれやすい症状、子どもが不定愁訴のときに親としてどう対応すべきかについて、お話しします。

不定愁訴って何?その原因は?

不定愁訴とは、病気などの客観的な原因が見つからないのに、全身にさまざまな不調があらわれる状態のことをいいます。その症状も一定ではなく、一日のうちで訴える症状がコロコロ変わるケースも多いです。

不定愁訴の原因は環境の変化や疲労、ストレスの蓄積など、ひとによって違います。子どもの場合は特に、本当に辛い症状が続いていても、病気という明らかな原因がみられないので、「わがままを言っているだけ」と思われることが多いです

そのため、適切な対応を受けることができず、症状が悪化するケースも少なくありません。また、自律神経失調症の症状として、不定愁訴を訴えることもあります。乳幼児でも、自律神経失調症になることがあるので、注意が必要です。

子どもの不定愁訴であらわれる症状は?

身体的な症状

子どもの不定愁訴が身体的にあらわれた場合には、以下のようにさまざまな症状を訴えます。

  • 頭痛や腹痛
  • 気持ちが悪い
  • 眠れない
  • あくびがたくさん出る
  • だるい
  • 肩がこる
  • 首が痛い
  • 腰が痛い
  • 口がかわくなど

精神的な症状

そして、子どもの不定愁訴が精神的にあらわれた場合には、以下のような様子が見られます。

  • 朝なかなかおきられない
  • 食欲がない
  • 登校前に頭痛や腹痛を訴える
  • 帰宅しても遊びに行かずにゴロゴロしている
  • いつもイライラしている
  • 親の質問に答えてくれない

日々の生活の中で食欲や睡眠時間、日中の活動の様子をみて、何らかの変化が見られるときには、不定愁訴の可能性があります。お子さんの様子をよく観察し、その状態が短期的なものなのか、長引いているのかを見極めて、対処法を検討しましょう。

子どもが不定愁訴のとき親がすべきことは?

まずは小児科の受診を

もし、お子さんの不調が何日も続いているなら、まず小児科に連れて行き、身体的に異常がおこっていないかどうかを調べてもらいましょう。

その際には、発熱の有無や、お腹の張りや冷えがないか、体重が減っていないのかを、ママやパパが事前に確かめておくのが大事です。

そして、事前に幼稚園や小学校の担任に連絡をとり、友だちと元気に遊べているのか、授業に集中できているのかも、確かめて伝えるのがベストです。

生活習慣を見直そう

もし、身体的に問題がないことがわかったら、まず食生活と睡眠習慣を見直し、生活リズムを整えましょう。朝食をしっかり食べさせ、家族それぞれが好きなものを食べる「個食」、同じものばかり食べる「固食」、食事は一人で食べる「弧食」が続かないように配慮します。

そして、低学年なら1日9~10時間、高学年なら8~9時間の睡眠時間を確保できるように、起床時間から逆算して就寝時間を決めます。

就寝時間の2時間前からテレビやゲーム、スマートフォン、iPadの使用は避けるのがポイントです。起床時間になったらカーテンを開け、太陽光を浴びせるようにしましょう。

夫婦でよく話し合い、対処しよう!

子どもの不定愁訴は、生活リズムを整えることで改善することもあります。ですが、お子さんが悩みを抱えていることが原因の場合は、なかなか症状が改善しないこともあります。

日ごろからお子さんと会話する時間を持つように心がけ、悩みを打ち明けやすい環境をつくりましょう。また、勉強につまずいていることが原因のことも多いです。家庭学習をするときの様子をチェックして、わからないところは教えてあげてください。

そして、子どもは家庭内の雰囲気に敏感です。夫婦喧嘩を子どもの前でしてしまったときには、「もう仲直りをしたから大丈夫」と必ず伝えるなど、お子さんが安心できる環境づくりを心がけてくださいね。

  関連記事

離婚調停で子どもの親権を勝ち取る方法はある?その際の注意点とは?

離婚には、「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚」という4つの方法があり …

ママ友から仲間はずれ、避けられていると感じる!その原因と対処法は?

子どもが産まれ、保育園やお稽古事、幼稚園のプレスクールなどに通い始めると、「ママ …

パパが赤ちゃんの泣き声を聞き分けられないのはなぜ?その対策とは?

赤ちゃんの泣き声にも、種類があります。そして、初めての育児に取り組むママは、その …

理解できなくても認めよう!「理解できない夫の趣味」への対応ガイド

休みの日は布団の中でずっとゲーム!毎週末はゴルフ!何かと車やバイクばかり触ってい …

祖父母はどうして孫を甘やかすの?そのメリットとデメリット、対処法が知りたい!

都市部の待機児童問題が解決の兆しを見せない現代の日本では、祖父母に「孫育て」に奮 …

お見合い結婚には後悔しているひとが多いって本当?そのメリットとデメリットは?

2016年9月に国立社会保障・人口問題研究所が発表した「第15回出生動向基本調査 …

結婚生活に疲れたときはどうしたらいいの?その原因と対処法は?

恋愛中はお互いに夢中で、ずっと一緒にいたくて結婚したはずなのに、いざ一緒に暮らし …

転勤族との結婚、幸せになるための方法を教えて!

いつの時代においても企業戦士たるもの、会社から突然の転勤命令が下ることがあります …

新学期、気になる子どもの担任は?担任の先生とママのうまい付き合い方

4月、新学期の季節に子どもと一緒にママもドキドキしてしまうのは担任の先生が誰にな …

もしかしたら…旦那のうつ病への対処法とは

様々なストレス要因からうつ病を発症してしまう人が増えてきました。うつ病は誰にでも …