ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ママ友の中にもいるかもしれない!マウンティング女子のこと

   

最近、「マウンティング女子」という言葉をよく見聞きしますが、みなさんはその意味を知っていますか?マウンティング女子は学校や職場だけでなく、実はママ友の中にもいることが多く、振り回されて悩むひとも少なくないようです。

そこで今回は、マウンティング女子とは何か、どんなひとがなりやすいのか、マウンティング女子のママ友と上手に付き合う方法、自分がマウンティング女子にならないために心がけたいことなどについて、お話しします。

マウンティング女子って何?どんなひとがなりやすいの?

まず「マウンティング」という言葉について、説明しておきましょう。マウンティングとは、動物が自分の方が相手より優位であることを誇示する行動をいいます。

そもそも女性はどんなに親しい間柄であっても、相手より自分の方が幸せであることをアピールするという、人間関係を築きやすいものです。

学生時代や職場の友人関係をふり返ったとき、ファッションや恋人の有無、結婚、出産、育児など、さまざまなことでひととあり合うひとがいませんでしたか?それが、「マウンティング女子」です。

マウンティング女子になりやすい女性の特徴としては、他人からどう見られるかに敏感なことがあげられます。常に周囲より自分が優位にたち、優越感を味わいたいタイプの女性が、マウンティング女子になりやすいのです。

マウンティング女子のママ友と上手に付き合う方法は?

自分個人の友人関係の場合は、マウンティング女子に辟易した時点で、距離を置くことができます。

ですがママ友の中にマウンティング女子がいた場合、自分の感情で子どもの友人関係に悪影響が及ぶので、簡単に距離を置くことはできません。ではマウンティング女子のママ友と、上手につきあっていく方法はあるのでしょうか。

それはマウンティング女子のママ友と、同じ土俵にはたたないと決めることです。そもそもマウンティング女子は、自尊心が低く、他人と比較し、自分の優位性を示して相手が傷つくことでしか、幸せをはかることができません。

つまり、自分より下の存在がいなければ、自分を認めることができないのです。そのため、マウンティング女子の言動に反応してしまうと、何度もそれをくり返されることになります。

そのため、何をいわれても受け流し、最小限の付き合いをするように心がけるのがおすすめです。

自分がマウンティング女子にならないためにできることは?

マウンティング女子は、「カウンセラー型」「自虐型」「博識型」「司会型」の4つに大別されます。

カウンセラー型

ウンセラー型とは、相談されてもいないのに勝手にアドバイスしてくるなど、過干渉のタイプです。相手にも好みや考えがあることを配慮せず、自分の意見を主張する傾向が強いです。

自虐型

自虐型は、一見自分を卑下し、悲劇のヒロインを装いつつ、自分の自慢をさりげなく会話にちりばめる、自己顕示欲の強いタイプです。

博識型

博識型は、自分の知っている情報を列挙することで、相手に優位性を主張するタイプです。

司会型

司会型は、場の会話の流れを仕切り、自分中心に話題を回すことで、その存在感をアピールするタイプです。

このタイプを聞いて、自分のママ友の中でのスタンスをふり返り、思いあたる節があるときには、あなたは周囲にマウンティング女子と思われている可能性があります。十分に注意しましょう。

目くじらをたてずに軽く受け流そう

マウンティング女子のママ友は、確かにやっかいな存在です。できれば、関わりたくないと思うのが本音でしょう。ですがマウンティング女子の本質は、自分に自信がなく、劣等感が強いという、弱いひとです。

そして、マウンティングにはキリがありませんので、いつまでも本当の意味で友人をつくれない、可哀想なひとなのです。

ママカーストにも関わることなので、マウンティング女子の存在をストレスフルに感じるひともいると思いますが、目くじらをたてると、かえってターゲットにされてしまいます。

あなたの真の友人ではないので、軽く受け流しながら、適度に距離をおいて付き合っていきましょう。

  関連記事

怖い実態、ママカーストの中をうまく切り抜ける方法とは

昔インドで行われていた階級を表すカースト制に見立ててできた言葉、ママカーストです …

旦那さんとの仲がマンネリ。夫婦の倦怠期はどうやって乗り越えたらいいの?

どんなに熱烈な恋愛をしても、結婚生活を続けるうちに、相手に対する興味・関心をなく …

夫が育児に非協力的なのを何とかしたい!何か対策はあるの?

子どもは、夫婦二人がいて初めて、授かることができるものです。そして近年は「イクメ …

おむつ交換を嫌がる夫に、協力してもらう方法とは?

我が子の誕生はうれしいものであっても、パパがママと同じように育児に取り組めるかと …

パパが赤ちゃんの泣き声を聞き分けられないのはなぜ?その対策とは?

赤ちゃんの泣き声にも、種類があります。そして、初めての育児に取り組むママは、その …

妊娠したらホタル族になるパパが急増!守るべきマナーとは?

喫煙がお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことは、周知の事実です。そのため、自分がタバ …

お金がなくても離婚はできるの?離婚後の生活のやりくりのコツは?

離婚を考え始める原因は、ひとによって異なります。ですが、考えて即実行する前に、別 …

目指せイクメンパパ!ママがしてほしいことを知ることから始めよう!

日本では年々、共働き世帯が増え続けています。そのため、パパが育児や家事を分担する …

妊娠中なのに旦那さんが嫌いになってしまうことがあるの?その原因と対処法は?

夫婦にとって、赤ちゃんを授かることは、望外の喜びです。赤ちゃんを授かることにより …

もしかしたら…旦那のうつ病への対処法とは

様々なストレス要因からうつ病を発症してしまう人が増えてきました。うつ病は誰にでも …