ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊婦友だちっていた方がいい?人見知りのプレママが妊婦友だちをつくる方法とは?

   

妊娠すると、女性は心身ともに大きく変化していきます。特に初めての妊娠の場合、自分の身体や産まれてくる赤ちゃんのことなど、わからないことがたくさんあり、不安を感じることもあるでしょう。

そんなとき、気兼ねなくさまざまな相談ができるのは、同じ妊娠を経験しているプレママたちです。妊婦友だちが欲しいけれど、人見知りなのでどうしたらよいかわからないというプレママもいそうです。

そこで今回は、妊婦友だちがいるメリットや、どんな場所で出会えるのか、気になる付き合い方などについて、一緒に考えてみたいと思います。

妊婦友だちがいるメリットって何?

1人目の赤ちゃんを妊娠しているときは特に、体調が不安定なこともあり、気持ちも落ち込んでしまうプレママが少なくありません。

出産を経験している友だちであれば、ある程度気持ちはわかってもらえるかもしれませんが、育児に追われて、妊娠中の不安な気持ちを忘れていたり、未婚や妊娠経験のない友だちに話しても理解してもらえないなど、これまでの人間関係の中で処理できない思いも多いはずです。

そんなときに妊婦友だちがいると、同じような境遇にいることでお互いの不安や悩みを共有しやすく、理解してもらえているという安心感を得やすいので、心強く感じるはずです。これが、妊婦友だちがいることの最大のメリットといえます。

パパにはわからない、心身の変化について理解しあえるだけでなく、出産準備や育児グッズの情報交換などもでき、ある意味、パパより役に立つ援軍になってくれることも少なくなさそうです。

妊婦友だちとは、どんな場所で出会えるの?

とはいえ、妊婦さんと出会える場所は限定されています。妊婦健診のために通っている産婦人科や助産院で行われている、あるいは地方自治体が開催している「母親学級」などが、妊婦友だちと出会える場所の筆頭といえるのではないでしょうか。

こうした母親学級では妊婦さん同士の交流の機会を設けていることが多いので、妊婦友だちをつくりやすい環境といえます。中でも、産院で行われる母親学級は、同じような週数の妊婦さんが集まることが多いので、おすすめです。

安産のために、マタニティスイミングやマタニティヨガを始めるひとも多いと思いますが、こうしたクラスも妊婦友だちをつくる絶好のチャンスです。出産に必要な筋肉を鍛えつつ、呼吸法を学びながら、さまざまな産院に通う妊婦さんが集まってくるので、気の合った妊婦友だちを見つけやすいです。

また、ベビーグッズを扱っている企業が開催する、プレママ向けのイベントに参加するという方法があります。育児をイメージするプログラムを受講しながら、同じような週数の妊婦友だちが見つかれば、一石二鳥です。こうしたイベントにも、積極的に足を運んでみましょう。

妊婦友だちとの付き合い方は?

どんな場所で出会ったにせよ、妊娠中であるという共通点のある妊婦友だちがいると、さまざまな情報交換ができるだけでなく、パパや妊娠していない女友だちにはなかなか理解してもらえない、悩みや不安を共有できるなどのメリットはあります。

ですが、妊娠の経過には個人差があり、つわりが軽いひとと、臨月まで重いつわりが続くひとがいるように、自分と同じことが常にできるとは限りません。妊娠中の体調には波がありますし、安定期だからといって、無理をして外出を続けたことが、切迫早産につながるケースもあります。

妊婦友だちと出かけるときには、お互いの体調に配慮するとともに、疲れたらすぐに休める場所を意識して選ぶことも大事です。ランチのついでにウインドウショッピングをしたり、ベビーグッズのリサーチに出かけるなど、無理のない範囲でお出かけするように心がけましょう。

また、どちらかの体調が悪いときには予定を中止し、それについて相手を責めないことは、最初に決めておくと良いのではないでしょうか。

趣味や好みの違いを理解しよう!

妊婦友だちとして付き合い始めたものの、実は趣味が違うということも、よくあるようです。妊娠中のあれこれについて話したり、愚痴をこぼしあうだけの付き合いであれば、それほど問題にはなりませんが、一緒に出かけようとしたときに、好みが合わずに気まずくなるケースもあるようです。

とはいえ、妊娠中は行動範囲も狭くなりますし、お腹の赤ちゃんに負担にならないことが大前提ですので、限定的な付き合いをするという方法もあります。無理に家族づきあいに発展させようとすると、パパに負担がかかることも多いので、どちらかが我慢することなく、程よい距離で付き合えるように意識してはいかがでしょうか。

特に、体調が思わしくないときには、絶対に無理をしないように、お互いに心がけながら付き合っていきましょう。

  関連記事

妊娠したらホタル族になるパパが急増!守るべきマナーとは?

喫煙がお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことは、周知の事実です。そのため、自分がタバ …

パパが職場への妊娠報告をするタイミングは?守るべきマナーは?

夫婦にとって、子どもを授かることは、何よりも喜ばしいことです。ですが、妊娠の報告 …

ママ友の中にもいるかもしれない!マウンティング女子のこと

最近、「マウンティング女子」という言葉をよく見聞きしますが、みなさんはその意味を …

休日は、パパと子どもが自宅で理科実験して過ごそう!そのメリットや方法は?

かつての日本では、「男は外で働き、家事や育児は女の仕事」というのが当たり前の価値 …

旦那さんの友達が嫌い!どう対処したらいいの?

恋愛は、二人で始めるものです。そのため、出会うまでに双方が築いてきた人間関係が、 …

パパが赤ちゃんの泣き声を聞き分けられないのはなぜ?その対策とは?

赤ちゃんの泣き声にも、種類があります。そして、初めての育児に取り組むママは、その …

怖い実態、ママカーストの中をうまく切り抜ける方法とは

昔インドで行われていた階級を表すカースト制に見立ててできた言葉、ママカーストです …

本当に必要?幼稚園でママ友を作らないメリット・デメリットまとめ

子供ができるまでママ友と言う言葉を、こんなにも自分が使うようになると思いませんで …

どうして単身赴任の旦那さんが浮気するの?その予防方法は?

会社員の旦那さんを持つと、転勤の可能性を否定できません。そして、子どもが小さいう …

産前産後で交友関係は変わる?よい関係を築くためにできることは?

出産は、夫婦やその家族にとっては、とても喜ばしいことです。ですが、どんなに親しい …