ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

どのくらいの量を食べさせたらいいの?カッテージチーズの離乳食レシピ

   

たんぱく資源の中でもカルシウムが豊富に含まれているチーズ。赤ちゃんが口にする離乳食では、チーズを与える際は低カロリーで脂肪分の少ないカッテージチーズがおすすめです。

離乳食開始後赤ちゃんの体はどんどん大きくなりますが、離乳食が進むにつれて母乳やミルクの量が減り、その分カルシウムを離乳食で摂っていく必要が出てきます。

牛乳やヨーグルトのように積極的なカルシウム摂取のために、カッテージチーズもぜひ離乳食に取り入れてみてください。

カッテージチーズの離乳食はいつから食べさせれば大丈夫?

一般的に乳製品は離乳食中期(7か月以降)から食べさせても大丈夫だと考えられているようです。カッテージチーズもその頃から少しずつ食べさせるのが望ましいでしょう。

中には離乳食初期(5か月、6か月頃)もごく少量なら良いとするレシピ本もあるようですが、月齢の低い赤ちゃんの胃腸はとても未熟です。

離乳食初期はまだまだ母乳やミルクから十分に栄養を摂取できるので、カッテージチーズを無理に与えなくてもよいでしょう。ちなみにカッテージチーズを与える際は特に加熱する必要はありません。そのまま与えて大丈夫です。

カッテージチーズの離乳食の保存と冷凍は可能?

カッテージチーズ自体は冷凍することは可能のようです。しかし、一度冷凍してしまうと解凍するときに成分が分離して味を損ねてしまう(酸味を失ってしまう)可能性があります。

そのため、カッテージチーズの冷凍保存はおすすめできません。スーパーで購入するときになるべく消費期限が先のものを選び、赤ちゃんの離乳食には消費期限内のものを使うのが理想的だと思われます。

もし、カッテージチーズそのものではなく、カッテージチーズを含んだ調理済みのおかずを冷凍したいということであれば、特に冷凍しても問題はないようです。

カッテージチーズの離乳食の簡単レシピ

カッテージチーズの離乳の初期レシピ

トマトとカッテージチーズのカプレーゼ風

作り方
  1. トマト10グラムは皮をむいて種を除き、トロトロになるまですりつぶす
  2. ほうれん草5グラムをゆでて裏ごしし、カッテージチーズごく少量と共に1の上にのせる

かぼちゃのチーズサラダ

作り方
  1. かぼちゃ10グラムをゆでて皮を除き、裏ごししてトロトロにする
  2. 1にカッテージチーズごく少量を加えて混ぜる

チーズ入りポテトサラダ

作り方
  1. じゃがいも5グラムとにんじん5グラムは皮をむいてゆで、なめらかになるまですりつぶす
  2. カッテージチーズごく少量を加えて混ぜる

離乳食初期にカッテージチーズを使う場合は風味付け程度に量を調節しましょう。たんぱく資源なので多すぎると赤ちゃんの体に負担をかけることになります。

カッテージチーズの離乳食の中期レシピ

ミモザサラダ

作り方
  1. じゃがいもとにんじんは皮をのぞいてやわらかくなるまでゆで、みじん切りにする
  2. かたゆで卵の卵黄半分をつぶして、カッテージチーズ5グラムと共に1に加えて混ぜる

チーズ入りフルーツサラダ

作り方
  1. いちごやキウイ、バナナなど合わせて15グラムをみじん切りにする
  2. カッテージチーズ小さじ1を1に加えて混ぜる。

卵サラダ

作り方

かたゆで卵半分にカッテージチーズ小さじ2を混ぜてあえる

ツナとトマトのチーズあえ

作り方
  1. ツナ10グラムを細かくほぐし、トマト20グラムは皮をむいて種を除きみじん切りにする
  2. カッテージチーズ小さじ1を加えてあえる
カッテージチーズの離乳食の後期レシピ

野菜やたんぱく質の量は赤ちゃんの様子を見て調整してください

キャベツとニンジンのチーズサラダ

作り方
  1. キャベツとニンジンを軟らかくゆで、千切りにする
  2. カッテージチーズを1にのせる

サーモンのチーズのせ

作り方
  1. サーモンをごく少量の油で焼き、その上にカッテージチーズをのせる
  2. あればつけあわせとしてやわらかくゆでたブロッコリーを添える

鶏ささみのチーズのせ

作り方
  1. 鶏ささみをしっかりとゆでる
  2. 1の上にカッテージチーズをのせる
  3. 食べやすく切ったトマトを添える

カッテージチーズの離乳食を作るコツは?

カッテージチーズはプロセスチーズや粉チーズと違って、フライパンやオーブンで焼いたりする調理にはあまり向かないと思われるので、調味料代わりに使って離乳食に取り入れてみるのが良いかと思います。

野菜に混ぜてサラダのトッピングにしてみたり、他のたんぱく資のおかずの上に少し載せてみるのが一番楽な調理方法です。

栄養たっぷりのチーズを使ってバリエーションを増やそう

脂肪分は少ないけれど、カルシウムは豊富。乳製品の中でもカッテージチーズは赤ちゃんにとっては最良の食材と言えます。焼き魚やゆでた野菜、カットしただけのフルーツに少し加えるだけでそのおかずをぐんとおいしくし、良質のたんぱく質やカルシウムを摂取することができます。

赤ちゃんの体のためにも、他の乳製品と共に積極的に離乳食に取り入れていきましょう。ただし、カッテージチーズだけでなく他の乳製品・たんぱく資源も同じですが、摂りすぎは厳禁です。赤ちゃんのお腹の調子や月齢を考慮し、適切な量を守って与えましょう。

  関連記事

魚アレルギーの怖い症状!白身?赤身?魚卵は?離乳食も注意

私たち日本人にとって、とても身近な食材である「魚」。魚は健康的にとても良い食材で …

卵とじやおやきなど、様々なバリエーションで楽しめるわかめの離乳食レシピ

お味噌汁や酢の物など、普段から和食を中心に活躍してくれる「ワカメ」。海藻類の中で …

自然の甘みで美味しいデザートを作ろう!スイカの離乳食レシピ

季節が暑くなってくると、つい食べたくなる夏の果物、「スイカ」。甘くてシャリシャリ …

栄養がバランス良く含まれている牛肉デビューをするために牛肉の離乳食レシピ

牛肉には筋肉や皮膚、血液など身体を作るうえで欠かすことのできない必須アミノ酸を含 …

小さいけど栄養たっぷり!彩りも綺麗なミニトマトの離乳食レシピ

ミニトマトにはリコピンと言う栄養素が含まれています。リコピンは抗酸化作用といって …

下ごしらえの方法やアレルギーの心配は大丈夫?オクラの離乳食レシピ

夏が旬のオクラは、身体によいとされているネバネバ食材の代表格です。食物繊維やカリ …

食材からしか摂取できない必須アミノ酸を多く含んだ白身魚の離乳食レシピ

離乳食はいつごろからどんな食材を食べさせたらいいのか判断が難しいですよね。今回は …

甘いお砂糖!離乳食には使用できる?砂糖を使った離乳食レシピ

砂糖はプリンや餡子などのお菓子から煮物やすき焼きなどの料理まで、幅広く使われる調 …

身体の免疫機能を保つ効果のあるチンゲン菜の離乳食レシピ

赤ちゃんが産まれて、母乳やミルクなどの次のステップとして、離乳食があげられます。 …

暖かくなる季節に向けてお弁当メニューで食中毒の心配は大丈夫?食中毒対策に最適なお弁当レシピは?

暖くなってくると心配になるのが、食中毒です。特にお弁当は湿気が溜まりやすく雑菌に …