ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

夏にはうってつけの甘くて美味しいコーンを使ったとうもろこしの離乳食

   

b77cd34465d6a3ddaa640e3fe0641aa5_s

夏が旬のとうもろこしは、茹でるだけで自然な甘さが美味しい野菜です。甘みがある野菜は赤ちゃんも好んで食べやすく、また色んな食材とも相性がいいため、離乳食にはおすすめの食材です。

さらにとうもろこしには炭水化物をはじめビタミンや食物繊維、ミネラルなどが含まれており、栄養価の高い野菜といえます。そのため夏の離乳食には是非取り入れたい食材ですね。今回はこのとうもろこしを使った離乳食のレシピや、調理のコツなどを紹介します。

とうもろこしの離乳食はいつ頃から大丈夫?

とうもろこしは初期から食べさせることが出来る食材です。ただし、とうもろこしには薄皮がついています。初期の頃はまだ薄皮を消化しにくいため、調理する時は薄皮を取り除いてすりつぶした方がいいでしょう。

後期に入ると、薄皮をあまりに気しなくても食べられるようになってくるので、とうもろこしを刻むだけで大丈夫です。

またとうもろこしはアレルギーが出にくい食材だと言われています。ただし、小麦など穀物にアレルギーが出やすい赤ちゃんは注意が必要です。最初に与える時は一匙から与えるようにしてくださいね。

とうもろこしの離乳食の保存と冷凍は可能?

とうもろこしは冷凍保存が出来る食材になります。毎回少量ずつ薄皮の処理をするのは大変ですよね。一度にとうもろこし1本まるごと下ごしらえをして冷凍しておくと、楽に調理が出来ますよ。

冷凍保存する時は、とうもろこしを茹で、粗熱が取れたらおろし金ですりおろし、皮を取り除くために最後に裏ごしすると、とうもろこしペーストの出来上がりです。下ごしらえが出来たら、製氷皿などに入れて小分けに冷凍するといいでしょう。冷凍したものは1週間を目安に使い切ってください。

とうもろこしの離乳食の簡単レシピ

とうもろこしの離乳食の初期レシピ

とうもろこしのおかゆ

材料
  • 10倍がゆ大さじ2
  • とうもろこしペースト10g
作り方
  1. 10倍がゆ、とうもろこしペーストを耐熱容器に入れて、水を少量ふりかけ、電子レンジで1分加熱して混ぜ合わせたら完成です。

とうもろこしの豆腐和え

材料
  • 絹豆腐10g
  • とうもろこしペースト10g
  • 和風だし大さじ1
作り方
  1. とうもろこしペーストは水を少量ふりかけ、電子レンジで20秒ほど加熱しておきます。
  2. 鍋に和風だしと水大さじ2を入れ、火にかけます。出汁が出来たら絹豆腐を加えて煮ます。
  3. 2の水分を切り、裏ごしをしてから1と混ぜ合わせると完成です。
とうもろこしの離乳食の中期レシピ

とうもろこしとかぶの納豆和え

材料
  • とうもろこしペースト10g
  • かぶ10g
  • 納豆大さじ1
  • だし1/4カップ
作り方
  1. とうもろこしペーストは水少量を振りかけ、電子レンジで20秒ほど加熱しておきます。
  2. かぶは皮を剥いて柔らかく茹で、フォークで粗くつぶします。
  3. 納豆は茶こしなどに入れ、お湯をかけて洗い、しっかりと湯をきります
  4. 鍋にだしと1、2、3を加えて混ぜ合わせ、中火にかけます。
  5. 一煮立ちしたら完成です。
とうもろこしの離乳食の後期レシピ

とうもろこしとじゃがいものお焼き

材料
  • とうもろこし20g
  • じゃがいも40g
  • サラダ油小さじ1/4
  • 片栗粉小さじ1
作り方
  1. とうもろこしは茹でて、粗くみじん切りにしておきます。
  2. じゃがいもは皮を剥き、柔らかく茹でてつぶします。
  3. ボールに1と2を入れ、片栗粉を入れて混ぜ合わせ、円型に形を整えます。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、3を入れて両面こんがりと焼いたら完成です。

手づかみでも食べられるレシピです。

とうもろこしの離乳食を作るコツは?

初期~中期の間はとうもろこしの薄皮を取り除くのが少し面倒に感じるかもしれません。そんな時はベビーフードやコーンクリーム缶を利用すると、手間が省けて便利です。

ただし市販のコーンクリーム缶には塩分があらかじめ入っている製品も売られています。赤ちゃんには塩分が濃すぎるので、成分表示から食塩無添加の製品を選ぶように注意してくださいね。

季節の食材を一緒に楽しもう

赤ちゃんも色んな食材が離乳食で出てくると嬉しくなるものです。特にとうもろこしは自然な甘みがあり、赤ちゃんも好んで食べてくれることが多いようです。黄色がきれいなので、見た目にも美味しく食べられるのでオススメの食材です。

またコーンスープなどは塩分やコンソメを加えるだけで大人でも美味しく食べられるレシピになりますよ。離乳食でも季節の食材を取り入れて、様々なバリエーションの離乳食に挑戦してみてはいかがでしょうか。

  関連記事

日本に古くから親しまれている定番のおかゆ離乳食のレシピ

赤ちゃんが生後5~6か月に成長してきたら、いよいよ離乳食を始める時期がやってきま …

彩り豊かにきゅうりを添えるのもいいかも!きゅうりの離乳食レシピ

離乳食を作る上で、ママやパパが気になるのが、「何をあげて大丈夫で、何がまだ早いの …

栄養価も高い海苔!味付け海苔などは食べさせても大丈夫なの?海苔の離乳食レシピ

海苔はおにぎりや巻き寿司など、様々な和食に使われる海藻です。海苔は身体を作る上で …

安くて栄養価も高い!モロヘイヤの離乳食レシピ

7~8月の夏に旬を迎える「モロヘイヤ」。栄養価が高く、安くて嬉しい食材です。青菜 …

美肌効果も間違い無し!栄養価抜群の小松菜の離乳食レシピ

11月~3月ごろに旬を迎える、冬の野菜の代表「小松菜」。小松菜は緑黄色野菜の中で …

ビタミンやカリウムなどの栄養素もたっぷり!さつまいもの離乳食レシピ

程よい甘みのあるさつまいもは、赤ちゃんにも好まれやすい食べ物です。炭水化物が多い …

出世魚としても例えられる冬のお魚ブリ!アレルギーやヒスタミン食中毒の心配は?ブリの離乳食レシピ

冬が旬の魚「ぶり」は、赤身魚に分類されます。良質なタンパク質と脂質を豊富に含んで …

下ごしらえの方法やアレルギーの心配は大丈夫?オクラの離乳食レシピ

夏が旬のオクラは、身体によいとされているネバネバ食材の代表格です。食物繊維やカリ …

手軽に食べれてとっても便利!食パンの離乳食レシピ

出産後だいぶ授乳も慣れてきて少し気持ちにも余裕が出てきたと思っていたら離乳食が始 …

消化がよくないので調理と量に注意しながらめかぶを楽しもう!めかぶの離乳食レシピ

離乳食を日々作っているすべての方へ。毎日の離乳食作りは、想像以上にレシピを考える …